双子と兄弟:Game 74 vs サンズ【NBA_Pacers】

2013年03月31日 16:41

今日もロードでフェニックス・サンズと対戦。
両チームの共通点といえば、
マーキーフ&マーカス・モリスの双子と
タイラー&ベン・ハンズブローの兄弟が所属しているということですね。

出だし、PHXのシュートが好調でしたが、ペイサーズは
序盤の連続ミス以降決め始め、しがみついていくと、
残り5分半、ヒバートのレイアップで16-15と逆転に成功。
そのまま23-15までリードを広げ、最後は少し詰められましたが、
27-21で終了。

第2Q、第1Q同様FTミスが目立ちますが、リバウンドが
面白い様に転がり込んできます。しかし、決めきれないせいもあって
残り6分を切った所でダドリーに3PTを決められ38-33となります。

しかし、7連続ポイントのランスが今度はドライブからマヒンミへの
パスでダンクを演出。良い形でオフェンスに貢献しました。
その後44-41とまた詰められましたが、ランス、ヒバートが決め、
ヒルが3PT、そして最後にはブザービーターのフローターを決めて
57-49で前半を終えました。

このまま突き放したい所ですが、PHXも粘り、1点差にまで詰められますが、
辛うじて逃げます。ヒルの連続FTやウエストのレイアップ、
そして3分半にはポールの3PTが決まり78-69。その後最大11点差を付けます。

第4Qに入ると元INDのジャーメイン・オニールが活躍し始めます。
レイアップにFT、フックで6連続得点をすると、ドラギッチが
3PTを決めて88-85とされます。

ここからポールのジャンパーとスティールからの3PTで93-85としますが、
残り5分には再びドラギッチの3PTで97-94と3点差にされます。

このQのドラギッチとJOには好き勝手やられてしまいましたね。
ウエスト対マーキーフ・モリスもウエストの負けでした。

3分28秒、ポールが3ポイントでのファールを受け、これを3本決めて
102-98としますが、JOがインサイドでカウントを決め再び1点差。

ヒルがポストからフックを打ちますがミス。しかしウエストが
リバウンドを取り、同時にファールを貰います。このFTを
2本決めて104-101とすると、ダドリーがミスしたものの、
ウエストがポストでボールを失い、PHXボール。

JOがレイアップに来ましたが、ヒバートがこれをブロック。
更にシュートミスがあり、INDはファストブレイクでポールが
ファールを貰って2本のFTを決めて106-101。

両者ミスした後、ドラギッチにファストブレイクで走られましたが、
ランスがこれをスティール。ファールを貰い、FT1/2で107-101とし、
時間を使ったあと、ウエストがミドルを決めてとどめをさしました。

ウェス・ジョンソンが3PTを決め5点差になりましたが、
ドラギッチもファールアウトとなり、反撃もそこまででした。

なかなか突き放せずに、最後まで接戦となりましたが、
ロード4連戦を3連勝とは素晴らしいですね。

相変わらずタッカーのディフェンスは素晴らしく、序盤は
全体的にディフェンスに苦しめられましたが、第1Qはヒバートが、
第2Qはランスがチームを引っ張り上げてくれました。

良く攻め込んだのでFT数が46-19と大差がついています。
34本しか決められなかったので、ミスがもったいなかったですが、
試合を落とさずに済んでよかったです。

IND 112 - 104 PHX 17090
[双子と兄弟:Game 74 vs サンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

ダニー・グレンジャーが膝の手術の為シーズンエンド【NBA_Pacers】

2013年03月31日 03:56

今更ですが、DAL戦の前に発表されたダニー欠場のニュースです。
次の試合までには書こうと思っていましたが、遅れた理由は
ショックだったから、とかではないです。

まずは負傷の経緯を。

5月:プレイオフで左膝を負傷
9月:血小板治療(?)を開始
10月30日:無期限の欠場を発表
11月6日:左膝蓋腱治療の為の注射
2月23日:アウェイのDET戦で復帰(55試合に欠場)
3月3日:CHI戦の前半に8分出場。後半戻らず。
3月6日:MRI検査後、新たな負傷はないものの2週間の欠場を発表
3月28日:手術のため、シーズン終了

まず、手術どうこうよりも、「明日復帰するかも」と言われていた選手が
いきなり手術で欠場します、という経緯の方が不安です。
練習も詰んで来て、最終段階で「やっぱり手術します」っていうのは
どうも納得しにくいというか。
チームとダニー、医師の意思疎通がしっかりできていたのかが心配です。

で、今シーズン考えられたベストケースですが、
本来の調子のダニーが復帰してプレイオフに臨む形であったと思いますが、
ワーストケースについては2通りあったと思います。

1.ダニーが今シーズン戻ってこない。
 結果的にこれになりましたが、もう一つは、
2.戻ったけど本調子ではなく、逆にチームの良さが崩れる。

幸いにも、ダニーはシーズン当初から欠場していて、その状態で
今の順位まで上がる事に成功しました。健康な状態で戻るのであれば別ですが、
前回復帰時の様に中途半端で、周りが少し気を使ってしまうようなプレイでは
無理してプレイオフで出てくる必要はないと思いましたし、
層の薄さは気になりますが、流れを変えてしまう結果にならなかったのは
少なくとも悪い事ではなかったかと思います。

来年、どのようなロスターでシーズンが開幕するかは分かりません。
今のロスター+健康なダニーであれば、今年が勝負の年であったかもしれません。
来年以降はMIAに加え、ローズを加えた本調子のCHIや、NYK、BKNその他を
相手にしないといけない訳ですからね。

これまで、INDはダニーが戻ってくるものとして戦ってきましたが、
それがなくなったと分かって、プレイヤーのモチベーションが心配でしたが、
勢いづいてきたDAL相手にポールを中心として見事に快勝しました。
この1試合が全てではありませんが、もうやるしかないですからね。

ウエストの怪我をタイラーが埋めた様に、全員でダニーの欠場を
カバーしなくてはいけません。
2巡目指名のオーランドに取ってはこれ以上ないチャンスでしょう。
ポールもそうですが、彼もまたダニーが欠場していなければ、
今の彼は無かったでしょうしね。

若手にチャンスを与えられると前向きに考えるしかありません。

ヒルも「欠場判明のタイミングが今で良かった」と言っています。
まだプレイオフまで時間がある為、ダニーがいない場合の準備が
できるという事ですね。
戦力として計算していて、それが直前でなくなるよりも
確かに良かったです。
[ダニー・グレンジャーが膝の手術の為シーズンエンド【NBA_Pacers】]の続きを読む


New