Game1-ネッツ戦【NBA_Pacers】

2017年10月19日 11:02

レジーの時代、JOの時代、ダニーの時代、ポールの時代を経て
新しいペイサーズのシーズンが始まりました。
序盤を見逃し、それ以外の前半は少ししか観れていませんが
とりあえず感想だけ。
後で通して試合観て追加したいことがあったらまた追記します。

iPhoneだとオラディポなのかDCなのか分かり難い。
二人ともよくバスケットにアタックしていた。
オラディポはある程度やってくれると思っていたけど
DCに関しては良い意味で期待を裏切られた。
まだ1試合なので今後どうなのか期待。

サボニスが良い。サンダーありがとう。
リバウンドも頑張るし、P&Rの合わせもうまい。
INDにずっと欲しかったタイプのプレイヤーかもしれない。
ターナーはポップの方が多いし使い分けできるのは良い。

モンテ-アルジェファのミシシッピコネクションは解体されたけど
ランス-サボニスのラブコネクションが今後育まれていく予定。

サボニスが何かのプレイを決めた時のランスの目がマジものだった。
-追記-


オラディポの4つのスティールをはじめとしてチームで12と
良い形にはなっているものの、ディフェンスが良いとも思えず。
いきなり140点というハイスコアをたたき出した反面、
131失点はちょっと。ネッツも3PT多投で外してくれたので
よかったけど、他のチーム相手に同じやり方で勝てるほど甘く無い。

ターナーは21pts、14reb、4blkとエースとしての初戦合格ライン。
ディフェンス時のゴール下へのヘルプは結構効果出てるんだけど、
その後普通にオフェンスリバウンドを取られての失点が何度かあった。
ここら辺はもったい無いので誰か拾ってあげてください。

スターター全員+ラブコネクションの二人とコーリーの方のジョセフの
計8人が二桁得点というバランスの良さ。
DC、オラディポ、ターナーが20点越え。
ラブコネクションの二人は仲良く16点でした。

BKN 131 - 140 IND

17-18シーズン 開幕ロスター【NBA_Pacers】

2017年10月16日 12:07

ファンジャムが行われる前にキャンプ要員が数人カットされ、
15人+2-way契約の2名の計17名でシーズンに望むかと思われましたが、
直前にユートフをウェイブ。
14名+2名で一人分枠を開けて開幕となるようです。

13 Ike Anigbogu 6-10 262 18歳
44 Bojan Bogdanovic 6-8 230 28歳
2 Darren Collison 6-2 185 30歳
25 Al Jefferson 6-10 280 32歳
6 Cory Joseph 6-3 190 26歳
22 TJ Leaf 6-10 230 20歳
4 Victor Oladipo 6-4 210 25歳
40 Glenn Robinson III 6-7 215 23歳
11 Domantas Sabonis 6-10 252 21歳
1 Lance Stephenson 6-6 230 27歳
33 Myles Turner 6-11 255 21歳
12 Damien Wilkins 6-6 217 37歳
3 Joe Young 6-2 185 25歳
21 Thaddeus Young 6-8 230 29歳

0 Alex Poythress 6-9 235 24歳
5 Edmond Sumner 6-5 188 21歳

ランスに1番を譲り、13番を付ける予定だったセラフィンがカットされ、
その後どうなったかと思っていましたが、しれっとアニボグ君が13番を
継承していました。欠番になる番号ではありませんが、
ダニーの33番といい結構あっさりしてますね。

社長を辞任したラリー・バードですが、
今まで同様、試合会場には姿を見せるようなので安心しました。
特にランスに与える影響ははかりしれません。

彼が腐らなければ周りの想像以上に酷い事にはならないと思いますが、
ターナーが焦って空回りしないことを願います。


New