1st Round Game 4 @ ホークス【NBA_Pacers】

2013年04月30日 11:41

大敗を引き摺らずにゲームに入ることができるかが心配だったゲーム4。

出だしはヒバートが力強く、同点からの7-0のランで
21-14としましたが、そこから8-0のランを食らい、
21-22で第1Q終了。最後のハリスのレイアップを許す様では
ダメですね。

第2Qはベンチ陣の奮起もなく、ホークスに3PTをどんどん
決められて16-1のランで22-30にされると、
オーガスティン、グリーン、ランスが3PTを決めても
コーヴァーが止まらず。結局40-57という
前の試合が少し良くなった程度の展開となりました。

第3Q、46-64とされたあと、ペイサーズが反撃にでました。
ここから15-2のランで61-66と5点差にすることに成功。
ディフェンスが成功した結果のランでしたが、ここから
敵はATLではなくて、ジョーイ・クロフォードとなりました。

ATLはすぐにファールを貰えましたが、INDは当たりがあっても
笛を吹かれませんでした。結局追い上げムードが潰されてしまい、
62-69で終了。ATLのFTが外れていたのでこの点差で済みました。












とまぁ、IND関連の人はこんな感じでしたね。

第4Qは5点差から先に進めず、ATLの3PT構成で敗戦。
お互いにホームで2勝ずつしてゲーム6まで行くことが確定しました。

ホームで勝てばINDが有利ですが、このままNYKとの対戦になっても
ストレスをためる一方なのでは、という試合ばかりで困ります。

前の試合と違ってカムバックしかけたのは良い事ですが、
第3Qのラストプレイといい、下らないファールといい、ウエストが
どうも制裁を欠いています。

ディフェンスも相手の早い動きへの対処が全く出来ていません。
ロードトリップの時のペイサーズは一体どこへ行ったのでしょうか。

お便り、お待ちしております。

IND 91 - 102 ATL 18241人 アトランタで13連敗中

あ、ランスは10pts-9reb-8astでもう少しでトリプルダブルだったみたいです。
---
ジョーク・クロフォードだったのでいつも以上にレフリー批判をしましたが、
今日のATLの3PTは異常だったと思います。
冷静に考えればあれだけ決められてこの点差まで追いついたのは
良い兆候かもしれません。

と無理矢理ポジティブに。


New