まぐれじゃなかったっぽいCLE戦の激闘【NBA_Pacers】

2017年04月05日 21:26

前半は良い所なかったし、結果論ですがランス・エフェクトは実在するようです。
Lance Tan salt

第1Qランスが準備を始めたときと、コートに入った時の
BLFの客の歓声は凄まじかったです。

最悪の出だしと厳しい前半でしたが、最大19点差を11点に縮めて前半終了。
試合後のインタビューではランスはちょっとナーバスになっていた模様。

第3Qはラプターズのミスもあり、ペイサーズがどんどん追い上げて
モンテの3とティーグの3でこの試合初のリードを奪う事に成功。
それでもデローザンがINDディフェンスをものともせず決め続けます。

そしてベンチから出てくるランス。
デローザンにマッチアップしますが、結局は止められず。
しかしデローザンはしかめっ面が増えた気がします。

ポールはランスからのアシストを受けて4ポイントプレイを決めたり、
3PTやジャンパーを積極的に決めました。
デローザンvsポールは先日のvsレブロンに続いて見応え十分でした。

ランスもジャンパーを決め、アウトサイドが不調のターナーへパス。
ターナーがこの3PTを見事に決めるとはしゃぐランス。
その後、ティーグがドリブルを細かく刻み個人技でレイアップを決めて
感情を爆発させて叫びます。

客の声援先導で次々に良いプレイが産まれました。

ティーグがランスにボールを預け、独特のドライブから
サドやんへの絶妙なアシスト。(これは決めたサドやんも見事)
試合が決まってからのレイアップでTOR選手と揉める最後も
ありましたが、チームや会場全体が活気づいてるのがよく分かりました。

ポールの3PTが決まった時にターナーが喜びをめいいっぱい表現したり
ベンチメンバーも立ち上がって応援。
ランスもベンチにいる時は良く立ち上がってチームメイトを
今もって客を煽っていました。

今シーズン1本しか決めていない3PTを2本決めたランス。
サドやんも左手首の怪我が少しずつ良くなっている様で
ゴール下も入る様になってきました。

そして何よりもランスがディフェンスで相手エースに立ち向かえるため
ポールが一人でオフェンスもディフェンスもやらなくて良くなったのが
最近のオフェンスの好調に現れているのかもしれません。
(ランスが相手を抑えているとは言っていません)

チームメイトの感情表現が豊かになった気がします。
ランスの影響がどこまであるのか分かりませんが、少なくとも
twitter上のINDファンも、今日の現地ファンも確実に熱が加わってます。

出場時間も25分とモンテの23分より多く、マクミランも評価している模様。
CJもティーグもランスに積極的にボールを回したり、チームメイトとの
関係も今の所良好の様子。

INDを出て行ってからの事をランスが忘れずに頑張る事ができれば
インディアナにとってかなり大きい補強となるかもしれません。
3年12Mの次はもっと大きな契約を結べるように頑張ってもらいたいです。


New