ホーム最終戦 vs ウィザーズ【NBA_Pacers】

2015年04月15日 15:25

今日のホーム最終戦、ドラマが多すぎてプレイオフかという位疲れました。
出だしからどちらもシュートの入らない試合で、INDは外からも中からも
決めきれない見ているのも辛い内容でした。

前半で今季最低の33点しか取れなかったペイサーズ。
後半は同点に追いついては離され、リードしても追いつかれで
最後リバウンドを取れずに危うく負ける所でしたが、81-81でオーバータイムへ。

OT、時間は進みますが、得点はビールのFT2点のみ。どちらも決まらず。
ここで空気になりがちだったヒバートが光ります。
ルーズボールを追ってポーターからファウルを貰い、ポゼッションを確保。
決められたセットオフェンスではありませんでしたが、
リングから遠い位置で貰ったヒバートのロングシュートが決まり同点。
残り1分を切ってようやくシュートが決まりました。

が、直後にウォールにカウントを取られ、厳しくなるかと思いきや、
FTを外し2点差。タイムアウト後、シュートを放ったのは
ポール・ジョージ。これを見事に決めて85-85の同点。
ここ一番で大きな仕事をしてくれました。

次のWASオフェンスはウエストがうまく止めてINDボール。
ポールが3PTを放ちましたがミス。ダブルオーバータイムへともつれこみます。

幸先良くヒルがジャンパーを決めますが、グッデンにフリーで3PTを
決められます。と思ったらこれが2ポイントで大助かり。

お互いにTOをした後、ようやくマイルズの3PT。
更にスティールからウエストのレイアップで久しぶりの5点リード。

この後タイムアウトを挟んで8秒バイオレーションを取られるなど
あり得ないミスも犯しますが、ヒバートのブロックでなんとか生き残ります。

しかしINDも決めきれず残り1分55秒にビールの3PTで90-92。
ヒルが特に工夫もせずにジャンパーを外しますが、ウォールも
ミスをしてくれて、ウエストの真骨頂ミドルが決まり4点リード。

またしてもウォールに決められますが、ここでドフリーになった
ヒルが3PTを決めて残り28秒で92-97。この後WASオフェンスが
失敗し、試合は決まりました。

苦しくて見苦しい試合でしたが、見返せば見所十分で
ポール復帰から負け無しでチームも6連勝となりました。

ヒルはあと1リバウンドでトリプルダブルだったんですね。

明日移動してグリズリーズと対戦で今シーズンのレギュラーシーズンが
終了します。

INDが勝てばプレイオフ。
INDが負けてもORLがBKNを破ればプレイオフ。

可能性は広がりましたが、やはり自分達が勝って決めたい所。

WAS 95 - 99 IND 18165

で、今シーズンが終わる前にプレイヤーの感想を少しずつ。
[ホーム最終戦 vs ウィザーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New