Game22:vsレイカーズ【NBA_Pacers】

2018年11月30日 21:27

怪我をした当初は昨年より酷くないという感じだったと思いますが、
結局未だに復帰できていないオラディポ。
100%になるまで復帰しないとの事ですが、
チームメイトの信用してのことかもしれません。

が、今日はそのオラディポ不在が響いたかもしれません。
移籍後のランスとの初対決でしたが、そのランスが5分しか出ず。

今シーズン最悪の立ち上がりの後、追いつき、逆転しましたが、
最後は力尽きてしまいました。
序盤のレイカーズによるブロックパーティや
勝負所でのレブロンの強さに一歩及ばず。

苦しい試合でしたが、こんな試合でも20pts、15rebのドマス。
セカンドユニットが試合を立て直せたというのは
敗戦のなかでも良かった点かと思います。

タイリークがスターターでイマイチ結果を残せていないのが
気になりますが、要所要所でいいショット決めるんですよね。
それ以上にミスが多いのも確かですが。

オラディポ不在でも勝てる、良い勝負ができる様に
あっているというのはこのオフにやってきたことは
間違いなかった事の証明になるでしょうし、
前向きに次のキングス戦で巻き返してもらいたいですね。

IND 96 - 104 LAL

コーヴァーのトレードとカナーンウェイブ【NBA】

2018年11月29日 11:36

昨日戦ったばかりのサンズのカナーンがウェイブされました。
第3Q終わりの3PTと第4Q最初の2点でサンズの追い上げに
貢献していた彼。平均26分出場していたバックアップPGの
カットだけに今後の動きがあるのでしょうか。

オフにサンズはコーリー・ジョセフに興味という
噂があったかと思いますが、うちの互助は出せませんよ。
ブッカー曰く「スーパーチームを作りたい」との事ですが、
来年以降も手を出さないでくれると嬉しいです。
INDとの複数年契約を期待しています。

CLEのHCだったティロン・ルーも
IND戦敗戦後に首になった今シーズン。
ただのタイミングだと思いますが、何かのきっかけを
与えてしまっているのでしょうか。。。



ジャズとキャヴスのトレード

ATL時代もCLE時代も何かと痛い目に合わされている
イメージが強いコーヴァー。古巣ジャズへ復帰で、
今シーズン既に2試合を終えている為、もう彼に会うことはありません。
ありがとうジャズ。ありがとうキャヴス。


キーマンになり得るマクダーモット
ここの所当たっているマクダーモット。
スパーズ戦は14分の出場でFG0/1の0点でしたが、
そこを除く直近の4試合平均はなかなかのものです。

UTA-CHA-UTA-PHXの4試合
23.5min 17.2pts FG 24/39(.615) 3PT 10/17(.588) TO 0 

SAS戦も入れると5試合で平均13.8ptsまで下がりますが、
セカンドユニットとしては十分な活躍を見せています。
ここ2試合はシュートを10本以上打っており、ボーギーの負担を
軽減できそうです。タイリークからのキックアウトが増えれば
もっと打つ回数も増えますし、シーズン中盤にかけて
ここらへんを強化していけると良いですね。

Game21:vsサンズ【NBA_Pacers】

2018年11月28日 12:08

連戦で移動してサンズ戦。
ボーギーが2ファウルで乗る前にベンチへ。

第1Qは一進一退の攻防が続いていましたが、
第2Qに入ってセカンドユニットが頑張ってくれました。
ホリデーはもう少しシュートが決まると楽になるのですが
今日はまだ1/4。

61-54と7点リードで前半を終えています。

タイリークは前半で8pts、3stlとオフェンス面で貢献しているものの、
球離れが悪く、スティール後に奪われてクリアパスで
失点以上のダメージを受ける事もあり、ドマス以外も
しっかり見てあげて欲しいです。

ターナーが8pts、6rebmドマスが14pts、8reb、3ast。
マクダーモットがFG4/6で12ptsというのは良い感じです。
DCが6ast、ジョセフが5astとPG陣は見事に役割を果たしています。

相手の3PTが4/16と外れている中での点差なので、
これを決められてくるとあっという間に逆転を許してしまいそうです。

エイトンはディフェンスでの脅威をそこまで感じませんが、
オフェンスに関しては押し負けないですし、粘り強さもあって
良いですね。FTが6/6というのもビッグマンとしては
武器になりそうです。

第3Q、お互いにシュートミスが続き、ボーギーが
エイトンにファウルを貰いながらアンド1を決めて64-54。

タイリークはシュートが決まらず、しょうもないパスミスまで
してしまい、少し点差が詰まります。エイトンにセカンドチャンスで
チップインされて8点差にされますが、ボーギーがこの試合初の3PTを
決めます。これで勢いに乗りたい所でしたが、ウォレンが2点を決め、
DCのTOからFTを与えてしまい、72-64。相手のFTミスに助けられます。

ターナーの好調は続き、第3Qの時点でダブルダブル達成。
今日のタイリークはボールの動きを止めてしまいますし、
オフボールでも動き続けるマクダーモットをスターターに混ぜてみた方が
機能するかもしれません。テクニカルまで取られました。
しかしDC、ジョセフ、タイリーク、ドマス、ターナーで
戦わせるマクミラン。一旦勢い付いたものの、結局77-68と
9点差に戻された所でタイムアウト。

残り3分17秒でタイムアウト明け、タイリークをマクダーモットに変えて
リスタート。ウォレンのレイアップをターナーが今日4つ目のブロック。
ターナーとDCに変えてアーロンとボーギーも入れますが、
どうにも点の取れないIND。
ドマスがファウルを貰い、FTを2本決めて79-70。
ジョシュ・ジャクソンのシュートが外れたものの、ホームズに
リバウンドを取られて2点を取られると、マクダーモットの3PTが外れ
ジャクソンに2点を追加されて79-74。

ボーギーが2点を返しますが、カナーンの3PTで81-77と徐々に詰められます。
最後ボーギーの3PTは決まらず第3Q終了。もう少し早めにメンバー交代を
しておけばと思う采配となりました。

第4Q、カナーンのシュートが外れますが、リバウンドを取られて失点。
ウォレンに3PTを決められてとうとう逆転された上に、またしても
リバウンドが取れずに失点。更にTOと第3Q残り5分からFGが
1本しか決まらないまま時間が過ぎて行きます。

この間、サンズに走られなかったのが奇跡です。
ドマスがセカンドチャンスでようやく2点を決めて83-85。
オラディポがいないなかで追いかける展開、クラッチタイム突入は
厳しいので避けたい所。

ジャマール・クロフォードにロングジャンパーを決められますが、
マクダーモットが3PTでお返し。86-87となります。
ちょいちょいFTを与えますが、ミスしてくれるサンズ。

ボーギーが同点のチャンスとなるFTを得ますが、1本ミス。
そのミスをドマスが取りましたがTOとなり、サンズがタイムアウト。
残り7分40秒、87-88で1点を追いかけます。

アーロンとボーギーを下げてDCとThadを投入。
サンズもブッカーを入れて勝負の時間帯となります。

するとそのブッカーが3PTを決めて87-91。
時間があるとは言え、厳しいショットを決められたと思いましたが
マクダーモットがお返しの3PT。
更にブッカーが30フィートという遠い位置から3PTを放ちますがミス。
ドマスのチップインで一旦は逆転しましたが、
今度はウォレンに3PTを決められた所でINDのタイムアウト。
残り5分33秒で92-94。

時間が進んだ分、先ほどより状況は悪化しています。

5分15秒、昨日のジャズ戦の勢いをそのまま持ってきた
マクダーモットが3PTを沈めて95-94と逆転。お互いにミスが続いた後、
今度はサンズがタイムアウト。

ここでジョセフとタイリークを入れ替えます。
するとそのタイリークがブッカーからスティールし、
Thadの2点に繋がり97-94と3点リードとなります。
ブッカーに2点を決められますが、DCのプルアップでお返し。
しかしここでアリーザに3PTを決められて99-99の同点。
タイリークの3PTは外れ、サンズのオフェンス。

ブッカーがシュートを打ちましたが、
4ブロックと調子の良かったターナーが5つ目のブロック。

DCがエイトンからファウルを貰い、FTをきちんと2本決めて再びリード。
エイトンに2点を決められ、残り1分となります。
DCとのピック%ポップで、トップでボールを貰ったターナーが3PTを決めて
104-101と3点リードへ。

勝利目前と喜んだのも束の間、ブッカーが3PTを決めて104-104へ。
これがなぜ4勝しかしてないチームなのか。
アウェイで連戦の疲れをあまり見せていないINDも流石に
厳しいかと思いましたが、ボーギーが決めてくれました。

オラディポの不在をしっかり守るボーギー。泣けます。
パスしたターナーも良く見えていましたね。

残り25秒、ブッカー対ターナーとなりますが、ファウルをせずに
守ったターナー。一瞬入ったかと思いましたが、リムから外れて
ボーギーがリバウンド。後はファウルゲームとなり、辛勝。

アウェイのback to backを2連勝となりました。
ターナー&ドマスのダブルダブルコンビに加え、
DCも11pts、11astの2試合連続二桁アシスト。
マクダーモットが3PT 5/7でチームハイの21pts。

最後もオラディポがいればオラディポで攻めていたでしょうけど、
ターナーとボーギーが上手い事決めてくれました。
特にターナーにとっては良い自信となるのではないでしょうか。
5ブロックも見事でした。

IND 109 - 104 PHX

Game20:vsジャズ【NBA_Pacers】

2018年11月27日 12:11

ペイサーズはオラディポ、ジャズはミッチェルが欠場の今日の試合。
ディフェンスから得点を重ねる出だしで
イングルスの外が好調なジャズ相手にリードを奪えました。

DCが3、タイリークが2アシストとボールもよく動き、
ドマスの2ファウルは気になりますが、上々のスタートでした。
マクダーモット以外は出た選手全員得点を決められていたのも
良かったです。特に互助ジョセフは良い所で決めてくれ、
33-25で第1Qを終えました。

第2Q、マクダーモットがシュートを打ちますがミス。
ネトにレイアップを決められた後、お互いにミスを続きますが、
ジョセフが3PTを決めて36-27。
オフェンスリバウンドを取られ、セカンドチャンスをゆるし、
アレック・バークスのレイアップで3点差まで詰められましたが
タイムアウトを取らないマクミラン。

すると、アーロンからのパスを貰ったマクダーモットが3PTを決め、
更にアーロンも2点を追加して41-33と再びリードを広げる事に成功。
ドマスとフェイヴァースが2点ずつ決めると、ファウルを取られた
セフォローシャがテクニカル。マクダーモットがテクニカルFTを決め、
ドマスは3ポイントプレイを成功させて45-35と10点リードへ。

マクダーモットは6点目を決め、久しぶりにオフェンスに参加出来ていました。
残り5分となる頃にはスターターを戻し始め、ここでのサムナー投入はありませんでした。

ターナーの連続ジャンパーで53-39となり、UTAがタイムアウト。
早くも二桁得点をマークしたターナー、FG5/5でパーフェクトでした。

タイムアウト明け、どちらもシュートが決まりませんが、
オフェンスリバウンドを取られた所でファウルを取られるターナー。
リバウンドはしっかり抑えたい所です。

10点差に詰められ、もう一度突き放したい所でしたが、
ボーギーのショットはゴベアにブロックされてしまいます。
INDポゼッションが続きましたが、タイリークが決めきれず。
前回好調だったルビオの3PTも外れた所で、この日3本目のボーギーの3PT。

チームプレイからのダンクを2本許しましたが、ジョセフも2点を決め、
58-47で前半を終えました

Thadが1/5とパッとせず、DC以外のスターターのアテンプトが5。
ドマス、マクダーモット、ジョセフが6、DCとアーロンが4ずつと
バランス良く打ってはいました。

後半はオフェンスリバウンドを取られないこと、
前半の5TOを継続し、スティールやディフェンスから仕掛けて
アドバンテージを取れればこのままいけるかもしれません。
あとはピック&ロールによるイージーバスケットをいかに防ぐか。

ボーギーのシュートが好調であれば負けるはずがありません。

後半はタイリークの3PTからスタート。
ルビオにも3PTを決められましたが、ボーギーが3ポイントプレイで
64-52。その後、クラウダーの連続3PTを食らいましたが、
INDはターナーの2点とThadの3ポイントプレイで何とかリードを
キープできていました。Thadは外で待つより、こうやって
中で勝負してくれた方が助かります。
たまに無謀なファストブレイク特攻もありますが、
やはりインサイドで勝負している時こそ、彼の持ち味が
発揮されている時でしょう。

そのFTは外しましたが、ターナーがクラウダーのレイアップを
ブロックし、ジャンパーを決めて73-60。
6分を経過し、点差を13でキープ。これが続けられると
勝利が見えてきます。

Thadが2点を追加し、ターナーのスティールからタイリークが
ファウルを貰い、FTを1/2。更にDCのスティールがあり、
レイアップを決めて78-60。ネトの3PTが外れ、ゴベアの
ルーズボールファウルでターナーがFTを貰うとこれまた1/2。
しっかりと決めておいて欲しい所でしたが、またしても
DCのスティールからタイリークのレイアップで遂に21点リードへ。

出てくるとファウルをしてしまうドマスですが、
クラウダーも2本は決めきれず81-61。
残り3分17秒でINDのタイムアウトとなりました。

エグザムに3PTとダンクを決められ、フェイヴァースにも
レイアップを決められますが、ドマスが自らのショットミスを
確保し、ファウルを貰います。FTを2本決めて89-68と
しっかりリードをキープして第3Q終了といきたい所でしたが、
最後にマクダーモットがファウルをしてしまい、2本のFTを
返されて19点差で最終Qを迎える事となりました。

余程気を抜かなければセーフティーなリードと言えますが、
サムナーやアーロンに多くプレイしてもらう為にも
なるべく失点は抑えたい所でした。

第4Q、お互いにTOをした後、点を取り合います。
マクダーモットはダンクにレイアップ、ドマスへのアシストと
どんどんオフェンスに参加していきます。
更に2点を追加すると、ジョセフの3PTが決まり、100-74。
更にボーギーも3PTを決めて残り7分45秒で103-74とします。

タイムアウト明け、ディフェンスからアーロンのレイアップ。
元INDのジョージ・ニヤンに3PTを決められますが、
アーロンが待たしてもレイアップ。ロイス・オニールにも
2点を決められますが、今日好調のマクダーモットも
すぐに2点を返します。

ジョセフのパスミスから2点を奪われますが、
ボーギーからのパスを受け取ったマクダーモットが3PT。
本当にここまで使わなかったのがもったいないです。

グレイソン・アレンにロングシュートを決められた所で
INDタイムアウト。遂にエドモンド・サムナー登場となりました。

安全に勝つには仕方ありませんが、もう少し早めに入れてあげても
良かった気がします。

サムナーはオクインからのパスをもらい、見事に3PTを沈めます。
ドライブも魅力ですが、外も決められるともっと使って貰えるかも
しれませんね。更にアニボグも登場し、アーロン、リーフ、アニボグの
UCLAトリオが同時に出場となります。
アーロンはレイアップにジャンパーも決めて12点を取りました。
これには大先輩のDCもご満悦だった事でしょう。

スタートからの好調を維持し、ジャズに快勝となりました。
ボーギー 15pts、5reb、4ast
ターナー 16pts、4reb、4ast、2stl、2blk
マクダーモット 21pts 6reb

ターナーのFG7/8、DCの11アシストと
ベンチから毎度安定のドマスは13pts、10reb、6astの活躍。
アーロンも22分でFG6/8の12点を記録しました。

オフェンスリバウンドは10許しましたが、終わってみれば
リバウンド39-38と互角、今日もチームアシスト34で
3PTも前のスパーズ戦の3/24から9/18と改善が見られました。

4試合のロードトリップ初戦を最高の内容で終えました。
back to backで明日はサンズ戦。
移動もあり、厳しい所もあると思いますが、プレイタイムは
抑えられた方ですし、明日も第1Qから走って貰いたいです。

IND 121 - 88 UTA

Game19:vsスパーズ【NBA_Pacers】

2018年11月26日 10:25

数日前のスパーズ戦、まだ映像みていないのですが、
結果だけ。
オラディポに加え、ターナーも負傷で欠場となり、
タイリークとドマスがスターター出場。
層の厚さが強みとは言え、スターター二人が欠場してしまうと
ローテーションも厳しくなってしまいます。

ドマスは流石の19pts、16reb、ボーギーも現在のチームの
エースとして21ptsと安定してポイントをとってくれていますが、
今シーズンはDCが昨年ほどの力強さを感じず、武器だった3PTも
落ち込んでいます。状況判断だったり、フェイクからのミドルの
うまさはあったりするのですけどね。

タイリークは完全ブレーキのFG1/12。
ホリデーは3PT0本ながらも二桁得点、リーフもFG5/7で11pts。
ここにマクダーモットが加われば十分戦えると思いますが、
14分の出場でFGアテンプト1ではもったいなさ過ぎます。

互助ジョセフが18pts、7astと古巣相手に奮起。
リバウンドも互角でしたし、アシストも31と十分ボールは
回っていたように思えますが、FTが9本しか貰えていないのと
3PTが3/24と壊滅的だったのが響いたのでしょうかね。

コアメンバー2枚抜けて勝てる程スパーズは甘くありませんでした。

IND 100 - 111 SAS

Game18:vsホーネッツ【NBA_Pacers】

2018年11月22日 11:21

今日はアウェイでホーネッツ戦。

前半はリードされながらも同点に追いついたり、
逆転もしましたが、結局シュートの入りすぎたCHAが
リードしていました。INDも割とシュートは
入っている方でしたが、後半に入ると入らなくなり、
一方のCHAはそのまま決め続けました。

第4Q残り3分の時点でFG.566、3PT.643は
ちょっと事故みたいなものですね。
これに立ち向かうにはオラディポ抜きは厳しかったかもしれません。

ボーギーのシュートが好調だっただけに、もうちょっと競りたかった
ですが、ケンバの得点が目立っていたこの2試合から一転、
チームで戦える事を示されてしまいました。

アーロンは11点取りましたが、3PTは1/7と不調。
それでも20分以上出場できたのは良かったです。
サムナーも帯同していれば良かったのですけどね。
もうちょっと早く若いのを入れてあげても良かったかも
しれません。

デヴォン・リードも出場しましたが、今日もスタッツは
残せず1ファウルのみ。

ドマスはFG7/8で15pts、6reb。
出身校のゴンザガ大がマウイで行われたトーナメントで
デューク大を破って優勝し、八村君がMVPを獲得という快挙の日でした。

渡邊君の奮闘に加え、来年はドラフトから楽しめそうです。
今日の結果もあり、怪我さえなければトップ10以内で指名も
あり得るかもしれませんね。楽しみです。

IND 109 - 127 CHA

ベン・モーアがスパーズと2-way契約【NBA】

2018年11月21日 14:07

先日ペイサーズからカットされたベン・モーア。
その後はGリーグのマッドアンツでプレイしていましたが、
スパーズと2-way契約を結んだそうです。

元々INDの2-wayから本契約を勝ち取ったものの、
あまり使われる事もなく、特に思い出もないままカットされたモーア。

マッドアンツでは今シーズン4試合に出場し、
20pts、6.8reb、1.5astの成績を残していたようです。

主戦場はGリーグのまま変わらないと思いますが、
良いチームにピックされて良かったですね。

モーアのいなくなったスポットはそのまま空いていますが、
アーロンが活躍しはじめてしまった為、サムナーの契約も
ちょっと延期になるかもしれません。
まだ上限の45日には余裕がありますし、懐事情を考えても
ギリギリで本契約にしても良い訳ですしね。

そもそもサムナー用に空けたのかは分かりませんが・・・


New