13-14シーズン感想【NBA_Pacers】

2014年06月06日 14:43

NBAファイナルが始まりましたが、ペイサーズの13-14シーズンを
振り返ってみたいと思います。評価という形は難しいので
思ったことをつらつらと書いていきます。

今シーズンの主なトピックは
 ・開幕9連勝
 ・ランスのミスタートリプルダブル化
 ・ポール、ヒバートがオールスター選出
 ・ダニー放出
 ・イースタンカンファレンス1位シード獲得(むなしい)

ダニー放出については結果論になってしまいますが、
トレードの成果を考えれば失敗、というか無意味でした。
これは表現するのが非常に難しいのですが、
プレイ面のみの判断
 ダニーがあのままいてもオフェンス面で助けになったとも思えず。
 ストレッチ5等へのディフェンス面での効果はあったかと思います。
 ターナーがここまで合わないとは予想できませんでしたし、
 あそこで動いたフロントを攻める気はしません。
精神面の判断
 実際にダニーがいなくなったことのショックがどれだけチームに
 影響を与えたのかは分かりません。あんなに負けが続くほどのショックだったのか、
 それもトレードやバイナム補強など、様々な要因が絡んでくるので
 ダニーがいなくなった事だけで判断するのが難しいです。

 精神的支柱を失った、とも言われますが、そんな重要人物を
 なぜフロントが出したのか、が問われます。
 ダニーは目に見えて分かるリーダーシップを執るタイプではなかったですし、
 いなくなってその存在に気付かされる、という事なのかもしれません。
 それに気付けなかったフロント、そしてダニーがもしインディアナで
 プレイを続けたいと思っていたとしたら、それをアピールできなかった
 ダニーにも責任(?)があったのかもしれません。言葉が難しいですが。

 今のチームが出来上がるまで、インディアナはリーダー不在と言われていました。
 フランチャイズプレイヤーと言われたダニーもチームをまとめたり
 鼓舞したりするリーダーにはなりきれていませんでした。
 ここが残念な部分ですね。自信の怪我でポールやウエスト中心の
 チームとなりましたが、それをフロントにも分かるような力で
 まとめていってもらいたかったです。
 それが出来なかったので、バードもトレードに踏み切ったのだと思います。
 
 結果的にトレードが失敗だったのは明白ですが、
 トレード自体を100%批判できないのはこんな印象があったからでした。

思ったより長くなりそうなのでプレイヤーに対する感想は
適当に短くしておきます。
[13-14シーズン感想【NBA_Pacers】]の続きを読む

ポール・ジョージが3rdチーム選出でローズルール適用へ【NBA_Pacers】

2014年06月05日 10:35

ポールがオールNBA3rdチームに選出され、ローズルールの適用条件をクリア。
サラリーキャップの30%をサラリーとして受け取る権利を得ましたが、
彼は27%でいいよという契約を済ませていたようです。

ポール目線では来季、15.8Mのサラリーを受け取るはずで1年で1.75Mを
損する事になり、5年で約11Mもの大金を諦めた事になります。
これはチームにとってはかなり助かる契約となっていますね。

これをまとめた御三家(バード、KP、ウォルシュ)はお見事ですし、
ポールも若いのに素晴らしいです。
この浮いたお金がランス再契約へ少しでも助けになればいいですね。
そうでなくても補強に回せますし、まさにこれからのINDを背負っていく男の決断。
泣かせます。
---
そしてランス。
エージェントはINDとの契約を試みているとのこと。
"I wanna come back," "I love Indiana."
と、まぁオフにはよく聞く言葉ではありますが、バードも会見で
"I always want him back. You just don't let talent like that walk away if you can help it."
とコメントしており、最終的には価格の問題となりますね。

非常に難しい問題です。タックス払ってランスを残留させるなら
今年の制限内でのトレードなどが無駄に感じてしまいますしね。
オフの動きが楽しみです。

13-14シーズン各賞受賞者【NBA】

2014年06月05日 10:09

2013-14シーズンの各賞の受賞者のメモ

Defensive Player of the Year
 CHI ジョアキム・ノア  Media Voting Results

Coach of the Year
 SAS グレッグ・ポポビッチ  Media Voting Results

Most Improved Player
 PHX ゴラン・ドラギッチ  Media Voting Results

Rookie of the Year
 PHI マイケル・カーター-ウィリアムズ voting results

MVP
 OKC ケビン・デュラント voting results

Sixth Man Award
 LAC ジャマール・クロフォード voting results

2013-14 All-Rookie Team  First Team
  PHI マイケル・カーター-ウィリアムズ
  ORL ビクター・オラディポ
  UTA トレイ・バーク
  BKN メイソン・プラムリー
  NYK ティム・ハーダウェーJr

 Second Team
  BOS ケリー・オリニク
  MIL ギニアス・アンテトコウンポ
  MIN ゴーギー・ジェン
  CHA コーディ・ゼラー
  OKC スティーブン・アダムス

2014 All-Defensive Team
 First Team
  CHI ジョアキム・ノア
  IND ポール・ジョージ
  LAC クリス・ポール
  OKC サージ・イバカ
  GSW アンドレ・イグオダラ

 Second Team
  MIA レブロン・ジェームズ
  HOU パトリック・ビバリー
  CHI ジミー・バトラー
  SAS カワイ・レナード
  IND ロイ・ヒバート

2013-14 All-NBA Team
 First Team
  OKC ケビン・デュラント
  MIA レブロン・ジェームズ
  CHI ジョアキム・ノア
  HOU ジェームズ・ハーデン
  LAC クリス・ポール
 Second Team
  LAC ブレイク・グリフィン
  MIN ケビン・ラブ
  HOU ドワイト・ハワード
  GSW ステフ・カリー
  SAS トニー・パーカー
 Third Team
  IND ポール・ジョージ
  POR ラマーカス・オルドリッジ
  CHA アル・ジェファーソン
  PHX ゴラン・ドラギッチ
  POR デイミアン・リラード

来シーズンのロスターとサラリー【NBA_Pacers】

2014年06月04日 11:34

今年と来年のロスターとサラリー
INDサラリー
色合いにセンスのかけらも感じませんが、即席です。
層の厚さとサラリーが今年は本当にうまくいってました。

しかし、来季はターナーとスローンを抜いた9人で65.7Mとなっています。
今年は15人で67Mだったのでいかに余裕がないかが分かります。

トレードの駒として使いやすいのはスコラでしょうかね。
個人的には手放したくないですが、15-16シーズン以降に
再契約を望めない選手はどんどん出しても構わないと思います。
彼ほどの選手を4.5Mで補強できるのは、魅力ですよね。
来年に賭けるチームはいかがでしょうか。

ボーゲル続投という事でコープランドも今のまま飼い殺しにするのであれば
トレードした方が両者の為かもしれません。もっと使って欲しいですが、
どうも起用法に難がありました。あんな適当な扱いされても
出た時に仕事するという素晴らしいプレイヤーですし、地元ファンからの
声援も熱い彼。出番が増えるのであればもちろんキープです。

PGのグレードアップは必須ですが、若いビッグマンが欲しいですね。
元ペンディやプラムリーは適任だと思いましたが、
ここにはハッスル系のプレイヤーがいいですね。

そしてヒバートとウエストがPOを行使せずに今よりも安値で
再契約(可能でしたっけ?)でFA補強で優勝争い戦線に復帰という寸法です。
妄想だけなら簡単でいいですねぇ...

ターナーはトレードできるなら放出でしょうかね。
どこからもオファーがこなくても8.7Mと結構痛いので
フロントとしても出したがるのではないでしょうか。
指名権と取り替えられたらラッキーです。

ポールとヒバートがオールNBAディフェンシブチームに選出【NBA_Pacers】

2014年06月03日 06:14

オールNBAディフェンシブチームにペイサーズから二人が選出されました。

ポールが1stチーム、ヒバートが2ndチームです。
1位はDPOYのノアで、ポールはなんと全体2位の投票での選出。
1位票65の161ポイントでした。

ヒバートは15の1位票をもらい、計76ポイント。

二人ともお見事でした。おめでとう!
選出されるとは思っていましたが、まさかポールが1stチームに
入るとは驚きでした。

Top defender Noah highlights 2014 All-Defensive Team

オフシーズン突入【NBA_Pacers】

2014年06月02日 12:40

・試合が終わった翌日、コープランドとワトソンはインディアナで行われた
 WNBA インディアナ・フィーバーの試合会場にいた様子。
 こういう地元繋がりを大切にするのは素晴らしいですね。
 ランスとバトラーもいたそうです。

・来季もフランク・ボーゲル続投の様子

・ヒバートのトレードの可能性あり

・ランス試合後にInstagramに投稿
 レブロンとヒートに最大の敬意を払っている。素晴らしいシリーズだったし
 彼らは勝ちに値する。
 ここに来るまで死にものぐるいで頑張って来た、チームメイトを本当に
 誇りに思う。経験し、学ぶことで毎年向上してきた。
 Pacer nationみんなを愛しているし、ファンにもお礼を言いたい。

 なお、試合後のインタビューでは似たような事を言っていますが、
 「みんな傷付いている。ここに来るまで本当に一生懸命やってきた。
  しかしここに来て負けを続けてしまった。出来ることなら
  この舞台にみんなと戻って来たい。」
 うまい訳し方が見つかりませんが、
 "Hopefully we can get back here and show we belong here."が原文です。


New