戦い続けるルイス・スコラ

2019年09月11日 13:07

昨日のセルビア戦、素晴らしかったです。
試合を支配したファクンド・カンパッソでした。
ステップバック3PTに、技ありのパスでチームメイトを活かす格好良さ。
ガリーノも3PTを沈め、デックもセルビアのビッグマン相手に
13pts、8rebを奪い取り、我らがルイス・スコラは
チームハイの30分出場で20pts、5rebの活躍。

終盤競り合う場面で、3PTミスが続きましたが、
ヨキッチ相手に守り切ったり、しっかりとボックスアウトして
チームメイトにリバウンドを取らせたり、そして最後は
オフェンスリバウンドをねじ込む力強さを見せてくれました。

スコラファンなのでスコラを褒める事が多いですが、
アルゼンチンのチームとしての完成度が試合毎に増していくような
印象を受けます。

第1Qからファウルトラブルでヨキッチやボバンを
どう守っていくのか不安になりましたが、ボバンが出てから数分で
ベンチに追い返し全く仕事をさせませんでした。

ヨキッチを完全に抑える事はできませんでしたが、
暴れることも許さず。ボグダンの方のボグダノビッチに21点
取られましたが、アルゼンチンもルカ・ビルドーサが
良い所で3PTを沈めてくれました。

次はフランスとアメリカの勝者との対戦。
後2回勝てば優勝です。

少なくとも来年まで続けてくれるとは思いますが、
スコラのラストゲームとなる可能性も0ではありません。
試合を観戦できる環境に感謝しつつ、アルゼンチンを応援したいと思います。

Argentina 97 - 87 Serbia



New