クリス・コープランドと2年6Mで合意【NBA_Pacers】

2013年07月06日 18:48

結構早めの段階で興味を持っていると報じられていた、NYKの
クリス・コープランド。その後、ベリネリやロペス弟にも興味を示し、
他チームに取られましたが、その後どう動くかと思っていたら
ドワイト騒動の裏ですーっと決まっていました。

NYKとのゲーム6、イマンの乱の後、JRらと一緒に
ここぞとばかりに3PTを2本決めて来たコープランド。

代理人のジョン・スペンサー曰く、そもそもペイサーズはクライアントとしての
優先度は低かったそうです。

スペンサー
「あの時点ではペイサーズとは一番最後に話をしたかった。(したくなかった)」

別の日、ボーゲルとの電話では、君たちは僕らを破っただろ?嫌いなんだよ。
とも告げたそうです。
それにもめげずに誠意を見せたボーゲル。

最終的に2年6Mという契約を取り付けました。
実際には制限付きFAの為、iNDがオファーを出し、コープランド側が
サインをするとのこと。NYKはサラリーの問題でこの金額ではマッチできあにそうです。

また、スペンサーはラリー・バードが球団に戻った事も影響を与えたと言っています。
「クリスはIND側の誠実さと率直さにやられていた。彼らは
 本当にクリスを欲しがっていた。」

6-8という身長、平均8.7pts、2.1rebというルーキーシーズンを終えたコープランド。
この2年契約が終わる頃には30歳と、他のプレイヤーとは違う道を歩んできましたが、
その実力は昨年のIND戦でも発揮されていました。

ディフェンスには少し不安が残りますが、今のインディアナには
ベンチからの得点力が必要です。C.J.ワトソンと共にセカンドユニットの
攻撃をレベルアップさせることができれば、今季よりも良いチームに
慣れる可能性が高いです。

昨オフもオーガスティンとグリーンで行ける!とか言ってたような
気がしますけどね。。。

インディアナになかったプレデター要素(主に髪型)の追加でもありますし、
期待したいです。

で、ロスターだったりトレードを思い返していてふと思ったこと。
[クリス・コープランドと2年6Mで合意【NBA_Pacers】]の続きを読む

FA解禁6日目【NBA】

2013年07月06日 07:27

今オフの最大の目玉の行き先が決定しました。
自分は寝ていましたが、GSWがキャップ空けに成功させ、イグダラ確保、
ここでドワイトが来たらすごいチームになるという雰囲気を作りましたが、
行き先はヒューストンだったようです。

【トレード】
ウォリアーズ-ジャズ
 GSW獲得 ケビン・マーフィー
 UTA獲得 リチャード・ジェファーソン、アンドリス・ビードリンス
      ブランドン・ラッシュ、14年、17年の1巡目指名権
この不釣合いで成立するのですかね?

【契約合意】
GSW アンドレ・イグダラ 4年48Mで合意
LAC マット・バーンズ 3年11Mで再契約に合意
CHA ジョシュ・マクロバーツ 2年6Mで再契約に合意
HOU ドワイト・ハワードと合意

かと思いきや、エージェントは「まだ最終決定じゃない」とか
言っているようで。これはもう最終決定まで放置しかないですね。
獲得候補のチームは大変ですが。。。

で結局HOUに決まりそうです。
---
見にくくなりますが時系列で分けますね。
【トレード】
ロケッツ-シクサーズ
HOU獲得 将来の指名権
PHI獲得 ロイス・ホワイト

【契約合意】
IND クリス・コープランド 2年6Mで合意間近
MIL O.J.メイヨ 3年24Mで合意
NOP アル=ファルーク・アミヌ 1年3.7Mで再契約に合意
DAL ホセ・カルデロン 4年契約で合意
ATL ポール・ミルサップ 2年19Mで合意
ATL デマール・キャロル 2年5Mで合意
---
ここにきてドワイトはHOUとLALは50-50と
言ってるとか言ってないとか。
続々とFAが決まる中補強に走れないLALファンが
怒るのは誰にも止められない。。。
---
正式にHOUに決めたそうです。


New