いつまでも壁で有り続けるレブロン【NBA_Pacers】

2018年04月26日 11:30

第4Qに追いついただけでも結構凄い事だったと思うんだけど、
その後INDボールになって勝てると思ったらブロックからのブザービーター3PT。

MIA時代の残り2秒でレイアップ程のダメージはなかったけど
ここまで立ちはだかられると素直に凄さを認めるしかないし、
何としても乗り越えたい。

幸い次はホームだし、プレイヤーの気持ちが折れてしまっても
更にやる気になっていたとしても、ファンは変わらず支えてくれるから。

新生チームが結成1年でこんな経験できるなんてラッキー。
(これはポール・ジョージ時代にも言ってた事で未だに越えられてないけど)

そろそろ外野からオラディポへの批判が始まる頃かもしれないけど、
オラディポがいなければこの順位でプレイオフに出場できていないし、
こんな白熱したシリーズを経験する事が出来なかった。

彼にとってチームのエースとしてシーズンを戦い、プレイオフに出場したのは
初めての事。プレイオフ出場も今日でようやく10試合という若造。
対するレブロンは222試合。
もちろんそんな経験関係無く、最初から大活躍するプレイヤーもいるけど、
ようやく定住の地を見つけた若造にとって一歩一歩経験して行くことは
悪い事じゃないと思う。

シーズン中はオラディポが不調だと結構酷い試合になることもあったと思うけど、
今日は後一歩の所まで押し込めた。これはチームを褒めるべきだと思うし、
後一歩足らないのはそれが今の実力だから。
次のホームでは埋められるかもしれないし、ボコボコにやられるかもしれない。
でも毎試合接戦を演じてる自分達に自信を持って戦って欲しい。

ただ、最後のオラディポのドライブだけど、サボニス近寄っていく必要あったのかな。
オラディポのマッチアップがレブロンに変わってあの結果だったんだけど、
レブロンに付かれてるプレイヤーは離れた方が良かったのでは。
他のプレイヤーが行ってもスイッチされるだけなんだろうけど、
決めて2,3秒残る展開なら外から打って、決まればOK。外れても
弾かれた時間を稼げる方が良い気がしてしまう。
後から言っても仕方ないので次。

IND 95 - 98 CLE


New