前半戦の印象【NBA_Pacers】

2017年02月23日 17:22

ポール・ジョージ
 たまに空気になる事もあるけどクラッチタイムは頼りになる事が
 増えてきた。昔に比べてハンドリングが向上したとはいえ、
 誰を相手にしても自ら仕掛けられるとは言いきれない。
 ファウルを貰えないと露骨に態度に出て、レフリーに文句を言って
 ディフェンスに戻らない事もある。
 試合後タオルを頂戴と言った子供に投げてあげる優しい人。

ジェフ・ティーグ
 念願のポイントガード。
 ユニフォームを買って観戦したらキャリアハイの17アシスト。
 これはもう応援しない訳がないということで是非延長お願いします。
 ファウルを貰いながら3ポイントを打つのがちょっとした必殺技に
 なってきたけど、最近は不発。
 ウォールとかウエストブルックには到底かなわないけど、
 結構スピードもあるし、緩急つけたドライブやFTを貰うのが上手い。
 個人的にはマーク・ジャクソン以来となる頼れるPG獲得と
 言っても過言ではないと思う。(ティンズリーは惜しかった)

マイルズ・ターナー
 流石に50-40-80(FG%-3PT%-FT%)は難しそうだけど
 昨年に比べて出来る事が本当に増えた。まだまだ立ち位置とか
 スクリーンを学ばないといけないし、ポストでのプレイも
 増やしていきたいところ。
 ゴールを背にしてボールを貰って、さあポストプレイかと思いきや
 振り向いてすぐシュートを打つあれはもうちょっと入るといいけど
 自分のタイミングで打ってるのかちょっと謎。

サディアス・ヤング
 昨年のネッツでの働きを期待してた分、少し期待値からは劣るけど
 オフェンスでもディフェンスでもよく走る。バードが欲しかった
 ストレッチ4をこなしてるとも言えるけど、ここに来てスモールは
 (ようやく)違うと思ってきた様子。
 ファストブレイクでパスせずに突っ込んでミスをする事が
 少し増えて来た気もする。
 もう少しリバウンドを取って欲しいけど、彼だけの問題ではないので
 仕方ない。結構重要な場面で3PTを決めているイメージがある。

グレン・ロビンソンIII
 今シーズンの不確定枠SGのスターターを争う若いの。
 ダンクコンテストで見せたアレは試合でも味方スクリーンごと飛び越えて
 ダンクにいけるというウルトラCに化けないか期待している。
 3PT、リバウンド共に良い時は良いけど目立たない時は無になるので
 何か強みを見つけて欲しい。

C.J.マイルズ
 3ポイントが好調な時は3Jとも呼ばれ、CJお兄さんとして頼られる。
 しかし決まらない時はとことん決まらない。たまに4番も守るけど
 文句も言わずにこなすプロ。
 ポールとはティップオフ直前に矢を打つジェスチャーで遊ぶ仲。
[前半戦の印象【NBA_Pacers】]の続きを読む


New