Game18 @ブレイザーズ【NBA_Pacers】

2013年12月03日 16:37

今日は現時点での東西トップ対決、ポートランド・トレイルブレイザーズと
対戦がありました。今日は他の試合も熱戦が多かったようですが、
この試合も最後まで見せてくれました。

良いところがあったとはいえ、敗戦なのでざっくりと書きますが、
・序盤のリードを守れなかった(突き放せなかった)
・終盤追いつかれてリードを広げられる間、ヒルのセレクションの悪い
 ショットが多かった。特に何の工夫もしないスクリーンからの
 3PTはダメでしたね。5点ビハインドでしたし、確実に2点を
 取りに行くべきでした。
・第2Qにはオルドリッジとミドル合戦を演じたウエストが
 後半ほぼ穴に。シュートも入らず、ディフェンスでは何度も
 LA12に抜かれてヒバートがファールを吹かれて急所を蹴られるという
 結果に。(2回)
・悪いランス。
 プレイ的にも態度的にも。ファールアウトでイラッとして
 机を叩いたシーンがありましたが、テクニカルを吹かれなかったのは
 奇跡でした。まぁファール取られすぎだとは思いましたが。(FT17対33)
・ポールが残り3分で5本の3PTを決めるという追い上げを見せましたが
 少し遅かったですね。LAはミドルもFTも落とさず、96-98とした
 場面ではリラードにチャレンジ3PTを決められるという結果に。
 ポールがタフ3PTを決めた後だったのでダメージがでかかったです。
 ポールはその後にも3PTを決め、インバウンズをヒルがスティールして
 再度ポールが打つという、まさにレジールックの場面でしたは
 これは外れてしまいファールゲームへ。リラードに2本決められます。
 タイムアウト明け、ポールの3PTはブロックされましたが、
 ヒバートが拾って再度ポールに渡すとここでも3PTを決めて102-105。
・最後はバトゥームがFT1/2でしたが、万策尽きてここまででした。

第2Qにはスコラも点を重ねたりと、良い場面はあったのですが、
やはりスターターを下げた時の落ち込みが酷い。今日はランスが
全く何もさせて貰えなかった為、その分の穴が大きかったです。

点数ペース的にもPORのものでしたし、最後のポールの
バカ当たりが無ければあっさりと敗戦した試合ではありましたが、
最後まで諦めないその姿勢は見ていて熱かったです。

東西1位対決にふさわしい盛り上がりを見せたのではないでしょうか。

それにしてもLA12のシュートの軌道は綺麗ですし、今日は
本当に正確でしたね。ウエストとは身長のミスマッチがあり、
ヒバートを付けても動きで翻弄されるので、調子の良い時の
彼を止めるのは本当に難しいです。

それに加えてリラードだったりモー・ウィリアムズだったりと、
ウエストが黙ってしまったINDでは力が足りませんでしたね。
この試合は両チーム共にFTの確立が高く、特に終盤もPORが
ミスしなかったので追いつけませんでした。

IND 102 - 106 POR 19023
---
ニコラ・バトゥーム
「彼のやりたいようにやられてしまった。ショットを決められた。
 彼はトップ5にはいるプレイヤーだと思うよ。これまでのMVPと
 言ってもいい。頑張って抑えようとしたのに何度もタフショットを
 決められた。彼は素晴らしいプレイをしたが、我々が勝てた。」

昨日のLACK戦の終盤にオフェンス面で何もできなかったポール。
悔やんでいたそうですが、今日は見事に仕事をしました。
勝利には足りませんでしたが、キャリアハイの43ポイントは圧巻でしたね。

まだOKCやSASといった強豪との試合が控えています。
一喜一憂せずにまずは一試合ずつ取り組んでいって貰いたいです。

今度は骨折続出【NBA】

2013年12月03日 02:21

先日ローズ、イグダラ、ガソル弟が立て続けに怪我をしましたが
今回もまた骨折者が連続で出てしまいました。

LAC J.J.レディック 右手骨折及び右肘靭帯断烈 
NOP アンソニー・デイビス 左手骨折
BKN ポール・ピアース 右手中指にひび

膝とかに比べたら骨折の方がまだ復帰は早いかもしれませんが、
スターターの長期離脱は厳しいですね。

INDにもダニーという怪我人がいますが、最近は情報が
あまり出てきません。チームの状態が良いので復帰させる時期を
見計らっているのでしょうか。

どうなっているかは分かりませんが、確実に治してから
出て来てもらいたいです。


New