オールディフェンシブチーム発表【NBA】

2013年05月14日 10:31

12-13シーズンのオールディフェンシブチームの発表がありました。
ペイサーズからはポール・ジョージが2ndチームに選出。
残念ながらロイ・ヒバートは入ることができませんでした。

ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーは記者が
投票しますが、こちらは各チームのヘッドコーチが投票。
自分のチームの選手には投票できない仕組みとなっていて、
1位票と2位票を選びます。

オールディフェンシブ1stチーム
F MIA レブロン・ジェームズ 25-2=52pts
F OKC サージ・イバカ 17-12=46pts
C NYK タイソン・チャンドラー 9-6=24pts
C CHI ジョアキム・ノア 8-8=24pts
G MEM トニー・アレン 25-3=53pts
G LAC クリス・ポール 15-7=37pts
 センター枠は同点だったので二人選出となっています。
 1位票が多い方が優遇されるとかはないのですね。

オールディフェンシブ2ndチーム
F SAS ティム・ダンカン 3-14=20pts
F IND ポール・ジョージ 7-13=27pts
C MEM マルク・ガソル 5-2=12pts
G BOS エイブリー・ブラッドリー 10-5=25pts
G MEM マイク・コンリー 4-11=19pts

ポールは点数で見れば全体5位ですね。1位票ではそうもいきませんが、
7チームのHCが彼に1位票を投じています。
今年はMIPにオールスターのラストショットにプレイオフでのTDと
飛躍の一年となりましたね。おめでとうポール!

主なランク外 総得点(1位票)
イグダラ16pts(2)、サンダース16(4)、ヒバート6(2)、ヒル2、ウエスト1

ヒバートにあまり票が入っていないのは残念ですが、センターは
結構粒ぞろいなので難しいかもしれませんが、まぁ賞は別としても
みんな彼のディフェンスの影響力は分かっていますからね。

ウエストはヒバートの選出漏れを伝えられると、ビックリした後に
ノーコメントと答えたそうです。
ポール・ジョージ
「二人とも選出されるべきだとは思うけどね。
 ロイはリムを守る最高のディフェンシブセンターだ。
 自分が選ばれるなら、彼も選ばれるべきだよ。」

フランク・ボーゲル
「自分が言えることはリーグには我々のロイ・ヒバート以上に
 素晴らしいセンターはいないということだ。」

このチーム内の相思相愛感がたまりませんね。
---
少しニックス戦の話を。

シャンパートはACLとは関係ない箇所ではあるものの、膝を痛めている様子。
ゲーム4には出場予定。また、JRの風邪はチームメイトのケニオン・マーティンに
移ったとのこと。二人とも練習を休んだそうです。

今の所INDの選手で体調不良という話は出ていないので
ウッドソンの作戦は失敗に終わったようで安心しました。


New