ゴガ「QDK」 ネッツ戦【NBA_Pacers】

2019年10月31日 13:14

4試合目となるネッツ戦。
第1Qから10点リードという見慣れないスタートでしたが、
すぐに追いつかれ、31-31で第1Qを終えました。

第1Q残り2分19秒、ターナーがテンプルとぶつかり足を負傷。
ロッカールームへ下がり、右足首捻挫でそのまま戻らず。

変わりにゴガが入りましたが、何日か前の「まだ準備不足」という
マクミランの言葉通り、何もできませんでした。
そもそも準備不足な上に、ターナーの怪我で
QDK(急に 出番が 来た)だったゴガは1リバウンドと1アシストのみ。
持ち味の一つであるブロックをそろそろ見たいです。

第2Q中盤、7点ビハインドになりますが、
ドマスのFTやラムの3PT、ブログドンのミドルなどで追いすがり、
60-63で前半を終えました。

後半はINDが先制し、逆転に成功しますが、すぐにカイリーの
レイアップで返されます。

ラムの逆転ショットの後、ブログドンのジャッカル成功。
チャンスは活かせなかったものの、再び逆転されても
ドマスが外してもリバウンドを取ってレイアップをねじ込み、
ブロックから、ブログドン→ウォレンのレイアップが決まるという
流れのあるオフェンスを見せてくれました。

アーロンから兄デーへのパス、しっかりと受け取った
兄が3PTを決めたシーンは感動的でした。

後半、BKNはディンウィディーやカイリーが点を重ねましたが、
個人技による力が多かった印象です。
客席へのパスも4回位あったような。

第4Q残り6分7秒、マクダーモットがカイリーに打たせない
ナイスDを見せ、ウォレンのファストブレイクというシーンもありました。
ここはファウルで止められましたが、熱いシーンでした。

ブログドマスのコンビネーションの完成度が増し、
そこへ走ってくるウォレンのイージーバスケットというのもありました。

ジャレット・アレンとのマッチアップになると
アイソレーションからロング3PTを沈め、既に掴んでいる
INDファンの心を更に掴み上げる大統領閣下様。

前の試合のクラッチショットは外してしまいましたが、
試合を決めるショットをきっちりと決めた今日のIND。

怪我明けのラムが最初から最後まで良い動きをしてくれていました。

ドマス 29pts 8reb 4ast
ウォレン 20pts 3reb 3stl
ブログドン 21pts 8reb 13ast 3stl
ラム 25pts 7reb

アーロンは今シーズン初得点となる3PTを決めました。
FGはその1本のみで1/6と苦労していますが、兄弟で出場する事で
改善されていくかもしれません。

ブログドンが自分で行っても良し、パスも良しで素晴らしすぎて
そんな彼があと4年も見られるんですかとKPを褒め称えたいです。

IND 118 - 108 BKN

あの日見たゴガは幻だったのか ピストンズ戦【NBA_Pacers】

2019年10月29日 10:44

終盤までずっと我慢の試合でした。
後一歩の所でピストンズに決められ、二桁近いビハインドを
繰り返す苦しい試合でした。

何度も心が折れそうになりましたが、第4Q終盤に来てようやく逆転。
ウォレンが3PTを決めて4点リードとしましたが、ケナードに返されて
最後はローズのレイアップで1点ビハインド。

ブログドンのフリーでの3PTも外れ、残り2秒でラストチャンスまで
獲得する運がありましたが、ウォレンのシュートは外れて試合終了。

開幕から3連敗という事でプレイヤーもファンも落ち込むと思いますが、
今日、試合中にカムバック出来たのは明るい兆しではないでしょうか。

この前の試合みたいにズルズル行くことなく、最後も打ちきりました。
修正点はまだまだたくさんあると思いますが、まだまだこれからかと思います。

そしてサムナーは本当に素晴らしい。両親の前で良いディフェンスを見せ、
5ptsではありましたがナイスドライブもありました。

ターナーは16pts、5reb、ドマス21pts、14rebと悪くはないのですが、
ドラモンドに18pts、18rebと今日もやられました。

ウォレンはあと少しでヒーローになれず。
19pts、5reb、5astでしたが、9/22と少し外し過ぎました。

ブログドンは15pts、8reb、11astでTD寸前まで行きました。
最後の3PTが入っていれば初勝利が近付いたのですが、
彼にこれ以上を望むのも違う気がします。十二分に仕事をしてくれていますし、
後はやはり周りのサポートが必要です。

リーフはベンチから前半だけで6点と前と違う所を見せましたが、
後半は伸びず。マコーネル、兄デー共に6点を取りましたが、
スターター酷使の開幕3試合となりました。

DETのP&Rも止められず、外からも13/24と大量に決められました。
ケナードに変わり今日はクリスチャン・ウッドが19pts、12reb。
ケナードとブルース・ブラウンにも3本ずつ3PTを決められています。
ローズは10点止まりでしたが、値千金の決勝レイアップを決めています。

今日はゴガは使われず。こういう試合展開だと難しいですね。

IND 94 - 96 DET

実在したGoga キャバリアーズ戦【NBA_Pacers】

2019年10月27日 11:37

今日から3試合アウェイが続きます。TTとラブという
ターナーとドマスを試すには良い相手、と言いたいところでしたが、
キャブス優位で試合が進みます。

ドマスが早々にファウルトラブルになり、ターナーも2つ目を
とられたところでゴガ・ビターゼがデビュー。
すぐに初得点を決め、マクダーモットの3PTでチームも逆転。
するとゴガは膝を痛めてすぐにロッカールームへ。
ラムが腰を痛めたことにより、スターター出場となったサムナーは
良いプレーが続きましたが、その後、ずるずるとCLEに走られ、
失点が止められないIND。
オフェンスもディフェンスもぱっとせず、第3Qには22点ビハインド。
サムナーも4つ目のファウルでベンチへ。

頼れる人がブログドンしかいなくなってしまいました。
24点ビハインドまでいきましたが、ブログドンが3PTとレイアップを決め、
ターナーもようやく3PTがきまり58−76。まだまだ差はありましたが、
ここでゴガの膝は深刻なものではなく、ゲームに戻れるとの情報が。

15点ビハインドまで戻し、ゴガの影響力のすごさを実感しましたが、
その後勢いが収まり、74-90で第3Q終了。
まだ全然諦める点差ではありません。

ブログドンが本領発揮、CLEも外のシュートを外し始め
81-92と徐々に追い上げて行きます。

しかしINDのミスが続き、81−96。
残り6分14秒でターナーのFT1本が決まり84−100となります。
ここら辺で勢いがついていかないと厳しい時間帯ですが、
兄デーが3PTを決め13点差。

アウトオブバウンズでCLEのチャレンジが失敗した直後だったので
大きなプレイでした。
ドマスがレイアップをねじ込み89−100。

残り3分29秒、ブログドンのスティールからウォレンがレイアップを決めて91−101。

サムナーではなく、兄デーを使い続けた結果、ディフェンスがよくなり、
ブログドンの個人技のうまさもあって99−106としますが、
TTに決められて54秒で99−108。
残り時間の関係でほぼ試合は決まりました。

ドマスターナーという並びでインサイドを支配したいのに、
ドラモンド、ラブとTTに強みを活かせず。
ブログドンが淡々と仕事をしてくれてる中で、目指していたチームが
果たして良い結果をもたらすものなのかが不安になりますが、
まだ2試合。

今日欠場のラムが潤滑油的な働きをしてくれてるのかなと
思ってみたりもしたり。

IND 99 - 110 CLE

ゴガ温存の開幕ピストンズ戦【NBA_Pacers】

2019年10月24日 11:04

今年の開幕の相手はピストンズ。ブレイク・グリフィンが欠場との事で
ややペイサーズ有利かと思いましたが、相変わらずドラモンドを止められず、
ローズの調子も良く、ケナード砲にやられ敗北。
第3Q途中までは良い形を作れていたのですが、そこから押されはじめ、
最後はウォレンもファストブレイクのレイアップからの落下でどこかを痛め
ロッカールームへ直行という、あまり良くない開幕となりました。

が、ローテ入りを果たしたサムナーの連続スティールからの得点やアシスト、
ブログドンのどこから出てきたのか分からないパスに、それをしっかり合わせる
ドマス。そしてターナーは3PTが好調でブロック力も健在でした。

しかしドラモンド攻略には至らず。FT向上だけでなく、ハンドリングも良くなり、
進化が見えました。32pts、23rebと大暴れ。

INDもターナーが25pts、9reb、3blk、ドマスが27pts、13rebと
FGの確率も二人で20/30と良い形で決める事はできたのですが、
ベンチ陣のサポートが少なかったですね。

ラムとウォレンは10ポイントずつ、サムナーも後半は目立ちませんでした。
ブログドンはFTを10/11で22pts、11ast。このアタックを続けて貰えると
チームとしてもありがたいです。

次の試合は3日後、日本時間月曜でまたあまり見ることができませんが、
2日後、日曜なので観戦できそうです。
ウォレンの様子も心配ですし、(→たいしたことないとのこと)
一旦落ち着くには良いスケジュールかもしれません。
その次の試合にはアウェイでまたDETと戦うのでそこでしっかりリベンジを。

DET 119 - 110 IND

ドマスと4年延長!【NBA_Pacers】

2019年10月22日 09:13

ワールドカップやプレシーズンで進化した姿を披露してきたドマス。
数日前から契約延長の交渉が難航し、トレードを模索という話が
流れてきており、シーズン前にトレードの可能性も僅かながらありましたが
今日になって4年77M(ボーナス込みで85Mまで上昇)で合意に至りました。

「ここに残ることができて興奮しているよ、こうなることを望んでいたからね。
 球団が僕に示してくれた誠意に感謝している。準備はできている。」

2016年のドラフトでマジックに11でピックされ、サンダーへトレード。
その後ポール・ジョージとのトレードでオラディポと共に
インディアナに来て、現在23歳。

オラディポの契約が残り2年、ブログドン、ターナー、ドマスのコアメンバーが
完成しました。このご時世、一人20M前後でコアメンバーを揃えられたのは
インディアナにとってはありがたい話。

どうなるかと不安になりましたが、ありがとうドマス。
プレシーズンで見せた強さをシーズンでも見せてください。

インドゲーム2試合を終えて【NBA_Pacers】

2019年10月07日 10:28

1試合目はスターター、2試合目はセカンドユニットの活躍を
十分に堪能。INDファンのインド人がうらやましい。

2試合目のターナーは、これぞターナーというディフェンシブな
活躍で、彼を得点面だけで評価するのはやはり違うと再認識。

スターターの身長が大きくなっただけでなく、ウォレンもラムも
ディフェンスにリバウンドとボールへの意識が全体的に高く、
アルゼイはNBAでもリバウンドの強さを発揮。
昨年のリバウンド力不足は解消されるかも。

アミダ・ブリマーもブロックに跳べるビッグマンで、
ターナー、ゴガ、ブリマーと思った以上にビッグマン充実しそう。
サンプソンも良い。

そしてサムナー。今年のブレイクあるのでは。
3年契約を勝ち取り、今年こそという思いは強いはず。

1試合目あまり良くなかったアーロンも兄と一緒に二桁得点。
アルゼイは2連続3PTを沈め、チームを湧かせて17点。

更にここに加えて、リーフ、ゴガ、そしてオラディポの存在。
プレイヤー自身がプレイタイムを得るのも大変。
ドマスの延長、そしてオラディポの次の延長の時期に向けての
チーム土台作りの年かと思っていたら、今年から狙いにいっていいのでは、
と思える程の良いスタート。

とは言え、チームが良い状態の時よりも、負けが続いたり
勝てない時にどう盛り返すかが重要。
そこら辺はシンガーオラディポがいるのであまり心配しなくても
よいかもしれない。

SAC 106 - 130 IND

19−20シーズン プレシーズンGame 2 vsキングス【NBA_Pacers】

2019年10月06日 11:05

延長戦、連戦とNBAインディアゲームはなかなか過酷なスケジュール。
ターナーがいきなりブロック、ウォレンがand1を決めスタート。

ドマス⇨ターナー⇨ウォレンとボールが動き、3PTを決め、
早くもボヤンの代わりのシューターが埋まった印象を受ける。
ターナーが実力なのか運なのか判断の付きにくい華麗なターンレイアップを決め
5−8とリード。しかしディフェンスではバグリーには苦戦を強いられる。

ドマスは昨日の流血を受けて今日もヘッドバンドを着用してプレイ。
ターナーと一緒にヘッドバンドツインタワー。
本人が気に入ってシーズンをこれで通したりして。

タイムアウト明け、ラムがファウルを受けながら難しいショットを決めて
and1。さらにレイアップを決めていく。クインから7フッターと同じくらいの
ウイングスパンがあると紹介される。

6分半過ぎたところでドマスとサンプソンが入れ替わる。
サンプソンもお団子ヘアとヘッドバンド。
ファストブレイクでウォレンからパスを受けてレイアップを決めた。
ウォレンがファンブルしかけたからだったけど、ビッグマンが
あそこまで走っていることが重要。ナイスチームプレイ。

ブログドンは何本かシュートを放つものの決められず。
しかしターナーがバグリーをブロックし、サンプソンが4点目を獲得。
今度はブログドンからの完璧なタイミングでのパス。

タイムアウト開け、サムナーのレイアップは外れたけど
アグレッシブな動きで良い。ビエリーツァに3PTを決められ28−23とビハインド。

マクダーモットも珍しいブロックも拝め、30−25で第1Q終了。
ドマスが昨日ほどのインパクトを残せず。

第2Q、サムナーとドマスの合わせでダンクが決まり、
同じような動きから今度はドマス⇨マクダーモットへの
パスがつながったものの、3PTはミス。
マクダーモットは2本同じ位置から打ちましたが決められず。

リバウンド争いでもみくちゃになるドマスと
心配して声をかけるマコーネル。

サムナーがチャージングギリギリのところでファウルを誘う
うまさをみせる。うまさ、というかアグレッシブに行っていることが
本当に素晴らしい。
そしてマコーネルからパスを受けたアルゼイが3PTを沈めて
同点にしたところでボグダンの方のボグダノビッチにも3PTを返される。
しかし、アルゼイが2連続で決めて再び同点とすると、
ドマス⇨マクダーモットでイージーレイアップを決めて逆転。
すると、2本外してきたマクダーモットが3PTを決めて33−38。

タイムアウト明け、ジャスティンとアーロンのホリデー家が登場。
いきなり3PTを決めるアーロン。
マコーラムに出場順位を譲ってしまったけど
バックアップとして腐らずに頑張って欲しい。
兄ちゃんもメンターになってくれるはず。
ここの補強も実によくできている、のかもしれない。

気付ばセカンドユニットで15−3とし、逆転をしている良い流れ。
アーロンがブロックされてもリバウンドを奪い取りレイアップを
決めると、その直後のインバウンドでチャージングをもらい、
再びINDボール。いきなり素晴らしい活躍をすると。
今度はアーロン⇨ジャスティンへつなぎ3PT。更にフォックスの
レイアップをブロックするアーロン。アルゼイの位置どりが良かったのも
あったけど、いきなりスパークするアーロンに
次の試合の出場順序が難しくなりそう。

アルゼイがテイクチャージを狙ったものの、動いてしまいファウル。
実戦で覚えていくしかない。
アーロンが目立った後はサムナー。
スピンムーブからのレイアップを決め、スティール。
得点には繋がらなかったものの、動けている。

兄デーが2本目の3PTを決める。
SACがスターターを戻している中で、セカンドユニットを
試せているIND。サンプソンが相手オフェンスを防ぎ、
サムナーがレイアップを決める。

その後5点差まで詰められたところで、再びサムナーのレイアップ。
更にディフェンスを振り切ってのステップバック3まで披露。
レギュラーシーズンが始まっても15分くらいは出て欲しい。
更にサンプソンへのノールックパスまで決め、ディフェンスリバウンドにも
高く飛ぶサムナー。サンプソンの3PTをお膳立てするアシストし、
最後は前半のラストプレイでコーストtoコーストの
レイアップを決めて颯爽とロッカーへ帰って行きました。

結局2ndQはスターターを戻すことなく。
アーロンやサムナーが育ってくれるのは嬉しいです。

と、前半を見終わり、3rdQが始まって少ししたらこんなエラーが
出たのでとりあえずここまで。





New