1stR Game vs ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年05月01日 07:29

Win or Go Home.
出だしの空気に飲まれたのはペイサーズでした。
ポールはボールを捌くだけでシュートにいけず。
18-6のランで下手するとこのまま試合が終わるのではないかという
重苦しいスタートでした。

このプレイオフで高額契約のチケットをてにしつつある
ソロモン・ヒルが3PTを決め、マヒンミの8点、そして
Qの最後にポール・ジョージの初得点となるFTを決めて22-20で終了。
ここはよくリカバリーできました。

が、伏兵コーリー・ジョセフに2連続3PTを決められ、
主導権を握られてしまいますが、残り2分を切ってからエリスのカウント、
ポールの3PTで2点差に戻しました。
デローザンのFTで4点ビハインドとなり、最後はTORオフェンスとなりましたが、
ポールがデローザンからスティール。そこからのオフェンスは
失敗しましたが、素晴らしい締め方でした。

そして第3Q。
モンテの3PTにスティールからヒルのレイアップ、
ターナーのブロックの後、ターナーのジャンパーで遂に逆転。
すぐに逆転されますが、ヒルの3PTやFTでリードを広げます。
TORの勢いが止まった様に見えましたが、残り1分49秒には1点差まで
追い上げてきます。

ポールがFTを2本沈め、マヒンミのブロック、キャロルの3PTミスの後、
スタッキーが自信なさげなジャンパーをようやく決めて5点リードへ。
ヒルもFTを沈めて6点連取となりましたが、ここから起こる18-0のランの
始まりに過ぎませんでした。
[1stR Game vs ラプターズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New