Game57 vs バックス【NBA_Pacers】

2014年02月28日 16:58

今日は先日対戦したばかりのミルウォーキー・バックスと対戦。
第1Qは素晴らしく、15-30とダブルスコアで終えましたが、
セカンドユニット対決で詰められて前半は50-50で終了。
第2Qに35点も取られたのは誤算でした。

第3Qには一時6点ビハインドとなりましたが、ポールとランスの3PTなどで
追いつき、このQ中に立て直して第4Qへ。
終盤までもつれ込みましたが、前の試合で全くの空気だったヒバートが
ゲームハイの24ポイントを獲得。12リバウンドとダブルダブルも達成。

ターナーは2試合続けて良い所を見せる、という訳にはいきませんでしたが、
スコラとマヒンミの得点が伸びない中、ワトソンと共に8点、9点と
頑張ってくれました。

最終的に勝てたのですが、どうも相手のドライブに対するディフェンスが
緩くなってるような印象を受けます。ナイトに好き放題やられていますし、
守れている部分ももちろんあるのですが、3PTを5割で決められているのも
良いタイミングで打たれすぎていたのもあるのかなと。

苦手ザザをヒバートが攻略したという大きな見所はあったのですが、
試合としては終盤のレビュー連発もあり締まらなかったですね。

また、マヒンミが手の中指と薬指を痛め、ヒルが肩を痛めるという
アクシデントが発生しております。ここに来て怪我は避けたいところ。
軽傷であることを願います。

MIL 96 - 101 IND 17892

ダニー&オーランド続報【NBA】

2014年02月27日 11:45

先日INDからトレードされた、ダニー・グレンジャーと、カットされた
オーランド・ジョンソンの2名ですが、オーランドはSACから10日間契約を貰い、
ダニーはPHIとバイアウトで合意しました。

オーランドに関しては、SACはジマー・フレデッテをカットした後に
オーランドと契約という形で試用期間ながらも契約する意思はあるのかもしれません。
ジマーと言えば、IND戦で地味に活躍されたので嫌な印象しかありませんでしたが。
実は元々オーランドをドラフトしたのはSACでした。2012年ドラフト36位指名で
その後、現金とのトレードでINDに来たのでした。

そしてダニー。大方の予想通り、バイアウトとなりました。
当初はMIAも獲得チームとして予想されておりましたが、
こちらはMILとバイアウト合意した、カロン・バトラーで落ち着きそうとのこと。
正直ファイナル以外でダニーと対戦したくはないので助かります。

SASかLACが契約するのではと言われているようです。
これはまた決まり次第書きたいと思います。

Game56 vsレイカーズ【NBA_Pacers】

2014年02月26日 12:11

今日はLAレイカーズと対戦。ニック・ヤングが今日明日の試合に欠場でしたが、
新加入のケント・ベイズモアが活き活きとプレイしていました。

リバウンドを支配し、ウエストがウェスリー・ジョンソンを
ファウルトラブルにさせ、前の試合0点に終わったヒルがアグレッシブに攻め
23-30と好調なスタートを切りました。

エバン・ターナー初登場には会場から大声援が送られ、無事に歓迎されました。
第2Qは突き放す事ができず、1点差にまで詰められますが、最後はポールが
FTを2本決めてなんとか3点リード前半終了。

FG%が44.9%と41.4%で負けましたが、リバウンドを21-36で終われたのが
幸いしました。

第3Qには不調だったポールが4/7で12点を獲得し、出場した8人が
バランス良く得点し、このQを16-34で締め、突き放します。

第4Qはランス以外のスターターはお休みし、セカンドユニットも十分機能。
ラボイ・アレンも初出場を果たし、バトラーはステップバック3PTを決めました。

LAL 98 - 118 IND 18165
 ポール 28min 20pts(6/18) 7reb 6ast
 ヒバート 24min 10pts(5/10) 6reb 4blk
 ランス 32min 13pts(6/12) 9reb 3ast
 ヒル 24min 14pts(6/9) 3reb 3ast
  ターナー 26min 13pts(6/12) 6reb
 この他、ウエスト、ワトソンも二桁得点でマヒンミとスコラが9点、
 最近マヒンミが調子を上げている印象です。
 最終的にリバウンドも42-62と圧倒し、気持ちの良い試合を観ることができました。

ターナーに関しては結構個人技で取る部分が目立ちましたが、
ランスと共に苦しい時間帯を突破できるプレイヤーになってくれたら
良いかもしれませんね。早めに試合が決まった関係もありますが、
第2Qにポールが長く休めたのも良かったと思います。
ワトソン、ランス、ターナー、スコラ、マヒンミという時間が
安定してくれたらプレイオフまで酷使することなく進めるかもしれません。
ベンチでバトラーがターナーに良く話しかけていましたが、こういうベテランの
目に見えない働きというのも大きいかもしれません。

今日のインタビューですが、マヒンミでした。
ヒルとランスによるいたずらは日に日にエスカレートし、遂に水をかけるまでに
なりました。こうやって笑顔が出ているというのは良い兆候でしょうかね。
近いうちにターナーに対するいたずらを見てみたいです。
LAL-IND.jpg

今更ながらトレードデッドラインまとめ【NBA】

2014年02月24日 12:36

先週トレードデッドラインを経過し、トレード後のバイアウトも進んでいますが、
まったくチェックできていないので個人的にメモ。
指名権の部分があやふやです。

ネッツ-キングス間
 BKN獲得 マーカス・ソーントン
 SAC獲得 ジェイソン・テリー、レジー・エバンス
  →テリーは膝のリハビリで残りのシーズン全休予定

ウォーリアーズ-レイカーズ間
 GSW獲得 スティーブ・ブレイク
 LAL獲得 ケント・ベイズモア、マーション・ブルックス

ウィザーズ-シクサーズ-ナゲッツ間
 WAS獲得 アンドレ・ミラー、14年プロテクト付2巡目指名権(from PHI)
 PHI獲得 エリック・メイナー
      15年2巡目指名権(from WAS)、将来の2巡目指名権(from DEN)
 DEN獲得 ヤン・ヴェセリー

スパーズ-ラプターズ間
 SAS獲得 オースティン・デイ
 TOR獲得 ナンド・デ・コロ

シクサーズ-ペイサーズ間
 PHI獲得 ダニー・グレンジャー、15年2巡目指名権
 IND獲得 エバン・ターナー、ラボイ・アレン

シクサーズ-クリッパーズ間
 PHI獲得 バイロン・マレンズ、18年2巡目指名権
 LAC獲得 14年2巡目指名権

バックス-ボブキャッツ間
 MIL獲得 ロマン・セッションズ、ジェフ・エイドリアン
 CHA獲得 ゲイリー・ニール、ルーク・リドナー

ヒート-キングス間
 MIA獲得 15年2巡目指名権
 SAC獲得 ロジャー・メイソンJr

キャバリアーズ-シクサーズ間
 CLE獲得 スペンサー・ホーズ
 PHI獲得 アール・クラーク、ヘンリー・シムズ、2つの2巡目指名権
  →クラークをウェイブ

ホークス-クリッパーズ間
 ATL獲得 アントワン・ジェイミソン
  →ジェイミソンをウェイブ
 LAC獲得 Cenk Akyol の交渉権

ナゲッツ-ロケッツ間
 DEN獲得 アーロン・ブルックス
 HOU獲得 ジョーダン・ハミルトン

その他
 ORL グレン・デイビス バイアウト合意
 GSW ヒルトン・アームストロング 10日間契約
 BKN ジェイソン・コリンズと契約へ
 NYK メッタ・ワールドピース、ベイノ・ウードリーをバイアウトへ
 ATL ジャレド・カニンハムをウェイブ
 ATL カルティエ・マーティンとシーズン契約
 ATL デクスター・ピットマンと10日間契約
 CLE Arinze Onuaku と10日間契約
 IND オーランド・ジョンソンをウェイブ

Game55 @バックス【NBA_Pacers】

2014年02月23日 13:17

久しぶりに観戦できたミルウォーキー・バックス戦。
トレードで加入したエバン・ターナーとラボイ・アレンは
インアクティブ。アンドリュー・バイナムも相変わらずスーツ姿でした。

出だしから好調で最大22点のリードを奪いましたが、
結局は終盤まで接戦となったこの試合。
スターター内5人の好不調がくっきりと現れました。

ポール 32pts(10/18) 5reb 3ast
ウエスト 30pts(11/16) 7reb 5ast
ランス 24pts(7/13) 9reb 8ast

ヒバート 4pts(1/9) 6reb 3blk
ヒル 0pt(0/3) 1ast

マヒンミのビッグブロックや、バトラーの8ptsなどの援助がありましたが、
ヒバートとヒルがもう少し頑張ってくれたら終盤まで競わずに済んだかもしれません。
スコラもシュートが落ち込み気味で、パスの判断が悪くTOする場面もありました。
こちらのファストブレイク時のミスは響きますね。

何はともあれ大きなトレード後に初戦を勝てたのは良かったです。
次はホームでのLAL戦。おそらくターナーの初陣となるでしょう。
ファンも受け入れて大きな声援を送ってあげてもらいたいです。
バードが優勝するためにラストピースと信じたET。
来季以降の契約を気にするよりも優勝の為に頑張って欲しいです。

ラリー・バードの本気【NBA_Pacers】

2014年02月22日 01:05

直近2試合だけでなく、トレードデッドラインもほとんど
情報をほとんど追えず、オリンピックの真央ちゃんの演技も見れない状況にいましたが
遂に動いてしまいましたね。

まずはオーランド・ジョンソンのカット。
これは本人のお別れツイートとC.J.マイルズのツイートで気付いたのですが、
トレードに含まれていると思ったらただのカットでした。

そしてついに起こってしまったダニー・グレンジャーのトレード。
相手はシクサーズのエバン・ターナー+ラボイ・アレン。
正式にはダニー+15年の2巡目指名権とのトレードとなります。

デッドラインの30分を切った後、1巡目指名権を希望していた
シクサーズ側が2巡目指名権を受け入れて成立したんだとか。

自分は見ていませんが、ダニーのペイサーズとしての最後のプレイは
MIN戦の18分となりました。

アレンについてはどこまで戦力として考えているか分かりませんが、
エバン・ターナーを獲得したバード。2010年ドラフトの2位指名で
今シーズンチームベストの17.4ptsを取り、ポール、ランスと共に
2010トリオを結成となりました。

ターナーはこの夏に制限付きFAとなります。
ランスの再契約が失敗した場合にはターナー確保へ動く事となるかもしれません。
そういった意味ではラストチャンスと言える今シーズンが終わっても
プレイオフは狙えるチームを残す事が可能なのかもしれません。
あとは金額的にポールとヒバートがどこまでチームを引っ張る事が
できるかにかかってきます。
特にポールは最大限のMAXオファーなので、それこそレブロンや
デュラント並の活躍を今後5年間で見せる事を期待されています。
彼らの様に自分の力でチームを勝たせる事ができるのであれば、
またチャンスは巡ってくると思います。

シーズンが始まる前にスコラ獲得の為に1巡目指名権を放出し、
今回、フランチャイズプレイヤーと更なる2巡目の指名権を出して
今年に賭けたと見えるペイサーズ。

ダニーを出した事に関しては賛否両論はもちろんあると思います。
自分の中でも様々な感情がありますが、ここまでチームを作り上げて来た
バードがこれが優勝のために必要な代償であると考えてのことだと思います。

ヒバートはこの件に関してはコメントできないとツイートし、
ポールも良き兄貴分がいなくなった事は本当に辛いとコメントしていましたね。

本当に大きな動きです。
ターナーには変なプレッシャーがかかってしまうかもしれませんが、
優勝する為に必要だとバードに信頼されたのは事実。
ファンも受け入れるでしょう。ここでバラバラになる訳にはいきません。

チームの低迷期を支え、ようやく強豪と呼ばれるようになった時には
怪我で離脱、そして本格的に優勝を狙えるチームになって、最大のチャンスという時に
チームからいなくなってしまうダニーの事を考えると何も言えません。

優勝した時にダニーがいないというのを想像するのは辛いですが、
ペイサーズファンとしてはやはりチームに優勝してもらいたいのも事実。

バードも色んな批判を覚悟しての一手だと思います。
控えにターナー、スコラ、マヒンミとは何とも豪華な顔ぶれではないですか。
ここに本気で取り組むバイナムを加えたい所です。

やはり文章がまとまりませんね。
この件に関してはコメントへの返信はできそうにないので
それでもよろしければお残し下さい。

Thanks DG!
GO PACERS!
[ラリー・バードの本気【NBA_Pacers】]の続きを読む

オールスター2014【NBA】

2014年02月17日 14:29

あっという間に終わってしまったNBAオールスター2014。
ルーキーチャレンジもサタデーナイトも本腰を入れてみることは
出来ませんでしたが、ダンクコンテストは出先からiPhoneで確認しました。

全体的にイマイチなイベントでしたが、ポールは失敗の後に
360レッグスルーを成功させていたので良かったです。チームも勝ちましたしね。
ダンク的には申し分ないのですが、ビンス・カーターと比べられてしまったり、
背丈の有利が有る分、どうしても迫力に欠けてしまうのが残念です。

シャクレモア→ウォールは良かったですね。
シャックですら噛ませ犬となってしまったウォールのダンクは
素晴らしかったです。

そして今日の本戦、MVPを狙って欲しかったですが、
どうも調子が上がらず。終盤に3本のFT貰って勝利には貢献できたかもしれません。
ヒバートもそれなりに成績は残しましたしね。

昨年、スポルストラがポールのプレイタイムを伸ばしたように、
今年はボーゲルが終盤のディフェンスの布陣にノアを入れました。
ヒバートという手もあったと思いますが、結果的にレブロンとノアの
コンビネーションがあったり、良い流れが生まれました。
采配の勝利と言ってあげてもよいかもしれません。

それにしてもメロとアービングは素晴らしかったですね。
あまりしっかり見ていませんが、アービングのMVPは喜ばしいです。

EAST 163 - 155 WEST 14727

明日から少し電波の利用をしにくい場所に行くので
ATL戦とMIN戦は特に書かない予定です。


New