インドゲーム2試合を終えて【NBA_Pacers】

2019年10月07日 10:28

1試合目はスターター、2試合目はセカンドユニットの活躍を
十分に堪能。INDファンのインド人がうらやましい。

2試合目のターナーは、これぞターナーというディフェンシブな
活躍で、彼を得点面だけで評価するのはやはり違うと再認識。

スターターの身長が大きくなっただけでなく、ウォレンもラムも
ディフェンスにリバウンドとボールへの意識が全体的に高く、
アルゼイはNBAでもリバウンドの強さを発揮。
昨年のリバウンド力不足は解消されるかも。

アミダ・ブリマーもブロックに跳べるビッグマンで、
ターナー、ゴガ、ブリマーと思った以上にビッグマン充実しそう。
サンプソンも良い。

そしてサムナー。今年のブレイクあるのでは。
3年契約を勝ち取り、今年こそという思いは強いはず。

1試合目あまり良くなかったアーロンも兄と一緒に二桁得点。
アルゼイは2連続3PTを沈め、チームを湧かせて17点。

更にここに加えて、リーフ、ゴガ、そしてオラディポの存在。
プレイヤー自身がプレイタイムを得るのも大変。
ドマスの延長、そしてオラディポの次の延長の時期に向けての
チーム土台作りの年かと思っていたら、今年から狙いにいっていいのでは、
と思える程の良いスタート。

とは言え、チームが良い状態の時よりも、負けが続いたり
勝てない時にどう盛り返すかが重要。
そこら辺はシンガーオラディポがいるのであまり心配しなくても
よいかもしれない。

SAC 106 - 130 IND

19−20シーズン プレシーズンGame 2 vsキングス【NBA_Pacers】

2019年10月06日 11:05

延長戦、連戦とNBAインディアゲームはなかなか過酷なスケジュール。
ターナーがいきなりブロック、ウォレンがand1を決めスタート。

ドマス⇨ターナー⇨ウォレンとボールが動き、3PTを決め、
早くもボヤンの代わりのシューターが埋まった印象を受ける。
ターナーが実力なのか運なのか判断の付きにくい華麗なターンレイアップを決め
5−8とリード。しかしディフェンスではバグリーには苦戦を強いられる。

ドマスは昨日の流血を受けて今日もヘッドバンドを着用してプレイ。
ターナーと一緒にヘッドバンドツインタワー。
本人が気に入ってシーズンをこれで通したりして。

タイムアウト明け、ラムがファウルを受けながら難しいショットを決めて
and1。さらにレイアップを決めていく。クインから7フッターと同じくらいの
ウイングスパンがあると紹介される。

6分半過ぎたところでドマスとサンプソンが入れ替わる。
サンプソンもお団子ヘアとヘッドバンド。
ファストブレイクでウォレンからパスを受けてレイアップを決めた。
ウォレンがファンブルしかけたからだったけど、ビッグマンが
あそこまで走っていることが重要。ナイスチームプレイ。

ブログドンは何本かシュートを放つものの決められず。
しかしターナーがバグリーをブロックし、サンプソンが4点目を獲得。
今度はブログドンからの完璧なタイミングでのパス。

タイムアウト開け、サムナーのレイアップは外れたけど
アグレッシブな動きで良い。ビエリーツァに3PTを決められ28−23とビハインド。

マクダーモットも珍しいブロックも拝め、30−25で第1Q終了。
ドマスが昨日ほどのインパクトを残せず。

第2Q、サムナーとドマスの合わせでダンクが決まり、
同じような動きから今度はドマス⇨マクダーモットへの
パスがつながったものの、3PTはミス。
マクダーモットは2本同じ位置から打ちましたが決められず。

リバウンド争いでもみくちゃになるドマスと
心配して声をかけるマコーネル。

サムナーがチャージングギリギリのところでファウルを誘う
うまさをみせる。うまさ、というかアグレッシブに行っていることが
本当に素晴らしい。
そしてマコーネルからパスを受けたアルゼイが3PTを沈めて
同点にしたところでボグダンの方のボグダノビッチにも3PTを返される。
しかし、アルゼイが2連続で決めて再び同点とすると、
ドマス⇨マクダーモットでイージーレイアップを決めて逆転。
すると、2本外してきたマクダーモットが3PTを決めて33−38。

タイムアウト明け、ジャスティンとアーロンのホリデー家が登場。
いきなり3PTを決めるアーロン。
マコーラムに出場順位を譲ってしまったけど
バックアップとして腐らずに頑張って欲しい。
兄ちゃんもメンターになってくれるはず。
ここの補強も実によくできている、のかもしれない。

気付ばセカンドユニットで15−3とし、逆転をしている良い流れ。
アーロンがブロックされてもリバウンドを奪い取りレイアップを
決めると、その直後のインバウンドでチャージングをもらい、
再びINDボール。いきなり素晴らしい活躍をすると。
今度はアーロン⇨ジャスティンへつなぎ3PT。更にフォックスの
レイアップをブロックするアーロン。アルゼイの位置どりが良かったのも
あったけど、いきなりスパークするアーロンに
次の試合の出場順序が難しくなりそう。

アルゼイがテイクチャージを狙ったものの、動いてしまいファウル。
実戦で覚えていくしかない。
アーロンが目立った後はサムナー。
スピンムーブからのレイアップを決め、スティール。
得点には繋がらなかったものの、動けている。

兄デーが2本目の3PTを決める。
SACがスターターを戻している中で、セカンドユニットを
試せているIND。サンプソンが相手オフェンスを防ぎ、
サムナーがレイアップを決める。

その後5点差まで詰められたところで、再びサムナーのレイアップ。
更にディフェンスを振り切ってのステップバック3まで披露。
レギュラーシーズンが始まっても15分くらいは出て欲しい。
更にサンプソンへのノールックパスまで決め、ディフェンスリバウンドにも
高く飛ぶサムナー。サンプソンの3PTをお膳立てするアシストし、
最後は前半のラストプレイでコーストtoコーストの
レイアップを決めて颯爽とロッカーへ帰って行きました。

結局2ndQはスターターを戻すことなく。
アーロンやサムナーが育ってくれるのは嬉しいです。

と、前半を見終わり、3rdQが始まって少ししたらこんなエラーが
出たのでとりあえずここまで。



19−20シーズン プレシーズン初戦 vsキングス【NBA_Pacers】

2019年10月05日 09:25

インドで行われたペイサーズ対キングスのプレシーズンマッチ。
観たかったゴガは足首の捻挫で欠場と残念な面もありましたが、
たかが1試合、されど1試合、ニューカマー達を愛するには十分な1ゲームでした。

後半まではリードされては少し、追いつき、また離されて
という例年通りの試合でした。SACの3PTがよく決まっていました。

ドマスは最初から進化を見せつけ、ブログドンとの合わせも
うまくいっていました。途中で流血するシーンもありましたが、
21pts、12rebでダブルダブル。

相方ターナーはやはりあたふたする場面が見受けられましたが、
11pts、13reb。ドマスと共に6 ORを奪い取り、
昨年までのリバウンドの弱さを改善できるかもしれません。
4Q終了間際のブロックはさすがでした。

ウォレンは出来過ぎだったのかもしれません。
そうであったとしてもINDファンの心を掴むには十分な
活躍を見せてくれました。3点ビハインドから体が流れながらの
3PTを決めてオーバータイムへ。
チームハイの30pts、3PTは5/6とオラディポの不在を感じさせない
オフェンス力を見せつけてくれました。サンズありがとう。

ラムも良い意味で空気を読まないというか、
自分でボールを運んだり、決めきれる選手。
FT 7/8は今後も続けていって欲しいです。

そして選手紹介でも最後に呼び込まれたマルコム・ブログドン。
何から書けばいいかわかりませんが、KPは本当に最高の仕事をしました。
自分でいくのか、パスなのか読みにくく、技ありレイアップも多数。
パスの精度も高く、15pts、14astで2TO。
OTに入り自ら3PTを決めてリードを広げるあたり、頼もしいです。
オラディポと組ませるのが本当に楽しみ。

ベンチからはサンプソンが23分出場。ゴガの代わりに多めに出ました。
最初はちょっと硬さを感じましたし、ゴール下のオフェンスで
2度ほどもたつく場面がありましたが、良いハッスルを見せてくれそう。

アーロンは昨年との違いをあまり見ることができませんでしたが、
アシストにならなかったパスも含めて悪くはなかったと思います。
ただ、サムナーに一歩リードを許しましたかね。
10分のアーロンに対し、サムナーは20分出場。
オーバータイムにも出場し、フォックスのディフェンスを任されていました。

アルゼイも若さ全開でしたが、1本決められたのは大きい。
兄デーこと兄ホリデーもディフェンスを締めたい場面で呼び込まれ、
最後も良いディフェンスを見せてくれました。脚細い。

マクダーモットはフリーは外し、タフショットを決めるという
謎の修行をしていました。

アミダ・ブリマーに関してはいつ出場していたのか気付かず。すまない。

マコーネルと互助による新旧ミスターチームメイト交流会も
無事に終わりました。チームメイトを起こしにいく姿に
昨年とメンバーが変わってもチームカルチャーは継続していると感じました。

そしてベンチのゴガがかわいいです。
早く試合を見たい。

2試合目は今日の夜、また10時半からです。

IND 132 - 131 SAC

日本時間今夜10時半からプレシーズン初戦【NBA_Pacers】

2019年10月04日 10:23

人の入れ替えがあり、背番号も分からなくなっているので
キャンプ要員も含めた現時点での19-20シーズンのロスターを整理。

88 Goga Bitadze 20歳
10 Brian Bowen II 21歳
22 T.J. Leaf 22歳
3 Aaron Holiday 23歳
5 Edmond Sumner 23歳
11 Domantas Sabonis 23歳
23 JaKeenan Gant 23歳
24 Alize Johnson 23歳
33 Myles Turner 23歳
37 Amida Brimah 25歳
1 T.J. Warren 26歳
7 Malcolm Brogdon 26歳
14 JaKarr Sampson 26歳
15 Naz Mitrou-Long 26歳
26 Jeremy Lamb 27歳
9 T.J. McConnell 27歳
20 Doug McDermott 27歳
4 Victor Oladipo 27歳
16 CJ Wilcox 28歳
8 Justin Holiday 30歳

23歳グループは将来楽しみです。
得点が期待されるウォレン、ラム、オラディポが同年代。

後は早めにドマスとの延長が決まってくれると良いのですが、
こればかりは待つしかありません。

今日の夜10時半にインドでのプレシーズン戦が始まりますが、
期待のゴガは足首捻挫で欠場が発表されています。

いつになったら彼のプレイを見ることができるのでしょうか。
お預け期間が長すぎます・・・



New