Game7-DCの古巣、ヒル凱旋のキングス戦

2017年11月01日 11:18

お互いにとって古巣というだけではなく、DCとヒルには
スターターの座取り合い合戦の勝者と敗者という過去もあります。
直接取り合ったというよりもDCが怪我をしたのでヒルがスタートに
繰り上がったという結果でしたが、その後のヒートとの熱戦の時には
DCは既にチームを去っていました。DCがヒルに対してどういう感情を
持っているかは知りませんが、ちょっと本音を聞いてみたいような気がします。

試合の方は
・新旧INDスターティングPG対決
・ボヤンvsボグダンのボグダノビッチ対決
・ビッグアルvsジーボのオールドスクール対決

がありましたが、話題をかっさらっていくのはやはりドマス。
FG5/6とパーフェクトこそ逃しましたが12pts、16reb(キャリアハイ)、5astと
どんどん成長していきます。25分でこれですからね。
ターナーも良い緊張感を持てるのでは。

サドやんもいい所で3PT決めたりディフェンスを頑張ってくれたり、
ボグダノ聖戦に打ち勝ったボヤンは3本の3PTで17pts、4ast。
DCは完全にオフモードとなりました。
オラディポも14pts、4rebと勢いこそ落ちましたが、
ドマスとの相性バッチリのダンクも決めてベンチ陣を喜ばせました。

CoJoがベンチから3PT3本の13pts、3reb。
ルーキーのリーフも7pts、4reb。
そしてランスが久しぶりに良い感じで動けていました。
得点こそ6ptsでしたが、7reb、5astに2blkで、
ちょっとは自信を取り戻せたのではないでしょうか。

そして嬉しいアニボグの初得点。
FTで2点決めた後にミドルを決めて、リバウンドとブロックも記録。
まずは昨年のルーキー、ニヤンの得点21を抜いていきたい所です。

WCSのようなビッグマンに弱いINDですが、今日は4pts、7rebに抑えました。
これもドマス効果なのでしょうかね。ヒルは8pts、6reb。
ルーキーのフォックスが18ptsでした。


New