リベンジ:Game 64 vs ティンバーウルブズ【NBA_Pacers】

2013年03月14日 12:46

シーズン当初、ウルブズとの試合で試合終盤に同点に追いついたにも関わらず、
グリーンがバディンジャーを見逃してドフリーでレイアップを許して敗戦という
非常に情けない負け戦をしてしまったペイサーズ。

今日はそのリベンジをするべく、ミネソタの狼をホームに迎えました。
彼らは怪我人続出で、スティームズマがスターターという不本意な
布陣を組まなくてはならない状態ですが、INDとしては負けられない一戦でした。

ちなみに、ロイ57試合、バディンジャー56試合、ラブ44試合、ルビオ25試合
キリレンコ17試合、ペコビッチ14試合の欠場です。ほぼスターターですね。,,


前回のMIA戦に負けた後、ビデオミーティングを2時間行い、
ポールからは、現状を見直す良い敗戦となったというコメントがあったようですが、
気合いを入れ直したのか、タイラーが坊主頭に戻っていました。
やはりこちらの方が好きです。ランスもモヒカンに磨きがかかってきました。

さて、試合の方ですが、ヒバートがジャンプボールに勝ち、
最初のレイアップを決めると、ポールの3PT、ヒルの3PTとジャンパーで
10-0のランを成功させます。ポールが早々に2ファールとなりますが、
自らこのまま出るという意思表示をし、ルビオのマッチアップをやめました。

MINのシュートも決まりだし、8-12まで詰められると、
ウエストが決め、ポールの3PT、ディフェンスの成功から
ウエストのレイアップで8-19とします。

ヒバートのミドル即打ちという悪い選択も、ウエストがプットバックを決めて
尻をぬぐってあげます。序盤はシュートが好調でしたが、外しても
こういうプレイが出ていればリードを保つことができますね。
ランスもミドルを決めて、残り5分半の時点でスターターが全員得点。
シュベドのレイアップをヒバートがブロックするなど、素晴らしいスタートを
着ることができました。

しかし、ウエストも2ファールとなり、4分半で早くもタイラーが出てきます。
同じタイミングでポールとサムやんも交代しました。
MINも7/13と好調でしたが、INDは11/14と出来すぎでした。
そして時折見せるルビオのパスセンス。決める選手さえいればやはり
MINも強いチームだと思います。怪我人さえいなければ。

ヒバートがゴール下で力強いダンクを見せ、サムやんもゴール下から
レイアップを決めますが、その後、ミスが続き、25-29まで
詰められると、ヒバートがスティームズマからファールを引き出し、
FTを1本決めて、更にスティールからヒルの3PTミスを拾ったヒバートが
ダンクを決め、25-32。苦手ペコちゃんがいなければ好き放題できるようです。

しかし、タイラーもファールがかさみ、第1QでのFTの数が、
MIN:9/10に対し、IND:2/4と差が付いていました。
第1Qはサムやんの伝統芸能のポンプフェイクから外したリバウンドを
タイラーが押し込んで28-35で終了。
[リベンジ:Game 64 vs ティンバーウルブズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New