Bojaaaaaan named POW【NBA_Pacers】

2019年02月12日 14:54

ここの所ボヤンの調子が良いなとは思っていましたが、
プレイヤーオブザウィークを獲得するとは思ってもいませんでした。

22.5pts、2.5reb、3.0ast、1.3stlと特別際立ったスタッツでは
ないように思えますが、この週の4連勝は彼のおかげでした。

ボヤンにとって初受賞となったPOW。
今シーズンはペイサーズからオラディポ、Thadが受賞しており、
同一シーズンでチームから3人目の受賞というチーム記録となりました。

西はポール・ジョージが選出。
IND時代の、どの瞬間よりも飛躍したといっても過言ではないかもしれません。
シーズンを通して活躍している事もすごいですが、
2ランクくらい上を行った感じがあります。

個人スタッツではボヤンはジョージに適わないかもしれませんが、
チームの勝利に貢献しているという点では代わりありません。
昨年課題となったオラディポ以外のステップアップをボヤンとThadが
担ってくれている今シーズン。まだターナーが受賞する可能性も
十分に残されています。個人賞を目指すチーム形態ではありませんが、
これが実現されたら嬉しいです。

とにかくおめでとうボヤン。
チームは君にもっと残って欲しいと思っているそうなので
そうして貰えると本当に助かりますし嬉しいです。

Welcome WESLEY MATTHEWS【NBA_Pacers】

2019年02月12日 11:47

ポルジンギストレードでダラスからニューヨークへ移った
ウェスリー・マシューズでしたが、ニックスがバイアウトしてくれました。

ポール・ジョージやウエストブルック、LA12、デローザン、レディックらから
チームに誘われたそうですが、彼が選んだのはインディアナでした。

多くの人がインディアナよりももっと優勝を狙えるチームがあると
思う中(自分も正直そう思いましたが)、ここを選んだ理由について
「ペイサーズが勝てないと思ってんの?」の返しだったとの事。

自らを根っからのUnderdogと称し、過小評価されているという
ペイサーズに加入を決めたマシューズ。
ようこそアンダードッグスへ。

日曜の朝6時にインディアナに到着し、そのままStヴィンセントセンターへ向かい、
正式に契約をし、チームメイトとの練習に参加したとの事。
元々が休みだったのか、早い時間だったからか分かりませんが、
わざわざ練習(プレイの確認)に出てきてくれたチームメイトに感謝し、
次のロードのディナー代を自分で出すという大兄貴っぷりを発揮。

結果的に初戦からスターターとして出場し、
ハッスルプレイと終盤の3PTでファンの心を鷲掴み。
これはまたフロントのグッドセレクション、グッドムーブとなりそうです。

まだあと二つ嬉しいニュースがあるペイサーズ。

Game56:vsキャヴァリアーズ【NBA_Pacers】

2019年02月12日 11:21

今日の試合の他にも色んなニュースのあるINDですが、
現地9日のキャヴス戦から。

第3Qの序盤にターナーが右膝を負傷し、
かなり痛そうに離脱した以外は順調な試合でした。(雑)
ターナーの膝も試合に戻れる程度のものだったようで、
帰ってきてからブロックを見せてくれました。

リバウンドを54-38、ペイント内のポイントも54-32と
インサイドを制圧。
CoJoがベンチから10pts、9reb、10astでトリプルダブル目前。
彼の存在は本当に大きいです。ドマスもベンチから
13pts、10rebのダブルダブル。復活した感じでしょうか。

スーパースターモードに入っているボヤンは23ptsでチームハイ。
そしてここの所本当に調子が良く、チームを引っ張っている
DCは29ptsと9ast。彼の状況判断はいつこんなに鍛えられたのでしょうか。

オラディポ詣でから負けなしです。
更にここにウェスリー・マシューズが加わる事になります。
オラディポの不在は本当に残念ですが、残りのシーズンも
ここまで楽しめそうなチームを作ってくれたフロントには感謝です。

CLE 90 - 105 IND

Game55:vsクリッパーズ【NBA_Pacers】

2019年02月08日 13:47

ほとんど動きのなかったペイサーズとは対象的に
トレードやウェイブでそれなりに移動のあったクリッパーズ。

そのLACがスタートからパーフェクトでシュートを落とさず
絶好調でしたが、INDも高確率で決めていきます。
LACにTOを強いる事で突き放される事なく、
試合を展開していけたのが大きかったです。

LACもあれだけ決めてもリードを作れない事で
焦りやフラストレーションが溜まったかもしれません。

ボヤンがダンクに行った所で激しく落下し、
後頭部を打っていましたがそのまま試合に出続け、
29ptsのチームハイ。
ターナーとThadも得点を獲りつつ、6ブロックと
5スティールという鉄壁具合。
前半終了間際から完全にペースを握りました。

試合の途中でコウモリが乱入し、一時中断となりましたが、
結局捕まえられず、そのまま試合再開する場面もありました。

タイリークの数字が伸びてきませんが、無理なプレイが
減って丁度良くはまっている感じにも思えます。
バランス的にCoJoが出ている時間が多くなりますが、
13pts、9reb、6astとシュートスランプを抜けたベテランは
頼りになります。

今後NYKをウェイブされたウェスリー・マシューズと
契約することになっているようで、マクダーモットは
DAL時代のチームメイトと再合流する事になります。

マクダーモットもThadもマシューズの加入は
チームの助けになるとコメントしているので、
楽しみです。

正式に契約したらまた個別に書こうと思いますが、
きっとINDファンに溺愛される事になると思います。

LAC 92 - 116 IND

オラディポがシュート練習を開始【NBA_Pacers】

2019年02月08日 06:05

トレード情報もひと段落ついた所でオラディポ情報。
チームメイトへの助言で連勝に導いたリアルリーダーですが、
もうシュート練習を開始したそうです。

これまでよりも強くなって戻ってくるという言葉はきっと現実のものとなるでしょう。

また、11月に足首の脱臼で離脱していたネッツのレヴァートが
次の試合から復帰するとのこと。骨折がなく、脱臼だけだったのが
幸いで、こんなに早く復帰できるとは思いもしませんでした。

現在BKNは6位。シーズン中の復帰でプレイオフへの道も
かなり明るくなるのではないでしょうか。

デッドライン間近に発生したトレード【NBA】

2019年02月08日 04:52

マヴスが大きく動いた後からの動きをこちらでメモ

マヴス-ニックス
DAL獲得 Kristaps Porzingis / Tim Hardaway Jr.
       Trey Burke / Courtney Lee
NYK獲得 Dennis Smith Jr. / DeAndre Jordan / Wesley Matthews
       2021 1stR pick / 2023 1stR pick(1-10 protected)

キャヴス-ブレイザーズ
CLE獲得 Wade Baldwin IV / Nik Stauskas
       2021,23 2ndR pick
POR獲得 Rodney Hood

ピストンズ-レイカーズ
DET獲得 Svi Mykhailiuk / 2021 2ndR pick
LAL獲得 Reggie Bullock

クリッパーズ-シクサーズ
LAC獲得 Landry Shamet / Wilson Chandler / Mike Muscala
       2020 1stR pick / 2021 1stR pick
       2021 2ndR pick / 2023 2ndR pick
PHI獲得 Tobias Harris / Boban Marjanovic / Mike Scott

ヒート-サンズ
MIA獲得 Ryan Anderson
PHX獲得 Tyler Johnson / Wayne Ellington

ブルズ-ウィザーズ
CHI獲得 Otto Porter
WAS獲得 Bobby Portis / Parker includes / 2023 2ndR pick

キャヴス-ロケッツ-キングス
CLE獲得 Brandon Knight / Marquese Chriss
       2019 lottery-protected 1stR pick
HOU獲得 Iman Shumpert / Nik Stauskas / Wade Baldwin
SAC獲得 Alec Burks / 2ndR pick

マヴス-キングス
DAL獲得 Zach Randolph / Justin Jackson
SAC獲得 Harrison Barnes

ペリカンズ-ウィザーズ
NOP獲得 Markieff Morris / 2023 2ndR pick
WAS獲得 Wesley Johnson

ロケッツ-シクサーズ
HOU獲得 将来の2巡目指名権
PHI獲得 James Ennis

ピストンズ-バックス-ペリカンズ
DET獲得 Thon Maker
MIL獲得 Nikola Mirotic
NOP獲得 Stanley Johnson
      2019、20×2、21 2ndR pick

グリズリーズ-ラプターズ
MEM獲得 Jonas Valanciunas / Delon Wright / CJ Miles
      2024 2ndR pick
TOR獲得 Marc Gasol

グリズリーズ-クリッパーズ
MEM獲得 Avery Bradley
LAC獲得 Garrett Temple / JaMychal Green

ブレイザーズ-キングス
POR獲得 Skal Labissiere
SAC獲得 Caleb Swanigan

クリッパーズ-レイカーズ
LAC獲得 Michael Beasley / Ivica Zubac
LAL獲得 Mike Muscala

ホークス-グリズリーズ
ATL獲得 Shelvin Mack
MEM獲得 Tyler Dorsey

マジック-シクサーズ
ORL獲得 Markelle Fultz
PHI獲得 Jonathon Simmons / 1stR pick / 2ndR pick

ネッツ-ラプターズ
BKN獲得 Greg Monroe
TOR獲得 2巡目指名権

NBA trade tracker
NBA Transactions

トレードとアニボグウェイブ【NBA_Pacers】

2019年02月08日 04:29

朝起きて一番最初に目に入ったのが"Pacers" "trade" "Rockets"の文字でした。
獲得したのがスタウスカスとボルドウィンということで
いまいち目的が分かりませんでしたが、すぐにウェイブされました。

更に2巡目指名権も受け取ったらしいですが、
今のところINDから何が出たのかわかっていません。

キャッシュなのか2巡目指名権なのか。
プレイヤーは出ていないようなので、HOUのタックス回避に
協力することで指名権をもらったという事かと思います。

しかし、トレードの前にイケ・アニボグがウェイブされました。
第2のヒバートになれると期待したのですが、今のNBAで
機動力のないセンターは余程の武器がないと難しかったかもしれません。
リーフ、アーロンとのUCLA繋がりもあり、
二人への影響も気になるところですが、これでペイサーズのロスターは13人。
サムナーとの本契約をして、もう一人追加可能です。
このままトレードが起こらず、プレイオフ前のFA強化で
プレイオフに進んでもらいたいものです。

さようならアニボグ。


New