1st Round Game 2 vs ホークス【NBA_Pacers】

2013年04月25日 14:36

アトランタ・ホークスとの2戦目。
MIPを受賞したポール・ジョージが膝を手術したダニー・グレンジャーから
トロフィーを渡される式があったようです。
ダニーの姿は痛々しいですが、彼がここにいるという事が重要です。

さて、開始は前の試合と同じ感じでした。5-0のランを受けてから
ヒバートのFTとポールのブロックからのファストブレイクで
アンド1のレイアップが決まり、5-5の同点。ティーグに
レイアップを決められますが、ヒルの3PTで7-8とこの試合
初のリード、という所まで同じ展開でした。

今日はATLが主導権を握りはじめ、ペイサーズは追う形と
なりましたが、離されることなくついていけました。
しかし、ウエストがファールトラブルでタイラーと交代。
ATLもジョシュ・スミスが2ファールで下がっていたので
おあいことなりました。

一進一退の攻防が続き、ランスがレイアップに行ったところ、
相手のテイクチャージに遭い、腰から落下。チームメイトに
支えられながらコート外へ。代わりにグリーンが入りました。

ヒルとヒバートのピック&ロールから豪快なダンクが決まり、
ファールも貰います。FTも決めて11-2のランで17-23とします。
そして最後、ATLのミスから残り0.7秒でポールがファールを貰い、
FTラインへ。これは1/2しか決められませんでしたが、ハリスが
テクニカルを獲られ、結局2点追加します。
更にインバウンドされたボールをハリスがそのまま見過ごして
またINDボールへ。ヒバートがサイドから3PTを決めましたが、
これは惜しくも時間切れ。19-25で第1Q終了。

第2Q、ペンディがオフェンスリバウンドからレイアップで19-27。
スティール→ファストブレイクミス→スティールとディフェンスを
固めますが、得点にはならず。ここら辺がセカンドユニットの課題ですね。

2点を追加されたあと、ファールトラブル気味のスミスを相手に
ポールがフェイクを上手く使って2点。うまくなりましたね。
オフェンスは徐々に好調になりましたが、ディフェンスの戻りが遅く、
ハリスに2連続3PTを決められると、グリーンがお返しの3PTで27-34。
ディフェンスは良くありませんでしたが、ポールも3PTを決め、
オフェンス合戦となります。

ペンディの2本目のプットバック、スミスのミドルの後、
グリーンが2発目の3PTを沈め、34-43。しかしウエストが
3つ目のファールを取られてしまいます。ヒバート、ペンディの
フロントコートとなりました。
グリーンが3PTだけでなく、豪快なダンクも決めますが、
ディフェンスだけは改善されず、セカンドチャンスを与えて
ホーフォードにプットバックダンクを決められ、更にセカンドチャンスで
今度はコーヴァーに3PTを決められてしまします。
40-45とリードが減りましたが、ヒバートのフックは健在。
こちらのオフェンスが止まらなかったのが救いでした。

INDは2連続TOとなりますが、ATLもミスが続き、
タイラーがインサイドで粘って得点。リードを5点より
詰められずに済みました。
スミスも3ファールで下がりました。
オーガスティンの2連続3PTがあり、11点リードになりますが、
50-59で前半終了となりました。
ゲーム1も50-58だったので本当に似た展開でしたが、
今日はINDのベンチ陣が活躍を見せていたので内容は
少し違いました。

第3Q、ヒルの3PTで50-62。
さらにスミスが4つ目のファールとなります。
ウエストも本調子ではありませんでしたが、ここの
マッチアップが両方とも同じ様な感じで助かりました。

ヒルtoポールのアリウープが決まりますが、コーヴァーが3PTを
決めて57-65。なかなか突き放せません。すると、
ウエストがリバースレイアップを決めてアンド1。さらに
アイバン・ジョンソンにテクニカルが吹かれ、57-68とします。

後半、怪我の影響がなかったのか、ランスも出てきてミドルを決めます。
14点差にしますが、またしてもコーヴァーの3PT。その後2連続で
外しましたが、良い形で打たれてしまっていました。

タイムアウト明け、ウエストからポールへのパスが通り、簡単にダンクを
決めますが、ATLのスティーブンソンに3PTを決められ、63-73。
INDは中々点を決められず、ホーフォードのレイアップで8点差へ。

ディフェンスに苦しめられ、ペンディが時間ギリギリで打ったミドルが決まり、
更にスティールから危ういながらもポールのレイアップが決まって65-77。
流れを取り戻しました。ポールがフェイダウェイを決めると、
ホーフォード対ペンディとなりますが、ここをしっかりと抑えて
ウエストがファールを貰います。

と、ここでプレイオフでトリプルダブルを達成したプレイヤーが
若い順に紹介され、マジックが20歳、レブロンが21歳、
ウエストブルックとドレクスラーに並んでポールが22歳という
ことでした。現役が3人というのも凄いですね。

ポールのシュートミスをペンディがプットバックダンクで68-83。
今日のペンディは素晴らしいです。更にグリーンが3PTを沈め、
1戦との違いを見せ始めます。

そして残り1.2秒からのインバウンドプレイ。ウエストがロングパスを出し、
グリーンが受取りすぐさまダンク。シーズン中に何度も失敗してきた
ロングパスがここで成功しました。グリーンの走るコースとダンクに
無駄に動きが無かったのも素晴らしかったです。

76-88で始まった第4Q、2点を決められますが、
このQもヒルの3PTで開始。しかもティーグのファール付。
いきなり4点プレイで78-92としました。
[1st Round Game 2 vs ホークス【NBA_Pacers】]の続きを読む


New