13-14シーズン終幕【NBA】

2014年06月17日 09:58

試合の映像はほぼ見ていませんがSAS-MIAのファイナルが
終わってしまいましたね。終わってみればSASの圧勝。
最終戦はレナードが食いつき、ダンカン、ジノビリ、ミルズと
次々に異なるプレイヤーが活躍し、FGが入らなかったパーカーも
気付けば二桁越えと、層の厚さを感じると共に素晴らしいチームでありました。

他の方も既に書いていると思いますが、SASの物語が綺麗すぎて
「ズルい」としか言えませんでした(笑)

提督デイビッド・ロビンソンから受け継いだエースの座を
カワイ・レナードへ引き継ぎながら優勝。レナードは
ダンカン、パーカー、ジノビリという偉大な先輩を持ちつつ、
偉大なコーチポポビッチに指導を受けるという素晴らしい環境で
その才能を伸ばし、ファイナルMVPを受賞。

元無表情男ダンカンが笑顔で提督に飛びついた所、
現無表情男のレナードが優勝して笑顔を見せた所。
ドラマがありすぎでファンじゃないのに笑顔で見てしまいました。
SASファンだったら泣いてますよこれ。

過去に戻れるのであれば自分に「スパーズファンになっておけ」と
言いたいです。

昨年のダンカンの床叩きも含め、素晴らしい優勝でした。
おめでとうございます。
NBAファンとしてはポポビッチとダンカンにはまだ続けて欲しいですが、
INDを陰ながら応援する身としては今年で勇退していただきたかったです。


New