今シーズンの感想【NBA】

2013年04月16日 14:50

まだ終わっていませんが、シーズンが終わればプレイオフに向けて
いろいろと慌ただしくなるかもしれないので、適当な感想を少しずつ。
他チームの事情を調べている訳ではないのでかなり雑です。

MIA 65-16
 優勝して落ち着いた感のあるレブロンとその仲間達。
 好き嫌いは別として、認めざるを得ないその圧倒的強さ。
 インサイドが弱点とは言え、3ポイントシューターが強化され、
 どうにも手が終えなくなる事が増えた感じ。

NYK 53-28
 フェルトンが息を吹き返し、JRの爆発力、タイチャンの
 攻守に渡る安定感、そしてメロ。高齢化と怪我という問題が
 ありつつも2位。INDの第2の壁となる予定。

IND 49-31
 最近の落ち込みっぷりに不安が隠せないものの、
 昨年の3位はまぐれじゃなかったという事を証明。
 エース抜きでここまでやれたのは褒めるべきだが、
 この先どこまで行けるか。

BKN 48-33
 リーグ2位の総サラリーでようやく勝てるチームになりはじめたBKN。
 ロペスのMAX契約は正解だったと言えそう。
 が、ジェラルド・ウォレスが不満分子になりつつあるとか。
 基本的に高給取りで大型契約が多いのでこの先どうなるかは
 トレードなどの腕次第かもしれない。
 とは言え、デロンとロペスの核が残ればそれなりに
 強豪として君臨し続ける可能性あり。

ATL 44-36
 強いけどプレイオフで上までいけない、を続け早数年。
 ある意味チーム作りの悪いお手本だったと思うけど、一つの
 大型契約を放出し、一つは今季で終了。
 ホーフォード中心の再建が予想される。

CHI 44-37
 大黒柱抜きで終盤までINDとディビジョン争いを演じた仲。
 抜けた穴の大きさから言えばINDよりもCHIの方が
 チーム力で戦ったと言える。MIA、NYKの連勝を破ったのもココ。
 ただ、MIAの連勝が止まり、その後主力が早くも休みはじめた
 事を考えると、あそこは負けて欲しかったというのが本音。

BOS 41-39
 元BIG3を遺恨の残る形で解散+ロンドの怪我という
 不運に遭いながらもしっかりとプレイオフに進出。
 そこらへんはさすがKGとピアースといった所か。
 また、最近NBAにはグリーンという名前の選手が
 数人ブレイクしつつあるが、その一人を抱えるチームでもある。
 ちなみにインディアナのグリーンはブレイクに失敗。

MIL 37-44
 コンビ解消がほぼ決まっているモンテ&ジェニングスという
 二人が中心のチーム。プレイオフに出るものの、同じチームで
 戦う訳ではなさそうなので正直どうなの?という印象。
 MDJ、レディックという2大大砲があるものの、こちらも
 契約最終年。ただ、希望の星、荒くれ者ラリー・サンダースが
 今シーズン目覚めたのもあり、楽しみなチームではある。
 が、毎回乱闘毎を起こしてくれるこのチームは嫌いです(笑)

PHI 33-48
 ここからはプレイオフ圏外。
 例のビッグトレードの最大の被害者となったフィリー。
 イギーもいなくなり、来るはずだったプロボウラーは
 髪型で話題を集めるだけ。出る出る詐欺のままシーズン終了。
 更にHCが辞任とチーム崩壊。
 ホリデーという将来のスターを抱えながらも先行き不安。

TOR 32-48
 INDが苦手とするチーム。ルディ・ゲイの加入により、さらに相性が
 悪くなった。エースの「このチームは最悪だ」発言もあり、
 テコ入れが必要と思われる。このチームも怪我が多かった印象。
 アミール・ジョンソンのラプターズヘアーが印象的。

DET 29-52
 MIA、NYK、IND、そして元NJNのBKNが強くなって来た事を考えると
 歴史が繰り返されるならば次はDETの番。あ、PHIが飛んだけど。。。
 まさかのプリンス放出には驚かされたものの、モンロー、
 ナイト、ドラモンドと楽しみな若手が揃っている。
 個人的にはジェレブコはもっとやれると信じているが、
 なんかタイラー的なものを感じる。

WAS 29-52
 怪我怪我怪我。
 元INDのプライスが居場所を見つけたのは嬉しい。
 ここの所、ウォール無双が止まらず、INDもその餌食となった。
 健康であればプレイオフチームになれる可能性大だと思う。
 実際に勝ち上がるには更なる経験が必要と思われるが、
 そこはドラ1のウォール。カイリーには負けてられないので
 どちらが先にプレイオフに行くかという対決も楽しみにしている。

CLE 24-57
 モップ神が無念の途中リタイア、そしてアービングの度重なる怪我で
 参考記録化してしまった今シーズン。ウェイターズやトンプソンといった
 脇も固まりつつあり、若さを活かした爆発チームとなれるか。

CHA 20-61
 昨シーズンから続く連敗記録を開幕のIND戦で終了させ
 一時は強さをみせたが、終わってみれば定(低)位置へ。
 タイラーの天敵、ジェラルド・ヘンダーソンが今後も
 チームに居座るかは気になるところ。

ORL 20-61
 シャック、ドワイトとエースが定着しない歴史再び。
 しかし、ブーチェビッチが想像以上の逸材だった奇跡。
 いろいろと整理が進めば良いチームにはなりそう。
---
[今シーズンの感想【NBA】]の続きを読む

明日のセルティックス戦が中止【NBA_Pacers】

2013年04月16日 10:24

ボストンマラソン中に爆破事件というショッキングな事件が起こり、
テロ認定されたそうですが、ペイサーズ一行は現在明日のBOS戦に備えて
既にボストン入りしていたそうです。

ゴール地点から6ブロック離れた所で練習をする予定だったそうですが
もちろんそれはキャンセル。
そして、NBAは明日のIND@BOSの試合を中止することを発表しました。
シーズン終盤ということもあり、再試合はなさそう、とのことです。
INDはチャーターの時間を変更し、現地火曜日の午後一で
インディアナに帰るそうです。
今すぐにでも帰ってもらいたいですが・・・

Indiana at Boston Game Canceled

どんな危険が潜んでいるか分かりませんし、TDガーデンには
たくさんのお客さんも入るため、こんな状況で開催する訳にはいきませんね。

これ以上の被害者が出ないことを願います。
---
[明日のセルティックス戦が中止【NBA_Pacers】]の続きを読む


New