C-Semi Finals Game 1 @ ニックス【NBA_Pacers】

2013年05月06日 05:56

コメントを全て返し切れていませんがセカンドラウンドが開始です。
Knicks in the Garden.という事で因縁関係はありませんが、
両者のファンにとっては特別な感情が混ざるこのシリーズ。

1Q、カーメロが序盤のシュートを立て続けに外しますが、
フェルトンが止まらず。ペイサーズはなんとか接戦にし、
オーガスティンの3PTで22-18としますが、サム・ヤングが
一人で4連続TOの間にJ.R.スミスとフェルトンの3PTなどで
9-0のランを受け、22-27で終了。
これをサムやんの乱と呼びます。
1stラウンドにほとんど出てなかった彼ですので、
ある意味コーチの責任でもあります。

ここから走られると一気に決まりそうでしたが、
コープランドの3PTにオーガスティンが3PTでお返し。
更にもう1本の3PTを決める等、絶好調でした。

今日もファストブレイクを防ぐディフェンスがあり、
悪くありませんが、3PTの調子は良さそうなNYK。
気が抜けません。

残り5分で12-4のランが成功し52-46で前半終了。
ランスが良い起点となり、最後はポールの3PTが決まりました。

また、この直前にタイムアウトの笛がなった後に
ポールがロング3PTを決め、最後はJRがブザー後に
ロング3を決めるといったショータイムがありました。
JRの3PTはギリギリタイムアップ後で助かりました。

3Q、ヒバートのインサイドでのディフェンスが良く、
リードを二桁まで広げます。そしてメロが4つ目のファールで
ベンチに下がりますが、JRの3PTにポールがファールでこちらも3つ目。

62-57と詰められたあと、ヒバートのフックとレイアップが決まり、
NYKはミスを連発。ウエストの3ポイントプレイとランスのタフレイアップで
71-59と流れを掴みかけます。
その後ヒバートが3つ目のファールをし、マヒンミと変わった後
73-62となり、ポールがファールされてタイムアウト。

FTでポイントを稼ぎ、NYKはJRとコープランドが3PTを外しますが、
次の3PTはコープランドが決めてきます。
しかし、INDのディフェンスの好調はキープできて、オーガスティンが
ナイスムーブからのレイアップと4本目の3PTを決めて81-65で終了。

4Q頭、メロが一人で6-0のランを成功させ、71-81となりますが、
タイラーがオフェンスリバウンドからのダンクと、メロの5つ目のファール、
そしてタイラーがレイアップを決めて一旦落ち着きます。
しかしケニオン・マーティンのアリウープとJRの3PTで85-76。

一桁差と二桁差を行き来しつつ、ポールのタフレイアップや
ヒバートのディフェンスが効き、3分45秒にヒルの3PTで97-84。
安心かと思いきや、メロが5点連取。

そしてよく分からないうちにチャンドラーが6ファールで退場。
ヒバートがFT2本決めて2分半で99-89。
マーティにプットバックを決められますが、こちらもウエストが
2点を決めて10点リードをキープ。
メロとJRにFTを与えますが、最悪の3点プレイだけは阻止。
ポールがファールアウトとなりますが、最後はJRが
3PTを外して試合終了。

大事なアウェイでの初戦を見事に勝ち取りました。
サムやんはアレでしたが、全員が結束して頑張りました。
特にヒバートのディフェンスとオーガスティンの好調でしたが、
チーム全体の勝利でした。

NYKもこのままでは終わらないでしょうし、まだまだ先がありますが、
ホームコートアドバンテージを獲得できたのは大きいですね。

IND - NYK 19033
[C-Semi Finals Game 1 @ ニックス【NBA_Pacers】]の続きを読む


New