昨シーズンと今シーズンのジェフ・ティーグ【NBA_Pacers】

2017年03月17日 18:14

Just a boy from Indianapolis, ジェフ・ティーグの
昨シーズンと今シーズンのスタッツを見比べて見ました。

MP 28.5m → 32.3m
PTS 15.7 → 15.0 
FG 5.5/12.5 .439 → 4.8/11.0 .438
3PT 1.4/3.5 .400 → 1.0/2.9 .349
FT 3.3/3.9 .837 → 4.3/5.0 .860
REB 2.7 → 3.9
AST 5.9 → 7.9
STL 1.2 → 1.3
TO 2.8 → 2.9

プレイタイムが伸びたのと
アシストがキャリアハイ(過去の最高は7.2)をマークしている所以外、
大きな変化は見られません。
ジョージ・ヒル時代にはあまりなかった二桁アシストも見られる様になり
INDにはこのアシストが欲しかったので彼の加入はプラスと考えて良いと思います。

スクリーンを使ってファウルを貰うのがうまくなった為、FTアテンプトも増えていますね。

アトランタに在籍した7シーズン、全てのプレイオフに出場しているというのも
これからのプレイオフ争いで重要な経験値となってくると思います。
ニックス戦後のミーティングはアーロン・ブルックスが開いたようですが、
ティーグにもリーダーの一人としてもっと積極的にチームを動かして貰いたいです。


New