ヒバートのダンカン塾入門のいきさつ【NBA_Pacers】

2013年10月11日 13:42

レブロンやドワイトが入門したオラジュワン道場は有名ですが、
近い将来、もう一つの道場が生まれる事になるかもしれません。

今は現役なので塾としておきましょう。その名もダンカン塾。(語呂悪)
ダンカン道場の方がいいな〜と思いつつも名称はどうでもいいですね。

この2年間、ヒバートはオフにサンアントニオでティム・ダンカン先生と
一緒にワークアウトを行っておりますが、その話が出てきました。

---
先にまとめてしまうと、
 ・ヒバート「ダンカンと一緒に練習したいけど、話したこともないしどうしよう。」
 ・トレードでペイサーズにジョージ・ヒルが加入
 ・ヒバート「ねぇジョージぃ、お・ね・が・い」
 ・ヒル「分かった!」
 ・ダンカン「若いのに向上心のあるやつだ。気に入った!来い!」
と、こういった話です。
---
13歳まで水泳をやっていて、オリンピックを目指していたものの、
ハリケーンによってプールが壊され、その道を諦めたというダンカン。
その後バスケを始めたそうですが、そんな彼が将来の殿堂入りプレイヤーに
なろうとは誰が思ったでしょうか。

と、ダンカンの素晴らしい経歴については置いておきます。

ヒバート
「2年前、彼に会ったとき、自分の立場が信じられなかった。」

ヒバートにとってそれはあこがれの人に会う素晴らしい体験の場所となったのでした。
彼自身は非常に外向的であり、ファンとの交流も良く行っています。
ダンカンはプライベートを守ることで有名であり、予定もある為、
10歳も年が離れていて、性格も両極端の二人が一緒に練習するなんて
あり得ないと考えていました。

しかし2年前、元スパーズのジョージ・ヒルがペイサーズにやってきた為、
彼を通じて、一緒に練習する事は可能かどうかを聞いてもらったそうです。
その時ヒバートはNBAで3年を過ごしてきましたが、恐れ多くてダンカンとは
ろくに喋ったことも無かったそうです。

"I wanted to learn from the best."

その思いがダンカンに伝わると、
「ロックアウトの間は練習相手が必要になるんだよね。
 彼の意思は素晴らしいと思ったんだ。」

と快諾。
二人は一緒に練習するだけでなく、食事を共にしたり、
たくさん話をしました。作戦の事だったり、個人的な事だったり、
そして更にはお互いの個人的にスカウティングレポートを
共有する仲にまで発展したのです。

2012年はお互いにFAだった為、多くの時間を一緒に過ごしたそうです。
そして今年の8月、ヒバートはまたサンアントニオに戻りました。
今度はマヒンミというチームメイトも連れて。

スパーズ側が場所を提供してくれたというのも大きかったと思います。
ダンカン
「彼は昨年素晴らしい1年を過ごした。そのことはとても誇りに思うよ。
 毎年改善している。彼がここに来ることを望んでいるし、
 一緒にいるのはとてもエキサイトするよ。」

一方のダンカンもこの3年でベストなシーズンを過ごしたとのこと。
減量したのが良いきっかけになったそうです。

お互いにヒートに1勝ずつ届かなかった同士、そこでも
一体感が生まれた可能性もありますね。

ヒバート
「我々は異なるタイプのプレイヤーだけど、彼から学ぶものは
 本当にたくさんある。毎回何かのきっかけをもらっているよ。」

ダンカンとスパーズ、二人を繋いでくれたヒル、
そしてヒルを連れてきたバードに感謝ですね。

ヒルとカワイ・レナードのトレードはwin-winだと言われますが、
トレードだけでなく、ヒバートの成長にも影響を与えるhuge winでした。

プレシーズン第2戦 vs ロケッツ【NBA_Pacers】

2013年10月11日 10:07

フィリピンで初のNBAの試合が行われましたが、
ペイサーズにとってはほろ苦い思い出となりました。

出だしからミス連発で12-0のランを食らうと一度も追いつくことなく
終始リードされてしまいました。
途中で追いつく場面もありましたが、チームとしての完成度に大きな
差を感じましたが大丈夫でしょうか。

HOU 116 - 96 IND 12885
・チームプレーで点を取るHOUに対し、ミスばかりで個人技に頼るIND
・ミスマッチを突いているのに、そこへ出すパスをミス
・早速ウエストがベンチで不機嫌な顔
・ダニーまたもやファストブレイクミス(味方のフォローあり)
・コープランドのグリーン臭(今までのところ)
・ワトソンのシュートは良さそう
・スコラが改善された
・後半のスタートはヒル、ポール、ダニー、ウエスト、ヒバート
・前回と違い、色んな組み合わせを試そうという意思が顕著だった
・INDはパスミスとFTミスが多い
・ポールとハーデンの安定感の違い
・オーランドのなんとかしようという姿勢は良かった
 髪型はあまり良くなかった
・INDが酷かったからか、HOUの完成度が高く見えた
 ドワイトという欲しかったものを得て全員が活き活きしているような
 ドワイト自身もミスは多いものの伸び伸びとプレイしている印象です

とにかく重いですね。オフェンスもディフェンスも昨年の最初みたいです。
特にスターター5人は変わってないのにプレイオフとは別物のような印象です。

そしてダニー。全体的にスピード感がありません。
シュートを打てているのは良いですが、この感じでは
ベンチから出てきて流れを変えるという役割は難しいかも。
一つスコラへのナイスパスがありました。

これがプレシーズンで良かったですね。
恐らく次の試合も放送があると思われるので楽しみです。


New