元ペイサーズの活躍をチェック【NBA】

2013年10月31日 15:03

昼にサンズ戦を覗いてみたらマイルズ・プラムリーが
アリウープを決めていました。潜在能力は高いと思っていましたが、
所属チームが変わるとここまで活躍できるものなのですね。
彼にとって素晴らしいトレードになったようで安心しました。
インディアナにいたら開幕スターターなんてあり得ませんからね。

また、ラプターズへ行ったタイラーもベンチスタートながらも
12リバウンドと勝利に貢献したようです。
本当はスターターとして使われるチームへの移籍を望んでいたようですが、
こちらも腐ることなく頑張ってもらいたいです。

TOR タイラー・ハンズブロー:25min 7pts 12reb 3blk
TOR D.J.オーガスティン:13min 5pts 2ast
PHX マイルズ・プラムリー:40min 18pts 15reb 3blk
PHX ジェラルド・グリーン:17min 5pts 1reb

ってスタッツみたらプラムリーはオールスター級の活躍じゃないですか。
これは驚きですね。

そしてINDとは関係ありませんが、スタッツと言えばこの人。
とんでもないルーキーがデビューしました。
シクサーズのマイケル・カーター-ウィリアムズ、通称MCW。
あのマイアミ相手に36分に出場し、22pts-7reb-12ast-9stlの
離れ業をやってのけました。もう少しでクアドラプル・ダブルですよ・・・

早くもマイアミに土を付けたPHIもあなどれません。

最後に忘れてはいけないこのお方。
散々ブログでもネタにさせていただきましたが、それもおしまいです。

クリーブランド・キャバリアーズの21番、アンドリュー・バイナムも
開幕戦で復帰となりました。途中から出たときには歓声も大喜び。
実況の”Here Comes Andrew Bynum!"からも彼に対する期待が
読み取れました。
結果的に8分で3pts-3reb-2blkだったようですが、CLEは同じく
心臓に病気の見つかったバレジャオも元気に復活。
オールスター軍団のブルックリン・ネッツに勝利しています。

Game2 @ペリカンズ【NBA_Pacers】

2013年10月31日 09:52

開幕からいきなり連戦という事ですが、昨日試合を行った6チームの内、
CHIとLAC以外も同じ様に連戦スタートの様です。

チーム1年目のニューオーリーンズ・ペリカンズですが、その選手紹介は
まるでオールスターの様で気合いが入っていました。
プレイにも良い影響が出ており、ペイサーズは何もさせてもらえない程の
素晴らしいディフェンスを敷いてきたのです。

元々トラップディフェンスやゾーンには弱いですが、
ボール運びどころかシュートも苦しいものしか打たせて貰えず。
ウエスト頼みでしか攻められない状況が続き、12-20スタートとなりました。
ヒバートは2ファールで早々にマヒンミと交代です。

と、チェックできたのはここまで。残りは夜チェックします。
ちなみにNOPはライアン・アンダーソンが1~3週間の欠場とのことです。
詳細はネタバレ回避中につきチェックできず。
---
前半があまりに酷かったので後半は負け試合だと思ってぼーっと見てましたが
もう一度見直すハメになりました。

最後までNOPディフェンスには苦しめられたと思います。
シュートすら満足に打てない事が何度もありましたし、誰がボールを
運んでも安心して見ていられませんでした。

徐々に追いつめ、5点差にしますが、また離され。
それを何度か繰り返し、これはダメかな〜と思いましたが、
第4Q残り6分9秒にヒルが3PTを決めて74-76とすると、
トーマスのレイアップをスコラがブロックし、ポールが
ジャンパーを決めて同点に追いつきました。

エリック・ゴードンにFTを与えてしまいますが、1本のみの成功で
両者シュートが外れた後にランスがサイドから3PTを決めて逆転に成功。
しかしここもゴードンにFTをとられ、ポールが3PTを外すと
ゴードンはレイアップを決めて79-81とまた逆転されてしまいました。

残り2分にはホリデーに決められて4点ビハインド。
敗戦を覚悟しましたが、ヒバートが3ポイントプレイを決めて1点差。
ホリデーのショットは外れ、ウエストがファールを貰いFTを2本決めて
再逆転。NOPはアンソニー・デイビスがレイアップに来ますが
ウエストがブロックし残り50秒。

攻めきれないという印象でしたが、ここでヒルがまさかの3PTを放ちます。
正直良いオフェンスとは思えませんでしたが、これが決まり4点リード。
ホリデーが急いでシュートに来ましたがヒバートがブロック。
しかしINDも攻め急いで雑なパスをしたため、ボールがゴードンに渡り
そのままレイアップを決められます。

ここからはファールゲームとなり最後はウエストが2本、ポールが4本を
しっかりと決め、なんとか逃げ切りました。
追い上げる段階ではみんなFTを外してきたのに最後は良く決めました。

ゴードンは最後に3PTを決めてきましたので、FTがいかに重要かを
思い知った試合でもありました。

・NOPのディフェンスが終始厳しかった。
 特にウエストとヒバートに関しては完璧に抑えられたと言っても過言ではない。
 それでもそれなりの数字を残したウエストはさすがでしたし、
 ディフェンスで貢献したヒバートはやはり成長している。
・第4QのINDはFG 11/18、3PT 3/5、FT 11/11とよく決まった。
 ポールとヒルが8ポイントずつ、ヒバートとランスが5ポイントと続いた。
・ポールが本当に頼れる。同点のショットとかを決められるようになってる。
・逆転の3PTを決めたランスも2試合連続で素晴らしい結果を残した。
・スターターも苦戦したのでベンチも苦戦したけど、スコラはそんな中頑張った。
・眉毛の成長っぷりがハンパじゃない。
 昨年はウエストが教育してみせたけど、やられまくった。
・ホリデーとゴードンの安定したショットに苦しめられた。
・ライアンいたら追いつけなかったかもしれない。

IND 95 - 90 NOP 17803
[Game2 @ペリカンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New