惜しいんだけど惜しくないキャヴス戦【NBA_Pacers】

2016年02月02日 12:06

今日もマヒンミは欠場。
またしても点差は惜しいけど、内容的には惜しくない敗戦。

マイルズ・ターナーのハイライトプレイが複数あっただけに
勝ちたい試合でしたが、終盤の無策ジャンパーとOTでのTO。
レブロン相手にOTでもいいか、という考えは甘いですね。
第4Qの最後、しっかり決めて終わらせないといけません。
そういう意志を感じないオフェンスセットでした。
そもそもセットでもなく。

ターナーがオフェンスの理解をできていなかったとの事。
説明不足、そしてそのポジションにターナーを送り込んだコーチの
責任でもありますが、こうやって経験していくのかもしれませんね。

ターナー君の勇姿でも眺めて敗戦を忘れるとします。




CLE 111 - 106 IND


New