ヨキッチを参考にするターナー【NBA_Pacers】

2018年12月07日 11:43

マイルズ・ターナーはナゲッツのオフェンスを参考にしているそうで、
DCと共に彼らのピック&ポップを練習に取り入れているとの事。


この5試合ターナーの得点とDCのアシストは増えており、
二人のコンビネーションによるオフェンスが増えるかもしれない。

マイルズ・ターナー シーズン平均と直近5試合のスタッツ
 11.6pts → 14.0pts
 FG.484 → FG.555
 6.2reb → 9.2reb
 1.7ast → 2.6ast
 2.7blk → 3.2blk

ダレン・コリソン シーズン平均と直近5試合のスタッツ
 9.6pts → 12.4pts
 FG.439 → FG.452
 3PT.358 → 3PT .461
 2.6reb → 4.6reb
 5.0ast → 8.2ast
 1.7stl → 3stl

特にDCは昨年の水準に戻っています。
SAC戦では6TOとやらかしましたが、それ以外の4試合では平均1.3と
少なめ。2試合は0でした。

ターナーにはポップするよりも中に向かってイージーバスケットとかアリウープに
繋げて欲しいものですが、一緒に映像を見て研究というのは良い関係ですね。
ターナーの場合はゴール下でボール持ってもパニックになって
結局打てないという事もあるので、外で待つのかもしれないけど、
そもそも練習を積んで焦らずに決められる様になって欲しい。

どうしても外ばっかりになると当たり外れの日が出てくるし、
決まらない日はどうしようもなくなってしまう。
外から打ってもロングリバウンド取れるとも限らないし、
やはりゴール下での強さを手に入れて欲しいです。

ヴーチェヴィッチとアーロン・ゴードンの協力なフロントコートのいる
マジックとの対戦。ベンチから14.3pts、10.1rebのドマスもいる為
ここでの勝負は負けないで貰いたいですが、どうもThadに
昨年のような力強さを感じないのでここらで存在感を示して欲しい所です。



New