インドゲーム2試合を終えて【NBA_Pacers】

2019年10月07日 10:28

1試合目はスターター、2試合目はセカンドユニットの活躍を
十分に堪能。INDファンのインド人がうらやましい。

2試合目のターナーは、これぞターナーというディフェンシブな
活躍で、彼を得点面だけで評価するのはやはり違うと再認識。

スターターの身長が大きくなっただけでなく、ウォレンもラムも
ディフェンスにリバウンドとボールへの意識が全体的に高く、
アルゼイはNBAでもリバウンドの強さを発揮。
昨年のリバウンド力不足は解消されるかも。

アミダ・ブリマーもブロックに跳べるビッグマンで、
ターナー、ゴガ、ブリマーと思った以上にビッグマン充実しそう。
サンプソンも良い。

そしてサムナー。今年のブレイクあるのでは。
3年契約を勝ち取り、今年こそという思いは強いはず。

1試合目あまり良くなかったアーロンも兄と一緒に二桁得点。
アルゼイは2連続3PTを沈め、チームを湧かせて17点。

更にここに加えて、リーフ、ゴガ、そしてオラディポの存在。
プレイヤー自身がプレイタイムを得るのも大変。
ドマスの延長、そしてオラディポの次の延長の時期に向けての
チーム土台作りの年かと思っていたら、今年から狙いにいっていいのでは、
と思える程の良いスタート。

とは言え、チームが良い状態の時よりも、負けが続いたり
勝てない時にどう盛り返すかが重要。
そこら辺はシンガーオラディポがいるのであまり心配しなくても
よいかもしれない。

SAC 106 - 130 IND



New