1stR Game 5 @ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月27日 10:37

色々書きたい事はありますが、その気になったら書くかもしれません。
ポールの奮闘、ソロモンの最後の頑張りもありましたが、
フランク・ヴォーゲルが自ら試合を捨ててしまいました。

IND 99 - 102 TOR

今日取れていれば次のホームは最高に盛り上がったと思いますが、
次も「ケチャップ」が多く紛れ込む会場となるのでしょう。
やってはいけない試合をここ一番でやる、それが今季の
インディアナ・ペイサーズなのでしょう。

15-16シーズン各賞受賞者【NBA】

2016年04月26日 13:25

Defensive Player of the Year
 SAS クワイ・レナード

Most Improved Player
 POR C.J.マッカラム

Sixth Man Award
 LAC ジャマール・クロフォード

Coach of the Year
 GSW スティーヴ・カー

Rookie of the Year
 MIN カール・アンソニー・タウンズ

MVP
 GSW ステフ・カリー

1stR Game 4vsラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月24日 06:53

負けるとかなり厳しい事になる第4戦でしたが、
出だしからパーフェクトとも言って良い展開で、
結果的に一度もリードを奪われる事無く快勝。

チームメイトを信じるといったポール・ジョージの言葉通り、
ヒルとマヒンミが、特にマヒンミが驚きのスーパースターモード。
テンディングぽかったですが、ミスを押し込むダンクに
ディフェンスを振り切ってのダンクと素晴らしかったです。

ヒルもアグレッシブで9/11という高確率。
ディフェンスで締めて相手TOを多く引き出し、
詰められそうにあるシーンはありましたが、10点差の壁を
破らせる事はありませんでした。

ターナーも2/13ではありましたが、ブロックにリバウンド
そしてヴァランチュナスを相手によくがんばりました。

後はやはりソロモンでしょうかね。
2本の3PTと数字には現れない部分のディフェンスだったり
リバウンドへの絡みだったりと、かなりピンチを救ってくれました。

3PTの当たりは今日も来なかったものの、第3Q終了間際の
チップインを決めたC.J.マイルズ。モンテだけは大人しかったですが、
ヒルとマヒンミがこれだけ活躍してくれると無理な話しかもしれません。

朝起きたかいがあったというものです。
あと、スコラありがとう。

TOR 83 - 100 IND

1stR Game 3vsラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月22日 12:09

前半しか見ていないので詳しくは書けませんが、
・せっかくヴァランチュナスを2ファウルに追いやる事ができたのにいかせず
・突っ込んでも、スクリーンで動かれても笛を吹かれない事にイライラ
 相手のディフェンスが良い事も相まってイライラ
 ゴール下で全く点が取れず、イージーバスケットもミス
 →ポール、スタッキーがテクニカル
・デローザン復活

で、後半もやり返せずにやられたという感じでしょうか。
ホームコートアドバンテージもまた相手に移ってしまいました。
もう一回くらいペイサーズが勝つところを見たいです。

TOR 101 - 85 IND

1stR Game 2@ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月19日 11:29

後半を見ていないので詳しく分かりませんが、デローザン以外の
TORの良さが出た試合となったでしょうかね。

前半はヴァランチュナス無双で好き放題やられ、
INDフロントコートは為す術なし。
更にマヒンミもターナーも腰を痛めるという悪循環。

前半はラウリーもデローザンも不調でしたが、
ラウリーはアシストで貢献、そして後半は復活したようです。

TOR圧倒の前半だった感じでしたが、5点差で終わったので
また何かが起こるかもしれないと期待しましたが、
さすがに地力でINDを抑えたようです。

ペイサーズはベンチが大人しく、ポールとモンテ以外の
得点が伸びませんでした。マイルズの3PTが当たってくれれば
もう少し競ることができると思うのですけどね。

一方のラプターズはコーリー・ジョセフが相変わらず素晴らしい。
パトリック・パターソンも厄介ですね。

次から2試合はインディアナでの試合です。

IND 87 - 98 TOR

1stR Game 1@ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月17日 05:24

2016プレイオフの一番最初の試合に組まれたペイサーズvsラプターズ。

前半は両チームのエース達がなかなか酷い出来で、マヒンミが
ファウルトラブルという厳しい展開でしたが、ターナーがブロック量産。
2点ビハインドで済みました。

ハーフタイム中にフィルムを見て修正をしたというポール・ジョージが
第3Qに17点と復活。マヒンミのファウルトラブルは続きましたが
TORもヴァランチュナスがファウルトラブルでした。
エースの復活したINDとは逆にデローザンもラウリーも沈黙したまま。
ベンチから出てくるコーリー・ジョセフの方がやっかいでした。

そして第4Q、ポールのアイソレーションからのポイント、
ターナーへのゴール下へのパスでリードを広げ、
終盤に10点ものリードを奪いました。

こういう展開に弱いINDでしたが、プレイオフの初戦を
取れないTORのジンクスもなかなかのもので、試合はそのまま
INDが勝ちました。

ポールが33ポイント、4リバウンド、6アシストと
文字通りエースの働き。オフェンスでもディフェンスでも
デローザンを制してくれました。
モンテ、ヒル、ターナー、ソロモンが
二桁得点とこの上ないスタートを切れました。

なかでもソロモンのFT10/10はすばらしい。
100%ということよりも10本もFTを打った事、
ヴァランチュナスからファウルを奪えた事は勝因の一つでした。
ターナーも初プレイオフながら10ポイント、5リバウンド、
5ブロックとマヒンミの穴を見事に埋めました。

まさか初戦から26分も出場できるとは。持ってますね。

TORはエース二人がこのままずっと不調ということはないでしょうし、
ヴァランチュナスとビヨンボのインサイドはやはり脅威。

ポール以外にもっと活躍できる選手が出てこなければ
記念の1勝で終わる可能性もあります。
失うものは何もない下位シードでの出場なので
精一杯頑張ってもらいたいです。

IND 100 - 90 TOR
[1stR Game 1@ラプターズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

ファーストラウンドはラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月16日 01:05

対戦相手が決まって数日経ちますが、昨年のが下プレイオフに進出、
その相手は元INDのルイス・スコラのいるトロント・ラプターズとなりました。

終盤こけて危うくプレイオフを逃す事になるかと思いましたが、
怪我人がそこそこ出る中で45勝37敗は頑張った方かもしれません。
もっと取れる試合もあったとは思いますが、怪我から復帰した
ポール・ジョージが最終戦以外に出場というのはものすごく大きな意味が
あると思います。

シーズン序盤はシュートタッチが柔らかくなった印象で、
終盤にはリムにアタックする回数も増えたような気がします。
TOも少なくはないですが、パスの意識も高く、ルーキーの
ターナーにもよくパスを出していました。

そうは言ってもあまり見れていないので細かい評価や
イメージなどは書く事ができませんが、機会があれば全員に触れたいと思います。

日本時間日曜の夜中から始まるIND-TORシリーズの
スケジュールは下記の通りです。

現地時間
GAME 1 @TOR 4/16(土) 12:30PM
GAME 2 @TOR 4/18(月) 7:00PM
GAME 3 @IND 4/21(木) 7:30PM
GAME 4 @IND 4/23(土) 3:00PM
GAME 5 @TOR 4/26(火)
GAME 6 @IND 4/29(金)
GAME 7 @TOR 5/1(日)

マイルズが大当たりだったり、モンテやポールが好調だったら
また別でしょうけど、相手はバックコートも協力でリバウンドも強いので
苦手な点ばかりですね。
初戦を取ってしまえば何かが起こるかもしれませんので、番狂わせを
期待したいです。
 


New