Game 78 vs キャバリアーズ【NBA_Pacers】

2013年04月10日 15:15

OKC、WASと酷い形で2連敗して、今日はホームで
クリーブランド・キャバリアーズと対戦。
ラリー・バードが勇退後初の観戦、コートサイドには
トレイシー・マグレディの姿がありました。

CLEはダニエル・ギブソン、C.J.マイルズ、ディオン・ウェイターズ、
ルーク・ウォルトンが欠場でした。

出だしは4-0とやられましたが、ヒバートとウエストが
点を重ね、開始6分で8-20とようやく吹っ切れたかのように見えました。

しかし、そこからペイサーズは3連続ミスなのに対し、CLEは
ゼラー、トンプソン、アービングと点を重ね、17-20とされます。
ぽーるの ジャンパーとヒルのスティールからのダンクで17-24と
しますが、結局26-29で第1Qが終了。

最後、ボールの奪い合いからヒルがファールを貰いながら3PTを
決めたのですが、その前にショットクロックという事で取り消されました。

第2Q、第3Q共にリズムが掴めないまま、特に3PTが全く入らず、
第3Q終了時のFG%は54%と35%と大きく突き放され84-64で
敗戦ムードが漂いました。

せっかくFTを貰っても2本決める事はほぼ無く、1/12(8.3%)の3PTに
頼るわけにもいかず、プレイオフ前にあまり良くない試合が続く事を
心配しました。今日はアドバンテージを取りたいリバウンドでも
イーブンで、そこから点を許すことも多かったです。

更に第3Q残り2分にボーゲルが2つのテクニカルを貰って退場。
ブライアン・ショウが指揮を執ることになりました。

ヒバート、マヒンミ共にアービングのピック&ロールに対応できず、
マヒンミはFTを貰っても0/4と奮いませんでした。

そこでショウはマヒンミに替えてペンディをコートに送り出します。
7分41秒にオーガスティンが3PTを決めて、88-73と15点差。
タイラーのFT1本とポールの3PTで88-77とすると、CLEがタイムアウト。
諦めかけた試合で、チャンスが見え始めた為、ランスとウエストを戻します。

ランスとヒルがレイアップを決め、CLEは無得点が続く中、
残り4分50秒にはゼラーがファールアウト。ランスが2本のFTを決めて
88-83と5点差。

アービングのシュートが外れ、ヒルがレイアップを決めて遂に3点差へ、
しかし、ここでアービングにタフなシュートを決められます。

INDはポールがFTを貰いますが、ここでも1/2と決めきれず。
残り3分41秒からお互いにスティールとブロック合戦で点が取れず、
特にINDは3回のオフェンス失敗の間、2つのTOと焦りが見えました。

この間、CLEが付き合ってくれて助かりました。
すると、1分49秒、ヒルの3PTに対し、リビングストンがファール。
1点差にするチャンスを得ますが、FTは2/3。先ほどのポールのミスと
合わせれば、ここで同点になっているはずでした。

そして、アービングにシュートを決められて残り1分半で92-88。

タイムアウト明け、ポールがミスマッチを突いてポストプレイで
レイアップを決めて92-90。残り1分となり、ゆっくり攻めるCLE。

=今日見所はここからでした。要チェック!=
スターターを戻したものの、センターにはジェフ・ペンダーグラフが
そのまま出場。ヒバートはベンチで応援団となっていました。(後述)

アービングへの厳しいディフェンスでパスをさせると、
それを狙っていたランスがスティール。ヒルへの上手いパスで
レイアップアンドカウント。今度はFTも決めて92-93と逆転に成功。

しかし、会場の熱にも押されないアービングがファールを貰って
FT2本をしっかりきめて94-93と再逆転。ここは3ポイントプレイに
ならなくて本当にラッキーでした。

残り37秒、タイムアウト明け、INDはあまり時間をかけずに
ポールをフリーにして3ポイントを打たせました。
するとこれが見事に決まり、再々逆転で94-96。

CLEはタイムアウトを取らずに攻めます。もちろんアービングが持ち、
ドライブに来ましたが、そこに立ちはだかるペンディ。なんと、
この大一番でテイクチャージを成功させてしまうのでした。

実際にはギリギリのジャッジで、ビデオ判定となりましたが、
無事にアービングのオフェンスファールとなり残り13秒でINDボール。

すぐにファールをさせずにランスが運んでゴール下のペンディに
渡した所でファール。最善の人選ではありませんでしたが、
これを1/2で決めて94-97。最低限の仕事はしました。
彼に2本決めろというのは酷でしょう。最低限とは言え、十分過ぎる
内容でした。

CLEのラストプレイはアービングに渡すこと無く、エリントンが
3PT早撃ちでミス。リバウンドを取ったポールにファールし、
FTとなりますが、最後は2本決めて逃げ切りに成功。

酷いプレイも多々ありましたが、最後の数分は最高のプレイで大逆転。
第4Q突入時の20点差跳ね返しは中々見応えがありました。
これでいろんなものを吹き飛ばせるといいですね。

CLE 94 - 99 IND 15279
[Game 78 vs キャバリアーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New