ポール・ジョージ「おまけしといた」【NBA_Pacers】

2013年11月27日 14:17

来季から5年間のMAX契約となっているポール・ジョージ。
これまでの所、MVPを狙える場所にいけそうな活躍を見せていて
将来が楽しみな若者ですが、プレイだけでなく、
契約面でもチームを救う形になるかもしれません。

5年90Mで契約という報道が出ていましたが、
実際にサラリーキャップが決まっていないので正式な
数字は分かりません。

ローズルール適用外で25%、適用で30%となり、5年80~90Mの
差がでると言ったものでしたが、実はローズルールの条件をクリアしても
自動的に30%になるわけではなく、チームとプレイヤー間で
交渉が可能なんだそうです。

そして今回、ここによるとポールは27%のMAX契約で
合意しているんだとか。

実際に27%と30%でどれくらいの差がでるかは以下の通りです。
Rose Rule for Paul
1年目から順位1.7M、1.8M、2M、2.1M、2.2M。
5年で約10Mの節約となり、この分を他のプレイヤーに回せる事となります。

またはランスのサラリーに上乗せですね。

もちろん、これだけで来オフのランスの契約問題をクリアとはなりませんが、
財政的に苦しいペイサーズに取っては大助かりです。

いかにポールとチームの状態が良いかが分かりますね。
ラリー・バード、ドニー・ウォルシュ、ケビン・プリチャードの
フロントトリオはかなりのやり手ですね。

若いのにこの条件を飲んだ(と思われる)ポール・ジョージ。
ありがとう!


New