Game6 @セルティックス、Game7 vsウィザーズ【NBA_Pacers】

2014年11月09日 23:10

短縮版です。
両試合とも良い所までは行きましたが、決定打を決められずに敗戦。
肝心な所でのTOはそれまでの流れが一気に切れてしまって残念です。

が、ヒバートまでもが怪我で途中退場してしまった、WAS戦、
20点ビハインドを3点まで持って行けたのは単純に見ていて楽しかったです。
特にソロモン・ヒル、化ける可能性0ではありませんね。

また、ヒバートが退場したことで、NBAデビューとなった
シェイン・ウィッティントン。8分の出場ながらも、初得点、リバウンド、アシストを
記録しました。

IND 98 - 101 BOS 17122
WAS 97 - 90 IND 17302

当分手抜き更新が続きます。試合も全部見られるか分かりませんし、
コメントも返信できないと思いますのであらかじめご了承ください。

A.J.プライスと契約【NBA_Pacers】

2014年11月07日 12:35

ダンテ・ジョーンズ、ジェフ・ペンダーグラフ(当時)、オーランド・ジョンソンと
ベンチでの応援団が全て去ってしまった今ですが、A.J.プライスが
WAS,CLEを経てまたインディアナに戻って来ることになりました。

ヒルとワトソンが怪我で離脱、更にスタッキーも怪我で離脱で
PGがスローン一人となり、ソロモンが代わりのバックアップを勤めるという
非常事態に陥っていましたが、ここでなんとかPGを追加できました。

当初はゲル・メケルを希望していたようですが、ビザの問題で
すんなりいかなかったようで、時間をかけられないINDは
先日CLEをカットされていたプライスと契約。

Pacers Sign A.J. Price

現在15人のロスターを抱えるINDですが、hardship exception により
16人目ですが登録できるそうです。

ハードシップとはチームに怪我や病気で、少なくとも3試合、更にそれ以上の
欠場が見込まれる場合に発生するもののようです。なのでホークス戦の後には
この条件を満たしていたそうです。
 ポール・ジョージ 復帰時期未定
 ジョージ・ヒル 開幕3週間欠場
 C.J.ワトソン 開幕2週間欠場
 デイビッド・ウエスト 開幕5試合、更に1週間欠場

ここに加えてスタッキーもですね。
一時的な非保証契約との事なので、怪我人が戻ってきたら
チームを離れなければならないのだと思います。

プライスにとっては楽観視できる状況ではありませんが、
何とかチームを救って貰いたいです。

Pacers sign A.J. Price with hardship exception
How the Indiana Pacers could use the NBA's hardship exception

Donald Sloan is up - Game5 @ウィザーズ【NBA_Pacers】

2014年11月06日 13:15

一応プレイオフカードではありますが、ペイサーズのスターターが
4人変わっている為、リベンジマッチという雰囲気はあまり感じませんでした。

この試合からスタッキーもアウトとなり、スローンのみがPGとなりました。
しかもESPNの全国放送です。スローンがスターターとは誰が想像したでしょうか。

途中までいいゲームをして中盤から崩れていく、毎度お馴染みの展開でしたが、
今日は要所要所でCopeとスローンが決めて最後まで追いすがり、スローンの
連続得点でなんとオーバータイムまでもつれ込みました。

最後もチャンスはありましたが、単純なオフェンスだったりTOだったりと
決めきれず。

しかしドナルド・スローンがここまでやってくれるとは。
FG10/21で31pts、6reb、7astとチームを牽引してくれました。

本来引っ張らなければいけないヒバート、大学時代に過ごしたこの地は
割と得意にしているイメージがありましたが、今日は9reb、5blkは良いとしても
FG.0/7でFTによる2点のみ。

しかも最後のショットはヒバートの3PTという訳の分からないオフェンスと
なってしまいました。彼がここまでオフェンスで貢献できなくても
プレイオフチームのWASと渡り合えたのは良い事かもしれませんが、
どうせここまでやるなら勝って欲しいですね。

移動付の連戦は厳しかったかもしれませんが次に期待です。

IND 94 - 96 WAS 15268

Ace Copeland - Game4 vsバックス【NBA_Pacers】

2014年11月05日 23:59

バックス戦をざっくりと。

Good
ヒバートが攻守ともに好調
Copeの無双タイムが訪れた
ソロモンも出来るところを見せてくれた

Bad
7-0スタート後にあっさり抜かれて主導権を手放した
第3Q開始の大崩れ
TOからの失点多すぎ
相手のTOを得点に繋げられず
前の試合同様、最後の決定打を簡単に抜かれてナイトに決められるD

この試合の後、というか翌日の朝、
スタッキーが負傷で3試合は欠場とみられています。

そして元ダラスのメケルと契約したとかしないとか。

Pacers in Philips Arena - Game3 @ホークス【NBA_Pacers】

2014年11月02日 23:59

苦手な相手、苦手な場所、これは当分続く様です。
主力を欠く状態で善戦はしましたが、一歩及ばず。

途中でスタッキーが怪我で去り、PGがスローンのみとなった
事を考えればよく頑張ってくれましたし、絶望感を覚えるほどの
点差は付きませんでした。

ホーフォードが復帰した事で、ヒバートは少しやりやすかったかもしれません。
抑えられるかはまた別の話しですが、自身が空気にならなかったのは
良かったです。

相変わらずティーグにはボコボコにされましたが、
Copeの21pts、6reb、4astにスローンの14pts、7rebは
スターター復帰後の大きな助けになるかもしれません。

スローンは試合の最後で単純に攻めていってミスした分と、ティーグへの
ディフェンスが直接の敗因にはなりましたが、連戦2試合目で37分ときつい状態でした。

これ以上怪我人が出ると本当にまずいですね
ポイントガードは本当に危機状態です。

IND 92 - 102 ATL 19118

Welcome Damo! - Game 2 vsグリズリーズ【NBA_Pacers】

2014年11月01日 23:52

インディアナ出身者の多いグリズリーズとの対戦でした。

開始5分でスコラが4TOと絶望的なスタート。チームとしてもTOが多く、
いきなり9点差を付けられますが、マイルズの3PTとラヴォイが第1Q終了
ギリギリでファウルをもらい、FTを2本決めて23-19で終了。

第2Qに入ると、ダムヤン・ルーデス(本人はDamoと呼んでもらいたいらしい)が
3PTを決め、その後スタッキーのジャンパーで逆転。
ルーデスは3本の3PTを決め、ソロモンも1発、ラヴォイからの
アシストを受けてヒバートのダンクで38-51と一気に突き放しました。

しかし第3Q中盤から一気に詰められ、そのまま逆転されていきます。
ここで思い切ったメンバーチェンジをしなかったヴォーゲル。
スタッキーはまだ怪我が影響しているようですが、起用には
今年も悩まされる事があるかもしれません。

試合はそのままほぼ一方的な感じで終わりましたが、Copeは昨年よりも
積極的に攻めていますし、ルーデスのシュートも安定してくれば面白いかもしれません。
取りあえずヒルが戻ってくるまでは我慢ですね。

MEM 97 - 89 IND 14441


New