オールスター2014【NBA】

2014年02月17日 14:29

あっという間に終わってしまったNBAオールスター2014。
ルーキーチャレンジもサタデーナイトも本腰を入れてみることは
出来ませんでしたが、ダンクコンテストは出先からiPhoneで確認しました。

全体的にイマイチなイベントでしたが、ポールは失敗の後に
360レッグスルーを成功させていたので良かったです。チームも勝ちましたしね。
ダンク的には申し分ないのですが、ビンス・カーターと比べられてしまったり、
背丈の有利が有る分、どうしても迫力に欠けてしまうのが残念です。

シャクレモア→ウォールは良かったですね。
シャックですら噛ませ犬となってしまったウォールのダンクは
素晴らしかったです。

そして今日の本戦、MVPを狙って欲しかったですが、
どうも調子が上がらず。終盤に3本のFT貰って勝利には貢献できたかもしれません。
ヒバートもそれなりに成績は残しましたしね。

昨年、スポルストラがポールのプレイタイムを伸ばしたように、
今年はボーゲルが終盤のディフェンスの布陣にノアを入れました。
ヒバートという手もあったと思いますが、結果的にレブロンとノアの
コンビネーションがあったり、良い流れが生まれました。
采配の勝利と言ってあげてもよいかもしれません。

それにしてもメロとアービングは素晴らしかったですね。
あまりしっかり見ていませんが、アービングのMVPは喜ばしいです。

EAST 163 - 155 WEST 14727

明日から少し電波の利用をしにくい場所に行くので
ATL戦とMIN戦は特に書かない予定です。


New