アルとジェフ躍動のシクサーズ戦【NBA_Pacers】

2016年11月10日 12:43

ホームでしか勝てないペイサーズはここまで勝ち星なしのシクサーズと対戦。

ポールのシュートは引き続き良い感じで入りますが、
ファウルトラブルであまり出られず。
第2Qで10点ビハインドになったり、第4Q最後に逆転されて
負けそうになったりと相変わらずディフェンスが危うい感じ。

それでもティーグのクラッチ3PTやドライブが見れ、
ジェラルド・ヘンダーソンのスーパークラッチ3で逆転されてからの
ポールのミドルジャンパーなど見応えのある部分もありました。

ヘンダーソンに3を決められるまでの23秒は良いディフェンスをしていましたが、
最後の最後でフリーにしてしまいましたね。惜しかったです。

OTも先制されましたが、ポールの3PTとターナーのプットインアンド1で
主導権を取り戻しました。ターナーのポイントはティーグのドライブ
あってこその結果でしたね。
ディフェンスも最初からやってくれと思うほど良くなりましたが、
PHIが勝手に崩れただけかもしれません。

ティーグ 40min 30pts 9ast
ポール 31min 28pts 8reb 3ast
ターナー 32min 15pts 9reb 3blk

ベンチからCJが12点、そしてアルジェファが9/12で18pts、6rebと
インサイドを支配する時間がありました。Thadは古巣相手に残念でしたが
新加入の二人が見事な活躍をしてくれて良かったです。

今日はノエルもエンビードもお休みだったので
次の現地金曜の試合に出てくるようであればティーグのドライブも
ここまで決まらないでしょうし、インサイド対決も激しくなります。
相手に初勝利をプレゼントしないように今日のOTの様な集中力で
戦ってもらいたいです。


New