どうするペイサーズ【NBA_Pacers】

2019年01月28日 12:01

チーム関係者でもフロントでもないのに
ペイサーズの残りの今シーズンを考えてみた。

まずはどう戦うのか。
KPが既にタンクはしないと言っている以上、負けに行くことはない。
30勝以上している時点でタンクの意味もなし。
オラディポ抜きでも優勝を目指して戦うには違いないけど、
実際問題かなり厳しくなった。

 A 今シーズンだけの事を考えて全力で戦う
 B 来シーズン以降の事も考慮して戦う

現時点で多くのファンが求めるのはAだと思うけど、
チーム運営を考えると、果たしてそれが正解かは分からない。
Thad、ボヤン、DC、CoJo、タイリークらが契約最終年で
来シーズンこの内の何人がチームにいるかは不明。
0の可能性もある。
そうなるとこのメンバーで最後まで戦い抜くことに
本当に意義があるのか、ファンが納得すればそれでいいのか、
難しい決断を迫られることになりそう。

一方でBは勝ちを意識しながらも、アーロンやサムナーといった
若手の時間を増やす必要がある。プレイタイムの取り方にもよるけど
優勝を目指してこのチームに残ってくれたThadやCoJoへの
配慮に欠けるというか、失礼かもしれない。彼らは本気でこのチームで
優勝したいと思ってこの1年にかけてきてくれたはず。

こういった選択をすることでで再契約する事が難しくなるかもしれない。
では、優勝できそうなチームにトレードしてあげるのが
彼らにとって幸せなのか。これは当事者にしか分からないけど、
本人達がそう望むのであれば、トレードしてあげるのが正解かもしれない。

プレイヤーから求められた場合に限るけど、
もし今後トレードが起こってもフロントを責める気にはなれない。
それほど何が起こってもおかしくない状況になってしまっていると思う。

フロントが何を考慮し、どう判断するのか。
トレードデッドライン前に起こってしまったのが吉と出るか、凶と出るか。

ファンとしてはオラディポが戻って来るのを待つだけだけど、
戻ってきた時に、また一から立て直しのチームにするのが良いのか、
それとも、オラディポ抜きでも戦えるチームを揃えておいて
そこに戻ってきて貰うのか。その選択も、次のオラディポの
契約延長に影響を与えるかもしれない。
下手な手は打たないと思うけど、慎重に動かないといけない。

その中でターナーやアーロン、リーフらはそれぞれがステップアップして
いかないといけない。昨日の試合ではターナーなんかはいつも以上に
アグレッシブに攻めて、守っていた気がするので安心できそう。
ジョージとの別れを経験しているし、ビジネス面も理解できそう。

しかし、戦い切ってチームメンバー入れ替えではなく、
中途半端な形で終わりを迎えてしまう可能性があるのは本当に悲しい。

あと、スターターは本当にタイリークで良いのか。
どう見ても彼はセカンドユニットとの方が相性が良い。特にドマスとの連携。
オフェンスのバランスを考えてもターナーやボヤンが点を取れる中、
ボールを持つことの多いタイリークが入るとお互いに良い所が活かせない。
二人を外に置いてキックアウトでも良いけど、それならセカンドユニットで
リーフやマクダーモットに出すので十分。ドマスとのP&Rもあるし、
自ら攻めても良い。セカンドユニットとしてある程度形は見えてきたと
思うので、そこを崩してしまうのが勿体ない気がする。

しかし、タイリーク以外に適任がいるかというと難しい。
マクダーモットも違う気がするし、サムナーでは冒険しすぎ。

やはりオラディポがいてこそのロスターだったことが良く分かる。

アーロンの成長を促す為に、バックアップPGにするのは
悪い策ではないと思うけど、そうなるとDCかCoJoを手放す事になる。
これは現実的に考えられそうな所で、どちらのPGも
安定感があるのでトレードの駒としてはあり得そう。 契約最終年というのも選択肢が広がるはず。

時期的に何らかの動きがあっても不思議ではないので
デッドラインが過ぎるまでは安心のできない日が続きそう。

年齢や契約年数を考えるとThadとの再契約は難しい気がしている。
優勝を狙えるチームからの誘いがあれば乗ってもおかしくない。
そうなるとCoJoだけでも何とか残したい。
スターターでもバックアップでもどちらでも満点に近い活躍をしてくれ、
若手への教育もしっかりしてくれる彼は本当に素晴らしい。
所属したチームの元同僚やファンから愛されている姿をみれば
いかに彼が素晴らしい人間かが分かる。

ボヤンもDCも残したいけど、流石にそれぞれあと2年ずつ延長とかは
してくれないと思う。いや、でもKPならできる?
期待しても良いですか、プリチャードさん。



New