2nd Round @ウィザーズ Game3【NBA_Pacers】

2014年05月10日 23:59

ゲーム3の立ち上がりはお互いにラン合戦でしたが、
WASは外してもアリーザがオフェンスリバウンドを取り、
セカンドチャンスをものにしてきました。点差をつけられても
17-17で第1Qを終え、最大7点ビハインドになりましたが、第2Qも
34-33というロースコアで終了。

両方のディフェンスが素晴らしいという訳ではなく、オフェンスが
酷かったという印象です。

第3Q9分29秒、ウォールからビールへのアリウープが炸裂した後、
ペイサーズのターンとなりました。ヒルが3PTを決めてすぐさま39-37と
逆転すると、ポールも3PTを決め、ランス、ウエスト、ヒバートも得点し48-37。
WASはTOにシュートミス、FTミスで得点が伸びず、INDがリードを広げ、60-45で終了。

最大22点のリードも第4Q残り5分には12点差まで詰められますが、
ウエストのミドルで点を決めると、WASは2連続TOで残り3分半にポールが
3PTを決めて75-58。ここで試合が決まった感じがありました。

WASは更に2連続TO、シュートも決まらないでいると、ヒルが3PTを決めて20点差。
最後はスコラがスタッツ荒稼ぎで終了となりました。

INDが抑え切ったという場面もありましたが、基本的にWASが不調だった
だけのようなするので、次も気を抜かずに頑張ってもらいたいです。
ディフェンスに関してはある程度スイッチ気味にする場面も多かったですかね。

何度か綺麗に連携を決められてイージーバスケットを許しましたが、
自分達のTOが9で済んだのが良かったです。

ヒバートも自信を取り戻したのか、難しいレイアップを決めたり、
ポジション争いでファウルを貰ったりする場面もありました。

チーム的にもファストブレイクの選択肢が良くなった印象です。
一人が無理に突っ込む事が減った様な気がします。
今日もランスがそれでサーカスカウントショットを決めましたし、
前の試合でもランスtoヒバートのナイスパスがありました。
見ていて気持ちの良い瞬間ですね。

IND 85 - 63 WAS 20356

久しぶりに見た気がするパチンガシン
INDWASG3.png


New