seis - ウルブズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月20日 11:28

ミネソタとの2連戦、後半のホーム戦。
この試合が終わると、5試合のロードトリップに出発し、
次のホーム戦でオラディポが復帰という事になります。

オラディポは旅には同行せず、復帰に向けての準備をするとの事。

試合の方はというと、リードを作っても追いつかれ、
最後までもつれるヒヤヒヤする展開となりました。

この日から復活したタウンズは、ウルブズの最初の9得点を一人で取り、
試合感のなさなどお構いなし。実力を普通に発揮されました。
ドマスがファウルトラブルで厳しくなりますが、アーロンが
良いアーロンで助かりました。

最近不調だったラムも3PT以外は良く決め、18点。
ドマスとターナーが大人しかった中、彼の復活は大きかったです。

そのターナーは8pts、6reb、3blkに終わりました。
良いディフェンスを見せていましたし、悪くはありませんが
アテンプト3本はちょっと少なすぎるかもしれませんね。

ハイスコアゲームになるかと思いきや、第4Qで17点しか取れず、
116点止まり。

ウォレンが28ptsでチームを牽引。マクダーモットとアーロンが
ベンチから13pts。114-114で迎えた最終盤、試合を決めたのは
この試合12ptsだったブログドンのフローターでした。
タウンズが一歩下がった一瞬の隙を見逃さなかったセクシー大統領。

最後はネイピアのミスショットをウォレンが掴みましたが、
タイムアウトが取れずジャンプボール。
ウォレンが弾いたボールをラムがキャッチしてファウル。

まだFTにはならず、サイドラインからのインバウンズでしたが、
ジャスティンが後ろを向いていた相手にぶつけてそのまま終了。
キャッチミスもファウルゲームも避けた見事な策でした。

MIN 114 - 116 IND



New