ドマス、ラム、ダギーの古巣サンダー戦【NBA_Pacers】

2019年12月05日 15:02

ペイサーズは5試合のロードトリップ中で今日はその3試合目でした。

出だしはアダムス無双を止められず。
リードを奪ったものの、第1Qは26-29でOKCリード。
残り3分を切ってから得点することができませんでした。

第2Qはどちらも同じようなペースで進み49-50で前半終了。

第3Q、ガリナリが2連続で3PTを決めてきますが、ウォレンが5点を
返して56-56。ガリナリはその後も決め続けて7点ビハインドとなりますが、
ターナーのオフェンスリバウンドからのダンクや、
最後1分を切ってからの兄デーの3PT、ドマスのレイアップ、
更に兄デーの時間ギリギリのショットが決まって79-78と逆転。

第4Q序盤はマクダーモットが奮闘。
なんとかリードを保ちましたが、残り3分を切り、
アダムスのチップインで95-96とOKCリードに変わります。

ドマスが5ファウルでベンチに下がっていましたが、
ここでターナーが値千金の3PTを沈め98-96。
更にブログドンがFTを得ましたがここは1/2。

1分半にはウォレンがオフェンシブリバウンドを粘って
ファウルをもらいFTを2本決めて101-96。
シュートだけでなく、リバウンドまでしっかり働いてくれるウォレン。
助かります。

アダムスにFTを2本決められ再び3点差となりましたが、
ラムがしれっとフローターを沈めます。
ここはすぐに2点を返されましたが、このラムの得点が
なければ1点差で相手に与えるプレッシャーも変わってきたはず。
大きなポイントでした。

残り35秒、ブログドンがレイアップを外しますが、
OKCもファーガソンの3PTが外れウォレンがリバウンドを
もぎ取りファウルゲーム。
終盤に二つのビッグリバウンドを取り、得点につなげたウォレン。

最後はOKCのインバウンズを兄様がスティールしてダンク。
新加入選手がこれでもか、という活躍を見せてくれて勝利。

FG、3PT%はほぼ互角、アシストはOKCの方が多かったですが、
TOの少なさでなんとか勝利。
ブログドン、アーロン、マコーネルのPGが全員TOなしでした。

ドマス 17pts、13reb
ウォレン 24pts、4reb
ターナー 12pts、4reb
ブログドン 11pts、4reb、6ast
ラム 13pts、3reb
兄 12pts、5reb
マクダーモット 14pts
No Goga Today…

IND 107 - 100 OKC

渡邊君のいるグリズリーズ戦【NBA_Pacers】

2019年12月05日 10:12

シクサーズ戦はエンビードヘイトがマックスになってしまいそうなのでスルー。
ドマスに不必要なアタックとか何を考えているのか。

今日はサンダー戦が行われていますが、その前のグリズリーズ戦。
渡邊君はアクティブでしたがプレイせず。

ウォレンはアテンプト9本のみでしたが、淡々と決めてくれて
3PTも4/6で14ポイント。

ターナーは後半にブロック、3PTにリムアタックと
大分吹っ切れたプレイを見せていて一安心。
サモハンソロモンとのマッチアップでしたが、22点取られました。

MEMはJJJが非常に厄介で中でも外でもチェックが難しい。
3PT2/8でしたが、もっと決められていた印象がありました。

ジャスティンが3PT5/6で15pts。
ディフェンスとアーロンのお目付役に期待していましたが、
期待の倍以上の働きをしてくれています。

試合は終始INDペースと言えたと思いますが、
突き放す事ができず、ゴガのプレイはたったの3分しかありませんでした。

ドマス 18pts、14reb、8ast
ターナー 17pts、6reb
ブログドン 19pts、6reb、9ast
ラム 15pts、3ast

IND 117 - 104 MEM



New