AD to LAL【NBA】

2019年06月16日 12:33

ファイナルも終わり、以前から噂されていたアンソニー・デイビスの
LAL行きが現実のものとなったようです。

LAL - NOP
レイカーズ獲得
 アンソニー・デイビス

ペリカンズ獲得
 ロンゾ・ボール
 ブランドン・イングラム
 ジョシュ・ハート
 2019年4位指名権
 2021年1巡目指名権プロテクト付
  (NOPが2021年8位以内の権利を得た場合、2022年のプロテクトなしへ変更)
 2023年1巡目指名権交換権利
 2024年1巡目指名権(2025年への変更可能オプション付き)

2023年の指名権はNOPがLALよりも高い順位だった場合は
延期できる権利が付いているようで、正直あまり良く分かっていません。
プロテクトガチガチのトレードが結構ある中で
ノンプロテクトの指名権放出とはLALもなかなかの大盤振る舞いを
したのでしょうか。

レブロンとADがいればLALの1巡目にはあまり意味が無くなるという
意味合いだと思いますが、レブロンやADの契約が終わる頃に
また大きな変革期がやってきそうです。



New