Game53:vsペリカンズ【NBA_Pacers】

2019年02月05日 13:16

試合前からADを巡るレイカーズのトレード案が
ポロポロ流れてて慌ただしい感じでしたが、
試合でもたついたのはペイサーズの方でした。

4ポイントプレイから11-0のランを食らいタイムアウト。
そこから盛り返し、DCとボヤンの連続3PTを含む13-2のランで
逆転に成功。そこからINDが優位に進めてはいきましたが、
突き放す事はできず、最後は接戦となり、危ういながらも勝利。
オラディポに会ってから2連勝となりました。

遂に復活を果たしたドマンタス。前半だけでダブルダブルを達成し、
FG7/9の16pts、13rebの通常運転に戻りました。
ホリデー8pts、タイリーク9ptsとセカンドユニットには
もう少し頑張ってもらいたい所でしたが、
オラディポの代わりにDCがクラッチタイムで大活躍。
3PTにアイソレーションからのロングジャンパーを決め、
試合を通しても9/14で22ptsとチームを牽引。

ボヤンは14ptsながらも3PTは3/5と上昇中。
ターナーは15pts、9reb、3blkとブロックがまた増えて来ました。

最後の締め方は非常に危なく、褒められたものではありませんでしたが、
今のチーム状況を考えれば勝った事が何よりも大事です。

エースのトレード騒動で揺れるNOPですが、
ジャリル・オカフォーが11/16で25pts、13rebの大暴れ。
兄ホリデーにも19pts、11reb、9astとトリプルダブル寸前の
活躍をされました。

オカフォーがここまでやれると、トレード次第では
普通に強いチームが完成しそうです。

IND 109 - 107 NOP



New