矛盾対決:Game 72 @ ロケッツ【NBA_Pacers】

2013年03月28日 12:41

今シーズンリーグ1の攻撃力(106.4pts)を持つヒューストン・ロケッツと
リーグ1の守備力(89.6pts)のペイサーズとの対戦。
ホームに強いHOUとロードに弱いINDという対決でもありました。

この試合から、ヒルとランスが復帰し、明日のDAL戦には
ダニーとウエストも復帰するのではという噂があります。

第1Q、10-2のランが成功し、オフェンスで勢いにのると、
ディフェンスもなかなか素晴らしく、一時25-9と圧倒します。
特に残り5分前後の3連続スティールをすべて得点に繋げたのは
良かったですね。

第1Qを35-19としましたが、HOUは外していたシュートを
決めはじめ、ベンチタイムで少し点を縮められますが
オーランドのback-to-back 3pointで48-29。

しかし、ビバリーの3PTから9-0のランを食らい、50-42と
一桁リードに変わってしまいました。最後はランスのカウントが
決まり、58-49で前半終了。

第3Q、最初はリードをキープしますが、2連続TOから失点が続き
68-64となります。早くも崩れるかと思いましたが、ランスが3PTを決め、
その後もジャンパー、そしてタイラーのレイアップで75-65と
落ち着くことができました。

ポールの3PTにはハーデンの3PTをお返しされましたが、
残り1分半にヒバートが21点目となるフックを決めて82-71。

第4Q、5点を取られ、また6点差になりますが、オーガスティンの
ドライブからペンディのダンクで84-76。両者ミスが続いた後、
髭の3ポイントプレイが決まり、84-79とまた攻められますが、
HOUはここからミスが続き、タイラーとヒバートがFTを2本ずつ
しっかり決め、6分14秒にヒバートのフックが決まって90-79。

大量リードにはならないものの、しっかりとリードを保つことが出来ました。

4分半にはヒバートの連続ブロックから、ファストブレイクでランスの
レイアップ。ハーデンやリンが3PTを決めて来ますが、ポールも3PTを決め、
寄せ付けず。終盤はじっくりと時間を使い、危なげない勝利を収めました。

危なげない、ことは無かったですね。最大19点リードを
危うく食いつぶす所でした。しかし、ヒバートが絶好調だったのに加え、
リンとハーデンの機動力を活かしたオフェンスには苦労しましたが、
全体的によくディフェンスが出来ていたと思います。

ディフェンスチームのINDが100点を取り、オフェンスチームのHOUを
91点、FG39%に抑えたのは素晴らしいです。ウエスト抜きですからね。

ただ、プレイタイムが伸びてしまったので、連戦となる明日のDAL戦は
ちょっと厳しいかもしれません。シーズン当初はもたついたDALですが、
最近は持ち直してきて、プレイオフの可能性もあるとのことです。

ウエスト対ノビツキーのPF対決も楽しみですが、
やはりインサイドで主導権を握りたいですね。
ポールは今日4/17でしたが、ヒバートの11/17に助けられました。

IND 100 - 91 HOU 18134

HOU
 リンよりもビバリーの方が嫌らしいプレイをしてきた
 4番と41番のリバウンドが強い
 序盤のオフェンス不調の中、パーソンズはしっかりと点を取ってきた
[矛盾対決:Game 72 @ ロケッツ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New