13-14シーズン感想【NBA_Pacers】

2014年06月06日 14:43

NBAファイナルが始まりましたが、ペイサーズの13-14シーズンを
振り返ってみたいと思います。評価という形は難しいので
思ったことをつらつらと書いていきます。

今シーズンの主なトピックは
 ・開幕9連勝
 ・ランスのミスタートリプルダブル化
 ・ポール、ヒバートがオールスター選出
 ・ダニー放出
 ・イースタンカンファレンス1位シード獲得(むなしい)

ダニー放出については結果論になってしまいますが、
トレードの成果を考えれば失敗、というか無意味でした。
これは表現するのが非常に難しいのですが、
プレイ面のみの判断
 ダニーがあのままいてもオフェンス面で助けになったとも思えず。
 ストレッチ5等へのディフェンス面での効果はあったかと思います。
 ターナーがここまで合わないとは予想できませんでしたし、
 あそこで動いたフロントを攻める気はしません。
精神面の判断
 実際にダニーがいなくなったことのショックがどれだけチームに
 影響を与えたのかは分かりません。あんなに負けが続くほどのショックだったのか、
 それもトレードやバイナム補強など、様々な要因が絡んでくるので
 ダニーがいなくなった事だけで判断するのが難しいです。

 精神的支柱を失った、とも言われますが、そんな重要人物を
 なぜフロントが出したのか、が問われます。
 ダニーは目に見えて分かるリーダーシップを執るタイプではなかったですし、
 いなくなってその存在に気付かされる、という事なのかもしれません。
 それに気付けなかったフロント、そしてダニーがもしインディアナで
 プレイを続けたいと思っていたとしたら、それをアピールできなかった
 ダニーにも責任(?)があったのかもしれません。言葉が難しいですが。

 今のチームが出来上がるまで、インディアナはリーダー不在と言われていました。
 フランチャイズプレイヤーと言われたダニーもチームをまとめたり
 鼓舞したりするリーダーにはなりきれていませんでした。
 ここが残念な部分ですね。自信の怪我でポールやウエスト中心の
 チームとなりましたが、それをフロントにも分かるような力で
 まとめていってもらいたかったです。
 それが出来なかったので、バードもトレードに踏み切ったのだと思います。
 
 結果的にトレードが失敗だったのは明白ですが、
 トレード自体を100%批判できないのはこんな印象があったからでした。

思ったより長くなりそうなのでプレイヤーに対する感想は
適当に短くしておきます。
[13-14シーズン感想【NBA_Pacers】]の続きを読む


New