ダニー復帰とポールの不調【NBA_Pacers】

2013年12月18日 13:17

明日マイアミで試合を行い、次は金曜日にホームでロケッツと対戦。
そこでダニー・グレンジャーが復帰する予定となっています。

約3週間と言われていた欠場期間も約2ヶ月に延びて復帰。
今度こそ100%と信じたい所です。連勝中の復帰でチームが負けたら
何かと非難されかねませんが、ホームでの敗戦もあり、
そろそろ記録とは離れた所でのシーズンを迎えるのもありかと思います。
トップとかホーム無敗とか何かとプレッシャーになりそうですしね。

ボーゲルはスターターが40分近くプレイすることを望んでいなく、
特にポール・ジョージのミニッツを多少制限させたいとのこと。
そこで出てくるのがダニー。

現在平均36.8分の出場となっているポールも
「休む時間を与えて貰える。自分にとってとても大きな事だ。
 ベンチで休んで自分がやるべきことに備える事ができる。」と歓迎。

この数試合スランプに陥っているポール。
最初の21試合ではたった4試合しか20点以下を記録しなかったが、
ここ3試合は20点オーバーは一度もない。
CHA戦ではギリギリ10点に乗せるのが精一杯だった。

この間、FGは27%と低迷し、それまでの43%からかなり落ちている。
それでも相手のディフェンダーを数人引きつける事はできるが、
相手に分析されている為か、タフショットを強いられる事が増えた。

また、その際に問題となるのが、ポールはシュートを打つと決めたら
フリーの味方にパスしない場合がある。スクリーンで二人引き寄せても
難しい選択をしてしまい、シュートを外すケースが増えてきた。

シーズン平均3.5、この3試合では4.3と多少増えてはいるが、
FGが4/11、2/12、4/14と言うことを考えると、シュートを打つよりも
パスを優先させた方が良かったケースもあると言える。

また、トランジションでのイージーバスケットも獲得できておらず、
逆に毎試合一回はイージーショットを打たれている。
どれもポールが3PTを打った後にやられたものだ。

たかが3試合のスランプではある。それも平均15点は取っている。
しかし、スランプに陥っているのは事実であり、ポールも
フラストレーションが溜まっているように見える。

しかし、彼はインディアナのファーストオプションであり、
相手ディフェンスが注目するのは間違いない。

NBAのトッププレイヤーを目指すのであればこれを越えなければならない。

When Granger returns, he'll be busy
Paul George's frustrating slump
---
[ダニー復帰とポールの不調【NBA_Pacers】]の続きを読む


New