Game6 vsラプターズ【NBA_Pacers】

2013年11月09日 11:40

5日で4試合の後半戦スタートは元ペイサーズのタイラー・ハンズブローと
D.J.オーガスティンが所属するトロント・ラプターズ。
昨年も相性は悪かったのですが、今日もスタートからルディ・ゲイが
フル回転。オフェンスもディフェンスも好調でファストブレイクの
ポールのショットも綺麗にブロックされる始末でした。
前半だけで22点も取られ、ポールはオフェンスも不調でしたが、
3回もゲイにフリーのショットを許しました。

第1Qで10点ビハインドとなりましたが今日は第2Qで追い上げを見せます。
最後はヒバートのミドルブザービーターで46-44で終了。

すると第3QはゲイをFTの2ポイントに抑え、ポールが17ポイントと
爆発。最後は3PTブザービーターを決めて59-72で終了。

第4Qも終盤詰められましたが、ヒバートとワトソンが
ビッグショットを決めて昨年のウエストのロングパスミスからの
逆転負けを繰り返さずに済みました。

・ランスが第1Q膝を痛めて気にしながらのプレイ
・ヒバートが今シーズン初の20点
・前半どうなるかと思ったポールも終わってみれば23pts-8reb-6ast。
・ナイスパスを何度もミスしてしまったウエスト
・今日から復帰のヒルは制限された時間の中で第2Q頭から追い上げに貢献。
・スコラとマヒンミは不運なファールが多かった。
 しかしスコラは8ptsと貢献。
・タイラーはポジショニングは相変わらず良いものの、フィニッシュが決まらない。
 オーガスティンに至ってはジュリアン・ストーンに出番を奪われる始末。
 タイラーは出て来たときに歓声を受けていました。
・第3Q以外はアンストッパブルだったゲイ。今後も彼に悩まされそうです。

TOR 84 - 91 IND 13316

ポール 38min 23pts(7/21) 8reb 6ast
ヒバート 31min 20pts 7reb 2blk
ヒル 19min 14pts 4reb
---


New