Game 69 vs バックス【NBA_Pacers】

2013年03月23日 17:03

今日はホームでミルウォーキー・バックスと対戦。

ウエストが来週のATL戦まで欠場しそうということでちょっと心配ですが、
今日も替わりにスターターに入ったタイラー・ハンズブローが
大活躍をしてくれました。

第1Q、出だしはは少しもたつきましたが、タイラーが9得点
ポールが7得点とチームを引っ張り23-23で終えました。

第2Qも主導権の奪い合いがありましたが、最後に
ポールのスティールからファストブレイクでタイラーの
ダンクが決まって43-45と2点リードして前半を終えました。

第3Q、ヒバートが立て続けに決め、リードを広げると、
7分54秒になぜかサンダースが2個のテクニカルで退場となり、
一気に流れがこっちにきました。

ファールを受けたヒバートと、テクニカル2個分のFTをポールが
しっかりと決め、4点取って47-57とすると、両者ミスが続いたあと、
ランスのポールへのロングパスが決まってダンク。
MILはシュートが決まらず、54-73と大差がついてこのQが終わりました。

特に問題もなく終わるはずでしたが、事件は起こりました。
このシリーズ、毎回何かしらの揉め事が起こりますが、
元INDのマイク・ダンリービーがグリーンのダンクを阻止するために
顔に思いっきり腕を振り落としてフレグラント2で即退場。

こんなに陰険な野郎だとは思いませんでしたよ。
最低ですね。このダンリービーって奴は。
今日もボールを持つとブーイングが飛んできましたが、
これでもう今後ずっとブーイングを貰うでしょう。

その後はINDのベンチプレイヤーも心地よくプレイを続け、
プラムリー以外の全員が得点し、ブローアウトとなりました。

今日はジェニングスがFG1/15と大ブレーキ。
ORL時代によくやられたれディックも1/11と決まらず、
モンテの22ptsだけでは試合になりませんでした。
サンダースがいた時間は結構競っていたので、彼の
不在が響いたとも言えます。映像で見る限り、退場になるような
そぶりは見えなかったのですが、何かしたのでしょうかね。

序盤はダレンベア、ユドー、サンダースとMILのインサイド陣も
機能していただけに、大きな誤算だったことでしょう。

一方INDはヒルのシュートは決まりませんでしたが、他は
それぞれ好調で特にタイラーのダブルダブル、ヒバートの
7ブロック、安定のポールと、ベンチ3人の10ptsという
バランスの良さが出ました。

特にタイラーはスターター起用となってから絶好調ですね。
この組み合わせが合っているのかもしれません。
明日のCHI戦でウエストが欠場なのは痛いですが、
プレイオフに向けてタイラーのステップアップの場となれば
不幸中の幸いとなりそうです。

もちろん、プレイオフには健康な全員が揃わないと意味がありませんが。

そして、今日は何かのイベントだったのでしょうかね。
何故か満員という発表です。確かにINDのプレイに沸き、
MILのプレイにはブーイングが良く聞こえましたが、
ヒルのお願いが効いたのでしょうか(笑)

MIL 78 - 102 IND 18165
[Game 69 vs バックス【NBA_Pacers】]の続きを読む


New