Game66 @ピストンズ【NBA_Pacers】

2014年03月16日 23:59

連戦二日目は休養たっぷりのデトロイト・ピストンズ。
前回ホームで痛い敗戦を喫した相手です。

立ち上がりこそ互角に戦っていましたが、ペイサーズはポールとヒバートしか
点が取れず、第1Qを20-29で終えました。今日も失点が多めでしたね。

第2Qはなんとバイナム中心のオフェンスとなり、それなりに点は決めますが、
DETはジェニングス、シングラーが3PTを決め、ディフェンスが崩壊し、
点差が開いていきます。INDのバイナム中心のオフェンスは変わらず、
前半でチームハイの11ポイントを取りました。打ち過ぎな部分はありましたが、
他に打開できなかったのはチームの課題でしょうね。

ビラヌエバに3PT、更にスタッキーにレイアップを決められ、
ヒバートのTOからジェレブコのプットバックダンクが流れで決まり、
この試合最大の25点差をつけられてしまいました。
最後はウエストのFTとポールがジャンパーを決めて
何とか41-60で前半を終えました。

連戦とは言え、前回もやられた相手に頭の痛くなる試合でしたが、
第3Q、ポールが3ポイントプレイを決めると、ランスの3PT、
ポールのレイアップと連続得点で49-60とします。

この試合、ワトソンはハムストリング負傷で欠場、スローンも個人的理由で
チームを離れていて、バックアップPGがいない状態でしたが、
ヒルが4ファウルでベンチへ。INDはファウルがかさみ、57-72と
また離されましたが、バトラーの3PTや、ターナー、ポールのFTで追い上げ、
最後はポールの3PTで73-79と13点詰めて終えました。

第4Q、ターナーが自らのミスをティップインで決め、
バイナムのシュートをスコラが弾いてまたバイナムがキャッチし、
そのままジャンプシュートを打つとこれが決まり2点差。
なかなか追いつけませんが、バイナムはリバウンドに良く絡み、
何とか食らいつきます。相手のウィル・バイナムにも点を決められますが、
ターナーがレイアップを決め、スコラのジャンプショットで遂に83-83。
25点ビハインドを追いつきました。

ここでジョシュ・スミスにあっさりとレイアップを決められますが、
ターナーが切り込んで冷静に3ポイントプレイを決め、86-85と逆転。
しかしモンローの華麗なレイアップが決まり、またDETリードへ変わります。

残り5分辺りでターナーがサイドからの3PTを決めて91-89としますが、
ここでまたジョスミの3PTが当たり、1点ビハインド。
更にモンローに決められ、ヒルの3PTがミスした際にヒバートがルーズボールファウル。
なかなか追いつけないでいると、残り1分43秒、ランスが3PTを決めて
96-96とします。実はここ直前のパスの際にポールの足が外に出ていたんですよね。
ジョスミはここでも軽々とレイアップを決め、2点ビハインド。
INDはATL時代から彼が苦手ですね。

ヒバートがFTをもらい、これを2本決めて同点、さらにモンリーの
シュートをブロックし、INDポゼッションへ。
ヒバートがゴール正面からシュートを放ち、これを決めて100-98、残り30秒。
DETはさほど時間もかけず、ここもジョスミのレイアップで同点へ。
残り22秒でINDボールとなりました。

結果的にポールがエルボー辺りからジャンパーを打ったのですがミス。
なんかスクリーンもかからずに微妙なセットでしたね。
時間の使い切りにも失敗し、最後危うくジェニングスのロングシュートを
決められそうになりました。
[Game66 @ピストンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New