BOSのHC ブラッド・スティーブンス【NBA】

2013年12月25日 15:25

ペイサーズは昨日の試合が終わり、次の試合は現地28日で
4日のオフとなりましたが、その前日にインディアナで試合を行った
セルティックスは昨日から5日間のオフとなったそうです。

クリスマスゲームが組まれないチームは半袖ジャージを着なくて良い、
休暇が得られると良い事尽くしですね。

BOSと言えば今季から指揮をしているブラッド・スティーブンス。
生まれも育ちもインディアナの彼。

と、調べてみたらインディアナポリス生まれ、
高校も大学もインディアナ州で1999年に大学を卒業し、
2001年からインディアナのバトラー大のアシスタントコーチ、
2007年にはヘッドコーチに就任し、BOSのHCに就任するまで
本当にインディアナ一筋とのこと。
これは筋金入りのHoosierですね。

そんなスティーブンスは故郷インディアナでの試合を
いつもとは違う心境だと、試合前に話していたそうです。

「友人に会ったり、どこどこの席に座ってるよというメールを貰い、
 様々な感情が戻ってきた。チャンスがあればみんなに挨拶しに行きたい。」

スティーブンス自身、BOSのHCに呼ばれた事には驚き、
ボストンでの初のプロレベルの経験で現在(試合前)12勝16敗を記録している。

スティーブンスはほとんどのバトラー大の試合を観て、選手達には
応援のメッセージを送っている。

BOSは次の土曜日まで試合が無いため、スティーブンスは試合後、
そのままインディアナに留まり、数日家族や友人と共に過ごす事にしたそうです。
INDはランスがブルックリンにそのまま滞在しましたが、うまく出来ていますねぇ。

インディアナに染まったスティーブンスはレジー・ミラーの時代のペイサーズを
もちろん良く知っており、今のペイサーズの強さを賞賛している。
「彼らは層があつく、特にリーグのトップ3か4に入ろうとしている
 ポール・ジョージはこの短期間でよくもここまで進化したものだ。
 スコラのようなプレイヤーも獲得し、セカンドユニットもガッチリとした。
 既にスターターはウエストが固めているし、順調に進んでいる。」

お客さんの中にもスティーブンスHCを応援するボードを持った人がいました。
どこの州も同じかもしれませんが、ヘイワードやゼラー兄弟、オラディポが
インディアナでの試合の時には大きな歓声が飛ぶのは見ていて微笑ましいですね。

Brad Stevens: 'The emotions are in coming back and seeing friends'

ラジョン・ロンドとダニー、ヒル、1巡目のトレードの噂【NBA_Pacers】

2013年12月25日 12:55

先日試合があったボストン・セルティックスとの間でタイトル通りの
トレードの噂があったそうです。

IND獲得 ラジョン・ロンド
BOS獲得 ダニー・グレンジャー ジョージ・ヒル 1巡目指名権

ペイサーズは既にスコラを獲得する為に、プラムリーとグリーン(共に覚醒中)と
14年の1巡目指名権を手放しています。

BOSは現在71.6Mのサラリーとなっていますが、
ロンド(残り2年12/13M)を出して
ダニー(残り1年14M)とヒル(残り4年8/8/8/8M)のヒルを
獲得するかは疑問です。
今シーズンのサラリーが81.6Mにふくれあがります。
ダニーはFAとなりますが、INDが残り1年12Mのハンフリーズ、
残り3年(10.1M*3)のウォレス、残り2年(6.7/6.9M)のバス
もしくは残り3年(5.2/5.4/5.6M)のコートニー・リーを
受け取らないと難しいそうです。

怪我空けでどの程度プレイができるか分からないロンドを
取る必要はないと思います。100%復活していたとして、初めて考えるべき
トレード案でしょうね。

パスさばきに関してはヒルよりも数段上ですが、アウトサイドのシュート力を
考えるとGoするべきではないと思います。一流のPGが操るINDを見てみたいという
想いはありますが、現段階でトレードする利点はないでしょうね。

ウエストブルックの様に以前と同様の動きができる確証はありません。
ロンドもMIAに対する思いは人一倍強いかもしれませんし、
1巡目を出す代わりにインディアナ出身のリーを加えるというのは
面白いと思いますが。

よく考えたらヒルとロンドを取り替える事で来季のINDのサラリーが70.7Mとなり、
ランスとの再契約のお金が更に無くなる事に気が付きました。
他のプレイヤーも混ぜる必要が出てくるとすれば、尚更今トレードするべきでは
無いように思います。

Pacers Involved in Rumored Trade with Celtics?


New