Game28 @ネッツ【NBA_Pacers】

2013年12月24日 14:02

昨日の試合に続き、今日は連戦でブルックリン・ネッツと対戦。

昨日トリプルダブルを達成したランス・スティーブンソンが
数試合前に更新したキャリアハイの23ポイントを更新して
26ポイントでチームを牽引。
2連敗後に3連敗でチームはクリスマスオフへと入りました。

ペイサーズの次の試合は現地土曜日、インディアナでのネッツ戦です。
4日のオフとなかなか粋なサービスです。チームはランスに故郷の
ブルックリンに残ることを許可し、チームには2日間の完全オフが
与えられました。ランスは叔母の家のクリスマスパーティーに
参加する予定だとか。

本来であればブルック・ロペスとのガチガチセンター対決が売り物のこのカード
でしたが、足の骨折でシーズエンドとなってしまいました。

試合はヒバート以外がバランス良く得点し、19-17で第1Qを取ると、
第2Qにランスが11得点の猛チャージ。ベンチからワトソンも6点と援護すると
前半を45-39で終えました。

すると第3Qにはポールが3PT2本を含む10点、ヒバートが4ファールで
ベンチに下がりますが、代わりにでたマヒンミが7点と補います。
更にスティールからレイアップに行ったヒルに対してポール・ピアースが
クローズラインをお見舞いし、レビューの結果フレグラント2で一発退場。
このFTをヒルが2本決め、次のポゼッションでマヒンミの3ポイントプレイが
決まって71-47としました。

BKNも何度か詰め寄って来ますが、その度にINDが突き放し、
終盤にはテリーを始めとする3PT構成に逢いましたが、
安全に逃げ切るには十分の点差が開いていました。

第4Qにもランスが10点、ポールが7点、ヒバートが6点で
全てのQでタイ以上とし、昨年苦手だったBKN相手に完勝することができました。

ピアースの0点ゲームというのは15年のキャリアで2回目とのこと。
前回は1999年のルーキーシーズンでのことだったそうです。
テリーは今日が復帰戦で11月20日以来、約1ヶ月ぶりの試合。

INDは昨日好調だったダニーが、今シーズン初のback-to-back戦で
FG0/7で無得点に終わっています。

快勝とは言え、やはり気になりますね。
昨日はシュートは好調でしたが、今日も合わせてみると、
動きやボディバランスが完全に衰えてしまっています。
ゴール下にドライブしても全く決まりません。

今日はランスとポールが好調で、かなりのリードを作る事ができましたが、
接戦だったら使わない方が良いと思えるような出来でした。
オフェンスリバウンドからの謎の早撃ちも健在でしたね。

3試合やってまた4日のオフとこれがダニーにどう影響するか分かりませんが、
復調してもらわないと困りますし、焦らずに取り戻して欲しいです。

しかしポールとランスがそろって20-5-5をクリアとはやりますね。

IND 103 - 86 BKN 17732
ポール 37min 26pts 6reb 5ast
ランス 39min 26pts(10/16) 7reb 5ast

Game27 vsセルティックス【NBA_Pacers】

2013年12月23日 10:44

今日はホームでボストン・セルティックスと対戦。
相手は昨日も試合で移動込みの連戦、一方でペイサーズは前の試合も
ホームで休養たっぷりでした。

今日は身長で大きなアドバンテージを持つINDがヒバートをフル活用で
第1Qだけで10pts-5rebの活躍。17-20で第1Qを終えると、
第2Qにはダニーが2本の3PTを含む6得点。
前半で37-52と大差を付ける事に成功しました。

第3Qには前半6得点に終わったポールが大爆発の18点。
ヒバートはこのQで既にダブルダブルを達成し、気がつくと
ランスのトリプルダブルが近づいていました。

7pts-9reb-8astで始まった第4Q。
自らのジャンパーとダニーの3PTをアシストし、早々に
9pts-9reb-9astとすると、10分24秒にはリバウンドを取って
残り1ポイントと1アシストとなりました。

ここから前回同様、ランスの乱発ショーが始まりますが、
残り6分30秒にスコラへのアシストが決まり、後は得点だけ。

ランスが自ら突っ込み、マヒンミがプットバックで決めた後、
BOSはファストブレイクで駆け上がりますが、ダニーがブロック。
そしてそのボールをランスに回し、ミスマッチとなったところで
3PTを決めて今シーズン3回目のトリプルダブル達成。

ベンチではトレードウエーブが起こりました。個人技に走り過ぎたランスでしたが、
チームメイトは暖かく祝福。前回は得点が足らずに不貞腐れただけに
今回は嬉しそうにしていました。

ダニーもベンチから25分の出場で3PT4/5で12ポイント5リバウンドの
活躍を見せ、ベンチに下がる時にはファンからの歓声を貰っていました。
まだファストブレイクやゴール下が決まりませんが、シューターとして
使えるのであれば大きな武器になりますね。

ランス以外は28分以下のプレイタイムに抑える事ができ、
バランスの良いプレイタイムで終える事ができました。

BOS 79 - 106 IND 18165

Game 26 vsロケッツ【NBA_Pacers】

2013年12月21日 13:15

今日はプレシーズンで2連敗しているヒューストン・ロケッツと対戦。
オマー・アシクのトレード話で揺れていましたが、結局成立せず。
ジェレミー・リンが怪我で欠場という中、ペイサーズは
遂にダニー・グレンジャーが復帰しました。

出だしは少し遅れましたが、第1Q中に逆転すると、その後は
危なげなくリードを広げ、ダニーの背番号と同じ33点差で勝利。

ダニーは第1Q途中にスコラと共に出て来て、最初のプレイは
ドワイトに対するビッグブロックでした。
シュートタッチとTOはまだまだでしたが、3PTを1本決め、
パスもなかなか良い感じでした。

観客もダニーを待ち望んでいましたし、チームメイトのプレイも
いつもよりハッスルしていた感じがありました。
ランスとヒルの動きも良く、スコラは3PTを決めてしまいました。
ポールもファストブレイクからのリバースダンクを決めたり、
まさにダニー復活祭でした。

ダニーが3PTを決めた後、ヒバートが祝福。
第4Qに仕事を終えてベンチに戻った際にはポールとハグ。
その後、ポールとヒバートは観客を煽っていました。

ドワイト対ヒバートはドワイトに軍配が上がりましたが、
今日はハーデンとベンチが不調でINDとしては助かりました。

全てがうまく行き過ぎた感がありましたが、連敗を止め、
また立て直しするにはふさわしい試合でした。

HOU 81 - 114 IND 18165

ポール 30min 24pts 9reb 4ast 3stl
ランス 35min 16pts 6reb 6ast
ヒル 25min 12pts 5ast
スコラ 16min 13pts 6reb
ダニー 22分 5pts(1/7) 2reb 2ast
[Game 26 vsロケッツ【NBA_Pacers】]の続きを読む

ダニー・グレンジャー injury update【NBA_Pacers】

2013年12月21日 09:51

12/21 update
tonight…


---
12/16 update
復帰日は12/20ホームのHOU戦の予定
---
12/13 update
明日のボブキャッツ戦では復帰しないことが決まったとのこと。
---
12/12 update
ダニー本人は現地金曜のホームでのボブキャッツ戦で
復帰を望んでいるという情報があります。
「プレイタイムの制限はあるだろうけどね。ゲームシェイプに
 戻す必要がある。それに必要な練習は十分に行えていない。
 実際に試合に出ることが一番良いだろう。これは良いチャンスだ。」
---
12/10 update
全開の更新が約1ヶ月前で復帰はどうなったのか心配ですが、
少し情報が出てきました。
ダニー
「良い感じだよ。今は走ったりダッシュも行っている。」

10月28日に3週間の欠場と発表され、まだ復帰できていませんが、
ボーゲルはまだ復帰時期は未定としています。
先週には5対5の練習にも参加し、ファストブレイクの先頭を走って
マヒンミへのアリウープパスを成功させたりと、調整中の様です。

11/15 update
火曜日の3on3の練習時にまだふくらはぎの多少の痛みを感じた為、
水曜日の練習はパス。
さらに呼吸器の感染症にかかり木曜日の練習もお休みとのこと。

 幸いチームも好調で、ダニーの復帰を急ぐ必要はないのですが、
 去年と同じ様な進み方で嫌な予感がしてしまいます。
---
11/12 update
開幕2週間が過ぎ、予定通り今週から練習に参加する予定。
ボーゲルは水曜と木曜のハーフコート練習を出来ることを期待。
---
11/9 update
来週から練習を開始する予定とボーゲルがコメント。
---
11/3 update
3週間の内の1週間が経過。
復帰時期に変更はないが、軽めのシューティングは行っている様子。
---
昨日開幕の2試合の欠場が決まったダニーですが、
左足ふくらはぎの状況は思った以上に良くないらしく、
3週間欠場へと引き延ばされました。

手術をした膝でないのが不幸中の幸いなのか、
それとも昨年と同じ様にこのふくらはぎに悩まされて
ズルズルといってしまうのか。
今年こそプレイオフに間に合って貰いたいものです。

昨年はポールの成長が楽しみでしたが、今年はオーランドが
どこまで伸びるか、ソロモンの可能性などもあります。

Game25 @ヒート【NBA_Pacers】

2013年12月19日 12:20

1週間で2回の対戦というスケジュールを切ったNBA。
今度はアウェイでMIAと対戦。

出だしからTO連発でファストブレイクを次次に決められますが、
思ったよりも点差は離されず、逆転に成功して二桁リードで
第4Q残り3分まで持ち込んだ所までは良かったです。

ヒバートの3つ目のファールはチャルマーズが勝手に転んだだけだったので
不運でしたが、4つ目をした時点でボーゲルはベンチに戻さずに出し続け、
すぐに5つ目を貰いました。ここで運命が決まっていたのかもしれません。

ポールは当たっていましたし、ヒバートが必須という場面ではなかったと思います。
4つ目のヒバートにボッシュがポスト、簡単に笛を吹かれてしまいました。
ヒバートのミスではありますが、その前にボーゲルの采配ミスです。

ずっと外して来たレイ・アレンが最後に逆転3PTを決めるなど、
コートに残しておいたスポルストラとの采配の差がでました。

それでも残り25秒で1点ビハインド。勝ち越すチャンスはありましたが、
ヒルが突っ込んでのパスをポールがキャッチミス。ファウルゲームで
3点ビハインドになってからは5秒残っているのにポールが苦しい体勢で
3PTを外し試合終了。最後のはレブロンのファウルでは?という声も
いくつかありましたが、延長に行ったとしても勝てたかは微妙です。

最後以外はペイサーズも頑張ったとは思いますが、
ボッシュとアレンの2連続3PTで持って行かれました。
その場面をセットしたのはレブロンです。

やはり彼らを倒すにはHCAがないと厳しいようです。

あと、こういった試合でジョーイ・クロフォードを起用するのは
本当に止めてもらえませんかね。

IND 94 - 97 MIA 19898

ダニー復帰とポールの不調【NBA_Pacers】

2013年12月18日 13:17

明日マイアミで試合を行い、次は金曜日にホームでロケッツと対戦。
そこでダニー・グレンジャーが復帰する予定となっています。

約3週間と言われていた欠場期間も約2ヶ月に延びて復帰。
今度こそ100%と信じたい所です。連勝中の復帰でチームが負けたら
何かと非難されかねませんが、ホームでの敗戦もあり、
そろそろ記録とは離れた所でのシーズンを迎えるのもありかと思います。
トップとかホーム無敗とか何かとプレッシャーになりそうですしね。

ボーゲルはスターターが40分近くプレイすることを望んでいなく、
特にポール・ジョージのミニッツを多少制限させたいとのこと。
そこで出てくるのがダニー。

現在平均36.8分の出場となっているポールも
「休む時間を与えて貰える。自分にとってとても大きな事だ。
 ベンチで休んで自分がやるべきことに備える事ができる。」と歓迎。

この数試合スランプに陥っているポール。
最初の21試合ではたった4試合しか20点以下を記録しなかったが、
ここ3試合は20点オーバーは一度もない。
CHA戦ではギリギリ10点に乗せるのが精一杯だった。

この間、FGは27%と低迷し、それまでの43%からかなり落ちている。
それでも相手のディフェンダーを数人引きつける事はできるが、
相手に分析されている為か、タフショットを強いられる事が増えた。

また、その際に問題となるのが、ポールはシュートを打つと決めたら
フリーの味方にパスしない場合がある。スクリーンで二人引き寄せても
難しい選択をしてしまい、シュートを外すケースが増えてきた。

シーズン平均3.5、この3試合では4.3と多少増えてはいるが、
FGが4/11、2/12、4/14と言うことを考えると、シュートを打つよりも
パスを優先させた方が良かったケースもあると言える。

また、トランジションでのイージーバスケットも獲得できておらず、
逆に毎試合一回はイージーショットを打たれている。
どれもポールが3PTを打った後にやられたものだ。

たかが3試合のスランプではある。それも平均15点は取っている。
しかし、スランプに陥っているのは事実であり、ポールも
フラストレーションが溜まっているように見える。

しかし、彼はインディアナのファーストオプションであり、
相手ディフェンスが注目するのは間違いない。

NBAのトッププレイヤーを目指すのであればこれを越えなければならない。

When Granger returns, he'll be busy
Paul George's frustrating slump
---
[ダニー復帰とポールの不調【NBA_Pacers】]の続きを読む

Game24 vsピストンズ【NBA_Pacers】

2013年12月17日 11:34

今日はホームでデトロイト・ピストンズと対戦。
相手は昨日POR相手に延長の末破れ、移動してやってきました。

それなのにオフェンスリバウンドを20も取られ、
セカンドチャンスを何度も与えて一度もリードを奪うことができずに敗戦。
今シーズンホーム初の敗戦となりました。

オフェンスも酷く、リバウンドも取れない。これでは勝てません。
第1Qにドラモンドがファールトラブルで下がりましたが、それでも取れず。
リバウンドさえ取れていれば勝てない試合ではありませんでしたが完敗です。
スコラが爆発しましたが、最後に出たウエストは期待に応えられず。
次はヒートとの対戦ですが心配ですね。

DET 101 - 96 IND 15443


New