ポール招集のプレイヤーミーティング後のネッツ戦【NBA_Pacers】

2016年11月27日 13:13

サンクスギビング当日、空のバンカーズライフフィールドハウスの
コートでポールがプレイヤーのみのミーティングを開催したとのこと。

コート上で具体的に場所を指示してチームメイトに動き等を説明。
他のメンバーからの意見も聞き、自分達が進むべき道を話し合ったようです。

ポール
「みんなでまとまりたかったし、ゲームを違う角度からも見て欲しかった。」

7年目にして初のミーティングを招集したポールは
足首をかばいながらプレイした為、腰を痛め欠場となり、
5日間は休む事になった。

マイルズとセラフィンも欠場で迎えたホームのネッツ戦。

出だしはリバウンドで競り負けたり、これまで通りの
ペイサーズでしたが、第1Q中に修正し、大差で快勝。

前日のミーティングが勝利を導いたと語るGR3
「もっと動く必要があることを教えてくれたんだ。
 ディフェンスでそうするように、オフェンスでももっと
 コミュニケーションを取る必要がある。
 この試合でハートを示せたと思ってるよ。
 ポールは貸し越し。チームUSAで得た勝ち方を
 もたらしてくれている。」

その彼は第1Qから3PTを中心にチームを救ってくれました。
チームハイの20点に加え6リバウンドとポールの穴を埋め、
ティーグは9点ながらも9リバウンド、8アシストと
トリプルダブルまであと一息。
そしてベンチからスタッキー18点、アルジェファ16点と援護がありました。

BKN 97 - 118 IND

[ポール招集のプレイヤーミーティング後のネッツ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む


New